結局のところKnativeって何者?

 結局のところKnativeって何者?

cndjp第11回勉強会で発表した資料です。
結局のところKnativeって何がどう嬉しいんだっけ?という話をしました。

Cbc297b07593321e52c75a9ebcc0f843?s=128

Kazuto Kusama

April 17, 2019
Tweet

Transcript

  1. 結局のところKnativeって何者?

  2. KAZUTO KUSAMA @jacopen 2 Solutions Architect @

  3. Knative試したことある人?

  4. None
  5. 5 Docker=クラウドネイティブ Kubernetes=クラウドネイティブ ではない。 ツールやプラットフォームの導入が クラウドネイティブになるわけじゃない クラウドによって最大限に強化されるという マインドセットを持つこと=クラウドネイティブ

  6. 使った分だけ 課金 初期費用が 少ない リソースの 調達が早い スケール しやすい 運用を 肩代わり

    クラウドの 本質?
  7. クラウドは人間を 強化する

  8. サーバーの調達 OS・ミドルウェアの 設定 ソフトウェアの デプロイ ストレージ・ ネットワークの 設定 その他いろいろ これまでの世界

    クラウドファーストな世界 クラウドになって、サーバーやネットワークなどインフラの 準備はだいぶ楽になりましたよね。
  9. クラウドは人間を 強化する なので、クラウドという便利な道具で人間は強化されたわ けです。でも、こんな数字があります。

  10. L1キャッシュ参照 分岐予測ミス L2キャッシュ参照 Mutexのlock/unlock メモリ参照 1KBをZIP圧縮 1Gbpsで1KB送る メモリから1MB連続で読む 同一のデータセンタ内のマシンと通信1往復 HDDシーク

    HDDから1MB読み出し カリフォルニアとオランダ間で通信1往復 上司の許可取ってサーバー1台構築 0.5 ns 5 ns 7 ns 25 ns 100 ns 3,000 ns 10,000 ns 250,000 ns 500,000 ns 10,000,000 ns 20,000,000 ns 150,000,000 ns 259,200,000,000,000 ns かかる時間 Latency Numbers Every Programmer Should Know https://gist.github.com/jboner/2841832
  11. サーバーの調達 OS・ミドルウェアの 設定 ソフトウェアの デプロイ ストレージ・ ネットワークの 設定 その他いろいろ これまでの世界

    クラウドファーストな世界 ボトルネック
  12. μs, msの世界で人間が介在すること自体が ボトルネック

  13. サーバーの調達 OS・ミドルウェアの 設定 ソフトウェアの デプロイ ストレージ・ ネットワークの 設定 その他いろいろ これまでの世界

    クラウドファーストな世界 『クラウドに置き換えて効率化』 という思考から脱却しなければ 根本的な変革にはならない
  14. クラウドは人間を 強化する

  15. CLOUD

  16. CLOUD NATIVE +

  17. クラウドは人間を 強化する

  18. 『クラウドネイティブな思考』の最たる例が サーバーレス

  19. Coding Test Build Delivery Monitoring Analyze 何も考えずにやると すぐ人がボトルネックに

  20. IaaS Functions Applications Runtimes Containers Operating Systems Virtualization Hardwares Functions

    Applications Runtimes Containers Operating Systems Virtualization Hardwares Functions Applications Runtimes Containers Operating Systems Virtualization Hardwares Functions Applications Runtimes Containers Operating Systems Virtualization Hardwares 自由度が高いプラットフォームもいいけれど CaaS PaaS FaaS
  21. IaaS Functions Applications Runtimes Containers Operating Systems Virtualization Hardwares Functions

    Applications Runtimes Containers Operating Systems Virtualization Hardwares Functions Applications Runtimes Containers Operating Systems Virtualization Hardwares Functions Applications Runtimes Containers Operating Systems Virtualization Hardwares よく抽象化され、生産性の高い仕組みもいい(Opinionated) 自由度が高いプラットフォームもいいけれど CaaS PaaS FaaS
  22. None
  23. テクノロジースタック

  24. なぜ最初にクラウドネイティブの話をしたか Knativeは “Kubernetes上で動くサーバーレス” とよく言われるが “Kubernetesの上で動くLambdaみたいなもの” と考えてしまうと、メリットが伝わらない

  25. こんなの出ました

  26. DEMO Cloud Runを使ったデモをしました。 簡単な操作でアプリのデプロイが出来た一方、 これは”サーバーレス”なんだろうか? と 思ってしまいます。

  27. なんか思ってたんと違う

  28. IaaS Functions Applications Runtimes Containers Operating Systems Virtualization Hardwares Functions

    Applications Runtimes Containers Operating Systems Virtualization Hardwares Functions Applications Runtimes Containers Operating Systems Virtualization Hardwares Functions Applications Runtimes Containers Operating Systems Virtualization Hardwares 生産性や標準化の向上 自由度、柔軟性の向上 CaaS PaaS FaaS
  29. IaaS Functions Applications Runtimes Containers Operating Systems Virtualization Hardwares Functions

    Applications Runtimes Containers Operating Systems Virtualization Hardwares Functions Applications Runtimes Containers Operating Systems Virtualization Hardwares Functions Applications Runtimes Containers Operating Systems Virtualization Hardwares 生産性や標準化の向上 自由度、柔軟性の向上 CaaS PaaS FaaS Knativeはサーバーレスと聞いていて、 こうだと思っていたでしょうけど
  30. IaaS Functions Applications Runtimes Containers Operating Systems Virtualization Hardwares Functions

