睡眠指標計算ロジック設計:4つの指針

F10669801b123a54b6cd256e60f09bbb?s=47 Takashi
September 25, 2019

 睡眠指標計算ロジック設計:4つの指針

弊社が開発しているプロダクトに使われる「睡眠指標」のロジックの設計、実装する際に気をつけたこと

https://www.neurospace.jp/

F10669801b123a54b6cd256e60f09bbb?s=128

Takashi

September 25, 2019
Tweet

Transcript

  1. 7.

    メソッドは入力に対して出力が決まるように設計する class SleepCalculator def self.adjusted_sleep_time (sleep_time, adjusted_minutes) sleep_time + adjusted_minutes

    end end [なぜ意識するのか] 複雑な計算ロジックに進化する未来があった時、大体は複数のモデルのデータに依存する事になる 引数で丸ごとActiveRecordを渡して、そのオブジェクトがリレーションを張っていて、 さらにそれらを参照するコードが書かれてしまうと、 「引数からなんのデータに依存しているのか 読み取りにくく」なる。
  2. 10.

    引数に値オブジェクトを活用する 例)時差ボケ調整アプリには、眠気予報という、トラベルの予定と実績に基づいて将来の眠 気を予想してくれる機能があります。入力には就寝時刻、起床時刻、食事の時刻、時差情報 など多数の入力情報を必要とする 予定:[ [ 就寝時刻, 起床時刻, 食事時刻, 時差情報,....] ,

    [就寝時刻, 起床時刻, 食事時刻, 時差情報,....] ,...] 実績:[ [ 就寝時刻, 起床時刻, 食事時刻, 時差情報,....] , [ 就寝時刻, 起床時刻, 食事時刻, 時差情報,....] ,...] 眠気予報 計算 Input Output Processing... 多量の時系列のデータ
  3. 11.

    引数に値オブジェクトを活用する エンティティ (ex. ActiveRecord) 値オブジェクト Forecast 睡眠時間 食事時刻 Achievement 睡眠時間

    食事時刻 睡眠実績 睡眠予定 食事実績 食事予定 <<interface>> TravelActionBase エンティティを値オブジェクトに変換し使用 値オブジェクト用のクラスを定義することで比較や分岐を直感的に表現で きた
  4. 14.

    計算と永続化は分割する class SleepCalculator FACTOR = 0.5 def self.adjust_sleep_time! (user, adjusted_minutes

    ) result = calc_adjusted_sleep_time (sleep_time, adjusted_minutes) user.update!(sleep_time: result) end def self.calc_adjusted_sleep_time (sleep_time, adjusted_minutes ) sleep_time + adjusted_minutes * FACTOR end end
  5. 15.

    計算と永続化は分割する 計算過程を含めた戻り値を値オブジェクト(または単純なデータ型)として返すように計算メ ソッドを実装して、管理画面で計算結果を CSV出力などしてトレースできる public static function createPredictions($trip, $now) {

    list($_, $sleepinessForecasts) = TravelPrediction::calculate($trip, $now); SleepinessForecast::create($trip, $sleepinessForecasts); } API呼び出し箇所 $response = new StreamedResponse (function() use ($travel, $calculateDatetime){ $stream = fopen('php://output', 'w'); stream_filter_prepend($stream,'convert.iconv.utf-8/cp932//TRANSLIT'); fputcsv($stream, ['datetime','base', 'hour','score', ....]); list($calcProcess, $_) = TravelPrediction::calculate($travel, $calculateDat 計算過程CSVDL箇所
  6. 18.