Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Speaker Recognitionを触ってみた

5b137e4b00b69b761cfc06ef0f4c9dfc?s=47 Hikari
January 26, 2022

Speaker Recognitionを触ってみた

Cogbot Meetup Online #35 - 2022 新春 LT 祭りで話した時のスライドです。
https://cogbot.connpass.com/event/234749/

5b137e4b00b69b761cfc06ef0f4c9dfc?s=128

Hikari

January 26, 2022
Tweet

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Speaker Recognition を触ってみた!

  2. 自己紹介 • 氏名:影中 光(カゲナカ ヒカリ) • 経歴: – オンプレのインフラエンジニアからスタート –

    ソフトウェア開発の部署に配属になり、Azureに出会う – 最近の仕事は要件定義、C#あたりを触っている – 最近はチームビルディングに凝っている • ブログ :https://mitsunooon.hatenablog.com/​ • Twitter :@_mi_lin_​
  3. 最近の悩み • 議事録を書くことが多い • オンライン会議が多い • 誰が何を発言したのかを記録するのは大変

  4. Speech to Text:音声をテキストに書き起こす機能 Speaker Recognition:音声に基づいて話者識別する機能 ? Speech to Text Speaker

    Recognition
  5. Speaker Recognitionを触ってみよう! • まずはクイックスタートから • https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/cognitive-services/speech-service/get- started-speaker-recognition?tabs=script&pivots=programming-language-csharp • GitHubにも同様のドキュメントがある •

    https://github.com/MicrosoftDocs/azure-docs/blob/master/articles/cognitive- services/Speech-Service/includes/how-to/speaker-recognition-basics/speaker- recognition-basics-csharp.md
  6. 結論 クイックスタートすら終わらず…

  7. やったこと • AzureでSpeech Serviceを作成する。キーと場所を取得する。

  8. やったこと • 元になるソースコードを用意する。 • https://github.com/Azure-Samples/cognitive-services-speech- sdk/tree/master/quickstart/csharp/dotnet/speaker-recognition

  9. やったこと • ソースコードをVisual Studioで開く。 • 環境を整える。 • クイックスタートに沿って、Speech SDKのインストール

  10. やったこと • 話者識別部分のコードを追記する。 • キーと場所を自分用のものを埋め込む。 • 実行する

  11. やったこと • 止まる

  12. やったこと • phraseResultの中身を見てみる • エラーが出ている • サブスクリプションが許可されていない的な内容…

  13. やったこと • Speaker Recognitionには使用許可が必要だった! • 有害なディープフェイクを防ぐため等

  14. やったこと • 使用目的ひとつにつき、1つの申請が必要。 • 会社名、Azureのサブスクリプション(組織に属しているもの)など必要な情報が多い。 • 申請後、約10営業日以内に連絡が来る。 • (1/4に申請し、現在未だ連絡なし)

  15. わかったこと • ドキュメントに書いてあることはちゃんと読む。 • Speaker Recognitionはちゃんとした理由がないと使えなさそう。 • Speaker Recognitionを使用するときは余裕を持って計画的に。

  16. おまけ • 申請の返事を待つ間に他のクイックスタートをやってみた • テキスト読み上げ • https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/cognitive-services/speech-service/text-to- speech • 打ち込んだ文字を読み上げてくれる

    • 文字数制限はあった(半角250文字くらい) • 適当な文字列を入れたときは読めるところまで頑張って読もうとしてくれる
  17. おまけ • MS Learnの音声サービスを使用して音声対応アプリを作成する • https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/modules/transcribe-speech-input-text/ • “What time is

    it?”って話すと今の時間を表示してくれる • つたない英語でもちゃんと伝わる