Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

JAWS-UG CHIBA re:Invent 2021 re:Cap with Werner Vogels's Keynote

JAWS-UG CHIBA re:Invent 2021 re:Cap with Werner Vogels's Keynote

12/15 JAWS-UG千葉支部オンライン#13 re:Invent re:Cap レジェンド&ヒーロー祭り

https://jawsug-chiba.connpass.com/event/232667/

Ad5c154f422a9204af738d173aad4d4c?s=128

Masanori Yamaguchi

December 15, 2021
Tweet

More Decks by Masanori Yamaguchi

Other Decks in Technology

Transcript

  1. re:Invent re:Cap 2021 from Werner Vogels's Keynote 2021/12/15 JAWS-UG 千葉支部

    山口 正徳 JAWS-UG千葉支部オンライン#13 re:Invent re:Cap レジェンド&ヒーロー祭り {re:Cap with Community Hero}
  2. Name  : 山口 正徳 Job   : 通信会社のソリューションアーキテクト Awards : AWS Community Hero, AWS Samurai

    2020 Favorite AWS Services : AWS Fargate, AWS Lambda 自己紹介
  3. Table of Contents ・re:Invent 2021 12/2(木)@現地時間 に講演された  Amazon.com CTO Werner

    Vogles 氏の基調講演  より受け止めたメッセージをお話しします ・サービスアップデートや、サービスの紹介に  フォーカスした話題はありません。
  4. None
  5. データそして、セキュリティは原理原則である

  6. None
  7. テクノロジーがより人間の活動に近い領域で 生活に貢献するにはレイテンシーが重要な鍵になる

  8. None
  9. None
  10. None
  11. 取り扱うデータの形、データの流れも変化している 敢えてここで繰り返し、そう話していた背景には それだけユースケースが増えているということでは? IoT、5Gビジネスに関わるピースであるのではないかと 感じた内容だった。

  12. None
  13. None
  14. ネットワークが進化し、広がることにより、 全ての場所でクラウドが活用できることができる。 これは現在もそうだし、広がりを止めていない。 クラウドはソフトウェア、 ハードウェアの進化だけではない。 ネットワークとともに進化してる。 5年前は考えにくかった場所でも ネットワークは接続されている。

  15. None
  16. 巨大な分散システムにおいても重要なことは、 シンプルに1つのことをうまくやらせる。 AmazonとUNIX哲学はここでも繋がることを理解した。

  17. None
  18. None
  19. None
  20. AWSの各サービスはフレームワークを 提供しているのではない プリミティブを提供している これを理解しないで他のツールなどを比較すると 比較結果の意味も変わってくる。 例えば、k8sとECS。

  21. None
  22. None
  23. None
  24. APIは顧客のユースケースから考えること 1つのAPIをシンプルに、複雑なことはAPIの組み合わせ で実現する 障害モードが十分に説明されていること これはAWSでも今までに痛い思いをしてきたところ? 誤ったAPI設計に関する相談が多い? あえてここでAPI設計の話をした意味があるはず。

  25. None
  26. None
  27. None
  28. アーキテクチャ、AWSというプラットフォームをうまく 利用することだけではなく、Sustainabilityについては常に セットで考えなければいけない状況にある。 今まではその考え方がなかったが、 考えればその結果すぐに取り組めることはたくさんある、 本来必要なSLOと適用されているSLO/SLIが 一致しているのか?など、見つめ直す時がきた。

  29. None
  30. None
  31. None
  32. 車輪の再発明をしないこと、資源は有限である。 あなたの貴重な能力をあるべきことに向けてください。

  33. None
  34. None
  35. None
  36. Observabilityとは何か? New Worldのアーキテクチャと繋がる内容。 サービスに顧客が求めることをシステムの内部データから 確認できる状態になっているか?

  37. None
  38. Keynoteの最後、もっとも印象に残るところで Wernerが話した内容

  39. None
  40. セキュリティ、顧客を守ることが最優先事項 システムが生き続ける限り、永遠に必要なこと。 魅力的な機能も、それは顧客が安心して 使えることが大前提。 新しい技術、機能、チャレンジなど、 シチュエーションが変わることで優先度が 後ろになりがちだが、常に意識しなければいけない。