DDDお悩み相談事例 シーズン1

DDDお悩み相談事例 シーズン1

933291444e456bfb511a66a2fa9c6929?s=128

かとじゅん

September 06, 2019
Tweet

Transcript

  1. DDDお悩み相談事例 シーズン1 かとじゅん(@j5ik2o)

  2. 作る対象やその規模にかかわらず、DDDは有用か? • 有用。一般的には何らかの問題を 解決するのがシステムの目的。ゆえ にドメインが存在しないシステムは ありえないと考えて差し支えない。 • ただし、業務システムに対するプレ ゼンテーションの役割を果たすシス テムでは、CRUDが主目的になるこ

    とがある 帳票システム 業務システム 業務の結果をCRUDする Command Query ドメイン リードモデル イベント
  3. フロントエンドはDDDと関係ないのでは? • ビジネスロジックがサーバサイドだけにある なら、フロントエンドは完全なユーザインター フェイス層。しかし、クライアントサイドにもド メインロジックはありえる • たとえば、オークションサイトなら出品物の 落札期限が文字列表現としてREST APIな

    どのレスポンスで返ってくるので、クライアン トはそのまま表示します。しかし落札までの 残り時間はクライアントで計算しなければな りません 出品ドメイン オブジェクト 出品DTO 落札期限 出品ビュー 出品ドメイン オブジェクト 落札残り時間 クライアント サーバ
  4. DDDに共通の課題感があってそれを乗り越えた方法の 一つがCQRSだったのか? • GregさんがCQRS and Event Sourcingのアイ デアを公表したのが2010年ぐらい。コミュニティ でも盛り上がったのは2011年。 •

    Chatworkでは2016年末にKafka, HBase, Akkaを使ってEvent Sourcingシステムをリリー スしている。 • Akkaでは分散システム上でEvent Sourcingを 実装する手段を提供している ◦ akka-persistence ◦ akka-cluster-sharding • event store(https://eventstore.org/) が選択 肢のひとつ
  5. レガシーシステムへのDDD導入方法は? • 「コアドメインの中で仕事をする」・「ユビキタス言語を作って使う」・「モデルを実装に 反映する」の三本柱。どれが掛けてもよくない。局所的でも三本柱を立てる。例え ば、リファクタリングなら、ユニットに閉じて三本柱を立てる • レガシーシステムの改善にはDDD以外の考え方が必要。「レガシーシステム改善 ガイド」読みましょう。改善の道はリファクタリング→リアーキティング→リライトの階 段を登る。いきなりリライトではない •

    実装のミクロな視点でいえば、データとロジックを統合して値オブジェクト化を進め る。数量はただのIntではない。電話番号はただのStringではない。ビジネスルー ルに基づく計算能力を持つオブジェクトという前提に立つ
  6. 売上リポジトリ DAOとリポジトリの違いは? • DAOはDBのテーブルの行をI/O する責務。リポジトリは生成済み の集約の参照を取得したり削除す るための責務。 • 集約とテーブルが一対一対応して いても責務としては異なる。集約

    はどんな永続化技術からも中立 • ビジネスロジックに入出力に関係 する知識を含めない。責務重複の 回避 売上集約 売上エンティティ 売上詳細 ローカルエンティティ 売上DAO 売上レコード 売上詳細レコード 売上詳細DAO 永続化責務から解放さ れなければならない
  7. おしまい