    Applications Runtimes Containers Operating Systems Virtualization Hardwares Functions Applications Runtimes Containers Operating Systems Virtualization Hardwares Functions Applications Runtimes Containers Operating Systems Virtualization Hardwares 生産性や標準化の向上 自由度、柔軟性の向上 CaaS PaaS FaaS どっちかというとこっちが近いように思えちゃいます
  31. https://www.youtube.com/watch?v=8Pd20Y4OMkE

  32. KnativeのいうServerless ≠ FaaS • ServerlessといってもAWS LambdaやGoogle Cloud Functionsのよ うなFaaSを指すわけではない •

    Knativeが指すServerless Workloadとは ◦ ステートレス ◦ プロセスのスケールアウトモデルが適用可能 ◦ 主にアプリケーションレベル(L7、例えばHTTP)から リクエストされるトラフィックによって駆動 • CNCF Serverless Whitepapterの定義とはズレる (https://github.com/cncf/wg-serverless/tree/master/whitepapers/serverless-overview)
  33. Microservices Platform on Kubernetes at Mercari https://speakerdeck.com/tcnksm/microservices-platform-on-kubernetes-at-mercari

  34. Knativeでは 何ができるのか 一段上の抽象化 Deployment Service ReplicaSet Pod Pod LB DNS

    k8s外 Service (Knative) Route (Knative) Configuratio n (Knative) Revision (Knative) Deploymen t ReplicaSet Pod Service コンテナをつくろう NWをつくろう
  35. Knativeでは 何ができるのか 一段上の抽象化 Deployment Service ReplicaSet Pod Pod LB DNS

    k8s外 Service (Knative) Route (Knative) Configuratio n (Knative) Revision (Knative) Deploymen t ReplicaSet Pod Service
  36. Custom Resources Kubernetesは自前のリソースと、そのコントローラを追加することができる。 それがCustom Resources Kubernetesネイティブな機能拡張手段 https://kubernetes.io/docs/concepts/extend-kubernetes/api-extension/custom-resources/

  37. Custom Resources KnativeはCRDモンスター

  38. Serving Scale to zero, request-driven compute model • ゼロからスケールする、リクエストドリブンの コンピュートモデルを実現するコンポーネント

    ◦ サーバーレスのワークロードを素早くデプロイ ◦ 自動でスケールアップ・ダウン ◦ Istioを利用したルーティングの設定 ◦ デプロイされたコードや設定のスナップショット https://github.com/knative/docs/tree/master/serving
  39. Serving Scale to zero, request-driven compute model • 4つのCustom Resourceを用いて実現

    ◦ Service - service.serving.knative.dev ◦ Route - route.serving.knative.dev ◦ Configuration - configuration.serving.knative.dev ◦ Revision - revision.serving.knative.dev https://github.com/knative/docs/tree/master/serving
  40. DEMO Cloud Runと、Cloud Run on GKEと、 Pivotal Container Serviceの上にKnativeをデプロイ した環境で比較をしました。

    同じように利用できることが分かります。
  41. https://twitter.com/ahmetb/status/1116041166359654400

  42. Coding Test Build Delivery Monitoring Analyze イメージのビルド

  43. 誰もが同じようなことをやる Dockerfileの作成 docker build docker push Kubernetes manifestの作成 kubectl apply

    Dockerfileの作成 docker build docker push Kubernetes manifestの作成 kubectl apply Dockerfileの作成 docker build docker push Kubernetes manifestの作成 kubectl apply 自動でうまいこと やってほしい
  44. 抽象化すればいいじゃない 自動化すればいいじゃない

  45. Builds Cloud-native source to container orchestration • ソースコードからのイメージ作成を実現するコンポーネント ◦ gitリポジトリからソースコードを取得

    ◦ 複数のジョブを実行 (依存関係のインストールやテストの実 行など) ◦ コンテナイメージへの作成 ◦ イメージリポジトリへの push • Build - Ship - RunのうちBuildとShipを担う • プラガブルであり、さまざまなイメージビルドの仕組みを利用可 能 ◦ Cloud Native Buildpack ◦ Google Container Builder ◦ Bazel ◦ Kaniko ◦ などなど
  46. DEMO

  47. Coding Test Build Delivery Monitoring Analyze 負荷に応じたスケール コミットがあったら自動でテス ト イベントドリブンな

    アーキテクチャ が作られたら自動で の更新
  48. Serverless Architecture API Gateway S3 Dynamo DB SNS SES Lambda

    イベント イベント
  49. Eventing Universal subscription, delivery and management of events

  50. https://www.slideshare.net/linecorp/lines-private-cloud-meet-cloud-native-world

  51. https://www.slideshare.net/linecorp/lines-private-cloud-meet-cloud-native-world

  52. https://www.slideshare.net/linecorp/lines-private-cloud-meet-cloud-native-world

  53. Riff Riff for functions • Pivotalが中心になって開発しているFaaS ( https://projectriff.io/ ) •

    Kubernetes向けに作られていたが、Knativeを ベースにするように作り替え中
  54. KLR (Knative Lambda Runtimes)

  55. Kubernetes, Serverless, and You (Cloud Next '18) https://www.youtube.com/watch?v=LtELzpw1l1M Knative -

    Serverless workloadのためのBuilding Block
  56. “Building Block” https://content.pivotal.io/blog/knative-powerful-building-blocks-for-a-portable-function-platfor m

  57. Cloud Nativeのための Building Block Yoshizumi Endo https://www.flickr.com/photos/yendo0206/5041788308/ (CC BY-SA 2.0)

  58. Coding Test Build Delivery Monitoring Analyze

  59. 商用展開

  60. None
  61. Pivotal Function Service Pivotal Container Service(PKS) の上で動作 Knative+Riffによる商用Serverless Platform +

    = + + =
  62. None
  63. おわり