Getting Started to CRIU

Getting Started to CRIU

0b5a8c592b267d1cc8d5d6a9577bdd34?s=128

@ジュジュ

March 07, 2019
Tweet

Transcript

  1. CRIUで遊んでみた 2019/03/07 OthloTechLT大会@クックパッド 岡野兼也

  2. $ whoami name: - 岡野兼也 - @ジュジュ belonging: - 名古屋大学

    interest: - CloudNative - SRE dream: - 働かないこと hobbies: - 登山 - キャンプ
  3. CRIU - Checkpoint and Restore In Userspaceの略称 - Linuxのアプリケーションの実行状態を Checkpointとして固めてRestoreできる

  4. CRIUを使うとアプリが動いている状態の コンテナを走らせることができる!

  5. Checkpoint $ docker checkpoint create ${container_name} ${checkpoint_name} - コンテナの今の状態を保存する -

    作ったチェックポイントに基づいてリストアできる
  6. Restore $ docker container start --checkpoint ${checkpoint_name} ${container_name} - チェックポイントから再実行をする

    - 何回でも同じチェックポイントから実行可能
  7. 実際につかってみる

  8. もう一回リストアする!

  9. 解決できる問題① コンテナの起動がいくら早くても アプリの起動が遅ければ遅くなってしまう 初めからからアプリの状態を 記憶できているので爆速起動!!

  10. 解決できる問題② k8sがいくらうまいことやっているといっても ノードメンテのために落とすと影響あるよね… ファイルとして状態を持てるので ライブマイグレーションができる!!

  11. ご清聴ありがとうございました ※CRIUはDockerのexperimentalな機能で、デフォルトでは使えません