Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

JAWS-UG re:Habilitaion 報告 / JAWS-UG OITA rehabilitation

JAWS-UG re:Habilitaion 報告 / JAWS-UG OITA rehabilitation

2022.6.19に開催されたJAWS-UG福岡で登壇した資料です。
アフターコロナに向けてJAWS-UG大分で取り組んだ内容を紹介しています。

5acaf9241f1c2e50f3bff920050ae597?s=128

FUMIO HIRANO

June 26, 2022
Tweet

More Decks by FUMIO HIRANO

Other Decks in Technology

Transcript

  1. JAWS-UG re:Habilitaion 報告 アフターコロナの地⽅⽀部再起動を⽬指して 2022年6⽉19⽇ JAWS-UGおおいた 平野⽂雄

  2. 2 ⾃⼰紹介 平野⽂雄 ⼤分市在住 時々別府に出没 勉強会おじさん カメラおじさん AWSおじさん 会社 お仕事

    収集癖
  3. 3 サマリー Afterコロナに向けて JAWS-UGおおいたで勉強会を再 開しましたので、そのねらい/背景も含めて報告します。

  4. 4 アジェンダ ① JAWS-UGに参加した理由 ② Before コロナ の振り返り ③ With

    コロナ でのプラスの変化 ④ After コロナ に向けた課題 ⑤ やってみた
  5. 5 ① JAWS-UGに参加した理由

  6. 6 JAWS-UGとの出会い 2013.3.23 第1回 JAWS-UG⼤分 AWS(⽬⿊)で無料セミナーを受けるためにサイトを⾒た ⼤分での開催があることが分かった 迷わず参加 熱量の⾼い⼈達 2:00まで飲んだ

    この⼈達の仲間になりた いと思った 2014.7 コアメンバーに
  7. 7 ② Before コロナ の振り返り

  8. 8 地⽅でのJAWS-UG活動が与えるメリット コミュニケーションのHUBとして エンジニア/⾮エンジニア AWS使ってる/使ってない 他のコミュニティとの連携 技術/業界情報のHUBとして ⾃分の知らない体験を聞ける 相談できる⼈に出会える 0:00過ぎると本⾳を聞ける

  9. 9 課題の顕在化 運営のコアメンバーの固定化 運営を⼿伝ってくれる新しい⼈が増えない 参加者との間の境界が広がる ⾼齢化 固定化するので当然平均年齢UP 20代の皆さんからすると、参加しにくい

  10. 10 ③ With コロナ でのプラスの変化

  11. 11 急激なオンライン化 2020.4⽉頃から、勉強会が⼀⻫にオンライン化 5⽉には1ヶ⽉で40の勉強会に参加w 今ではオンラインが当たり前

  12. 12 地⽅エンジニアの時代 地⽅に住んでいても勉強会に参加できる JAWSの各専⾨⽀部 その他のTech勉強会、趣味系勉強会 AWS主催の勉強会、イベント 地⽅に住んでいても都会の企業で働ける ⾼いレベルの技術にチャレンジできる 収⼊UPの機会も

  13. 13 AWSの認知急拡⼤ リモート勤務の普及に応じてクラウドが着⽬ 従来からのAWS普及に拍⾞をかけた 地⽅でもAWS認定受験者が増えた(会場も増えた)

  14. 14 オンラインでのつながり拡⼤ JAWS全国イベントからの新しいつながり 気軽にオンライン懇親会に参加できる 新しい⼈に気軽に出会える

  15. 15 ④ After コロナ に向けた課題

  16. 16 ローカルでのつながりが弱くなった 個⼈が全国とつながる時代に 近くの⼈とのコミュニケーションは薄らいだ 地⽅での新しい出会いがなくなった 地⽅勉強会での出会い 職場での出会い

  17. 17 オフラインを知らない⼈が増えてきた オフラインの勉強会へのハードルが⾼くなる どうやって参加すれば良いのか 怖い オフライン運営のノウハウも忘れがち

  18. 18 ⾼齢化 確実にみんな3歳年をとった

  19. 19 ⑤ やってみたこと

  20. 20 Afterコロナに向けた re:Habilitaion ローカルでのつながりが弱くなった ➡ まずは再開して、つながりを再構築する オフラインを知らない⼈が増えてきた ➡ 完全に忘れる前に、なるはやでやってみる ⾼齢化

    ➡ コアメンバーの若返りを
  21. 21 Afterコロナに向けた re:Habilitaion ①ハイブリッドでリハビリ開始 (2021.12.11) 現地8名/オンライン13名 新コアメンバーに、リアル開催の雰囲気を味わってもらう ②リアル開催再始動 (2022.6.18) 現地20名

    新コアメンバーに、リアル開催の運営を体験してもらう
  22. 22 ①ハイブリッドでリハビリ開始 (2021.12.11)

  23. 23 ①ハイブリッドでリハビリ開始 (2021.12.11)

  24. 24 ①ハイブリッドでリハビリ開始 (2021.12.11) 2年ぶりのリアル開催を実施できた 新コアメンバーがリアルコミュニケーションできた 2022年の再始動の下地をつくれた

  25. 25 ②リアル開催再始動 (2022.6.18)

  26. 26 ②リアル開催再始動 (2022.6.18)

  27. 27 ②リアル開催再始動 (2022.6.18) 初⼼に戻り「畳」会議室開催 事前準備を新コアメンバー中⼼に実施 開催体験/リハビリできた 参加者の90%が懇親会に参加してくれた

  28. 28 アジェンダ ① JAWS-UGに参加した理由 ② Before コロナ の振り返り ③ With

    コロナ でのプラスの変化 ④ After コロナ に向けた課題 ⑤ やってみた
  29. 29 まとめ

  30. 30 まとめ JAWSリハビリ開催してみました やはりリアル勉強会(懇親会)はいいです ことしは復活の年にしましょう みなさん参加して下さいね 登壇もよろしくです もちろん運営もよろしく。楽しいですよ︕︕

  31. 31 Thank you!