Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

初めてカンファレンスにCFPを出してみた話

ikuma-t
September 15, 2022

 初めてカンファレンスにCFPを出してみた話

K-Ruby#32 LT&雑談会 の登壇資料です
https://k-ruby.connpass.com/event/255309

なんかスタイルが崩れましたが、内容は同じなので良いでしょう

ikuma-t

September 15, 2022
Tweet

More Decks by ikuma-t

Other Decks in Programming

Transcript

  1. 初めてカンファレンスにCFPを
    出してみた話
    K-Ruby#32 @ikuma-t

    View full-size slide

  2. 自己紹介
    Key Value
    名前 ikuma-t
    所属 コンサルもどき → FJORD BOOT CAMP → 株式会社エ
    ンペイ(2022.06〜)
    最近は何やっ
    ている?
    RubyとTypeScriptを書いています。フロントエンドのテ
    スト導入とかやってます。
    一言 RubyKaigi最高でした!あと就職しました!

    View full-size slide

  3. 今回は人生で初めてカンファレンスにプロポーザルを
    出した話をします!

    View full-size slide

  4. 2022.10.21 (Fri.) - 22 (Sat.)
    @internet (online)
    About Kaigi on Rails
    Kaigi on Railsのコアコンセプトは
    「初学者から上級者までが楽しめる
    Web系の技術カンファレンス」
    です。

    Kaigi on Railsは技術カンファレンスへの参加の敷居を下げることを意図
    して企画されています。また、名前の通りRailsを話題の中心に据えるカ
    ンファレンスではありますが、広くWebに関すること全般(例えばフロ
    概要
    Kaigi on Rails 2022のプ
    ロポーザルを出しました
    人生初のプロポーザル(結婚と
    かそういうのは抜きでね)
    そして提出したCFPが通った
    ので登壇することになりまし
    た!

    View full-size slide

  5. 提出までの経緯 〜そうだ、登壇しよう〜
    「就職もしたし、カンファレンスにもCFP出してみたい。Ruby Kaigiは就
    職活動中に終わってしまったので、Kaigi on RailsのCFP募集が来たら頑
    張ろう!」
    Grow.rb特別回:登壇相談会【登壇ビギナー歓迎】に参加
    とりあえずネタの候補は用意して行った(箇条書き程度)
    NOTE: ネタは用意していってよかった。ネタの探し方を教えてくれる場所
    ではなく、自分の気持ちをどういうふうに形にしたら良いか教えてくれるイ
    ベントだった。

    View full-size slide

  6. 提出までの経緯 〜第1回 Grow.rb〜
    会の中で元から興味のあった「ブラウザ自動化技術」について何か話せるも
    のがないかもくもく。
    業務歴がないので、ソフトトーク路線も考えられたが、職業エンジニアにな
    った以上どうしてもテックトークしたかった。
    もくもく作業の中で練り上げたCFP草案をレビューしてもらい路線決定。
    NOTE:「相談したらコミュニティが応えてくれる。拙い恥ずかしいもので
    も途中でみてもらって、どんどん良くしていけば良い」と思って自然に振る
    舞えるのはFJORD BOOT CAMPとRubyコミュニティのおかげ

    View full-size slide

  7. 提出までの経緯 〜実装→第2回 Grow.rb〜
    「ブラウザ自動化技術という車輪の再実装」という方向性が決まったので、
    とりあえずSeleniumを真似した「Olenium」の実装を始める。
    ある程度話したいと思ったことが決まったタイミングで、Grow.rb特別回:
    登壇相談会2【登壇ビギナー歓迎】参加
    「15分では足りないかも…」→大倉さん「30分で提出してdetailに15分
    の場合どういう内容になるか書くってのもあり」
    NOTE: わたしのプロポーザルなので、わたしの熱量を書くのがよい

    View full-size slide

  8. 提出までの経緯 〜社内レビュー〜
    提出ギリギリで同じチームのエンジニアのみなさんにレビュー依頼
    概ね自分が書いたままのものを提出したが、「ちゃんと伝わっている」とい
    う実感が持ててよかった
    NOTE: 初めては何もかも不安なので、とにかく曝け出していくのがよい。
    失うものは何もない。

    View full-size slide

  9. 自分だけの小さなSelenium「Olenium」を作って
    始める、ブラウザ自動化技術の理論と実践
    というテーマで話します

    View full-size slide

  10. 近況報告
    進捗は…まあ芳しくないですよね😅(進捗いい人みたことないんですが)
    実装とコードリーディングがあって結構大変だけど、こういう状況になった
    からこそ色々と実務に直接関係ないことを知ることができて、「テックトー
    クにして良かったな」と思っている。
    だいぶ日にちが近づいているので頑張ります!

    View full-size slide

  11. ありがとうございました🙌

    View full-size slide