Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

プロバスケットボール・ B.LEAGUEにおけるオフェンス・ディフェンスWPAの算出 / Proposal of offense/defense WPA in B.LEAGUE

konakalab
August 29, 2022

プロバスケットボール・ B.LEAGUEにおけるオフェンス・ディフェンスWPAの算出 / Proposal of offense/defense WPA in B.LEAGUE

プロバスケットB.LEAGUEの新しい選手評価指標として攻撃/守備それぞれのWPA(Win Probability Added)を提案・算出しました.守備の貢献の定量化や,試合展開の速さ(単位時間当たりの得失点回数)の評価に利用可能です.

令和四年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会( https://www.tokai-rengo.jp/ )で発表しました.

konakalab

August 29, 2022
Tweet

More Decks by konakalab

Other Decks in Science

Transcript

  1. プロバスケットボール・B.LEAGUEにおける オフェンス・ディフェンスWPAの算出 名城大学理工学研究科 杉江幸治*,小中英嗣

  2. 目次 研究背景 バスケットボールとスタッツ(統計) 選手評価指標:インパクトメトリクス 提案手法 単調性リアルタイム勝敗確率を用いた オフェンス・ディフェンスWPAの算出アルゴリズム 評価結果 まとめ・今後の予定 1

  3. 研究背景 バスケットボールではそれぞれの選手が関与したプレイの回数 (得点,シュート数など)が記録される プロレベルではプレイ単位(得点とその方法,ボール保持の変更, 選手交代などの事象とその時刻)まで記録・公開されている 2 それぞれの選手が関与したプレイの回数(スタッツ) Play-by-playデータ

  4. 研究背景 バスケットボールではそれぞれの選手が関与したプレイの回数 (得点,シュート数など)が記録される プロレベルではプレイ単位(得点とその方法,ボール保持の変更, 選手交代などの事象とその時刻)まで記録・公開されている 3 選手の貢献度や活躍度を測るために使われる

  5. 研究背景 回数や割合を集計した単純なスタッツによる課題 4 課題1. コート上の全選手の貢献の評価 課題2. 単一の指標での評価

  6. 研究背景 課題1「コート上の全選手の評価」に対して開発された指標 +/-(Plus/Minus,P/M) その選手がコート上にいた時間での得失点差 課題2「単一の指標での評価」に対して開発された指標 EFF(Efficiency) 基礎的なスタッツの重み和 P/MやEFFを発展させた指標:「インパクトメトリクス」 PIPM,LEBRON,RPM,RAPTOR 5

  7. 研究背景 既存インパクトメトリクスの課題 6 コート上にいたスタッツに 記録されない選手の貢献 の評価が難しい https://www.youtube.com/watch?v=qKde9M1gKvY&t=1311s 2022/07/18 accessed

  8. 研究背景 勝敗確率の変化量を選手の評価に用いる手法 得失点差に基づいてベイズ回帰モデルを用いる方法 試合のリアルタイム勝敗確率モデルに基づいて ベイズ回帰モデルを用いる方法 7

  9. 研究背景 勝敗確率の変化量を選手の評価に用いる手法 得失点差に基づいてベイズ回帰モデルを用いる方法 試合のリアルタイム勝敗確率モデルに基づいて ベイズ回帰モデルを用いる方法 確率の合理性や単調性が保証されていない リアルタイム勝敗確率を用いている 8

  10. 確率の合理性や単調性が保証されていない リアルタイム勝敗確率 9 試合経過時間 得 点 差 S.K. Deshpande and

    S.T. Jensen, “Estimating an NBA player’s impact on his team’s chances of winning,” Journal of Quantitative Analysis in Sports, vol.12, no.2, pp.51–72, 2016. 得点差が大きくなっても 予測勝率が下がっている
  11. 研究背景 目的:インパクトメトリクスの提案および算出 オフェンス・ディフェンスそれぞれでのプレイごとの 勝率の変化量および時間平均 各試合時刻ごとに得点差に対して勝敗確率が単調性を保つ リアルタイム勝敗確率を用いる コート上の全選手を評価 日本のB.LEAGUE,(特にB1リーグ)の選手を対象 10

  12. Win Probability Added(以降,WPA)の定義 オフェンスWPA(以降,WPA𝑂):その選手がオフェンスを始めてから オフェンスが終わるまでに変化した試合の勝敗確率の量の総和 ディフェンスWPA(以降,WPA𝐷):その選手がディフェンスを始めてから ディフェンスが終わるまでに変化した試合の勝敗確率の量の総和 WPA:その選手のWPA𝑂とWPA𝐷の合計 11 単調性リアルタイム勝敗確率を用いた

    WPAの算出
  13. 単調性リアルタイム勝敗確率を用いた WPAの算出 攻撃or守備 ෝ 𝒘 𝒊の得点 𝒕 𝒋の得点 ෝ 𝒘

    攻撃or守備 攻撃(開始) 0.65 18 702 9 0.35 守備(開始) 攻撃(終了) 0.72 21 722 9 0.28 守備(終了) 守備(開始) 0.72 21 722 9 0.28 攻撃(開始) 12 ・ ・ ・ チーム𝑗の選手のWPA𝐷は 0.28 − 0.35 5 = −0.014 チーム𝑖の選手のWPA𝑂は 0.72 − 0.65 5 = 0.014 ・ ・ ・ チーム𝑖 チーム𝑗
  14. 評価結果:構築データ リアルタイム勝敗確率の構築データ 対象リーグ:B1リーグ 期間: 2016年9月から2019年10月6日 試合数: 全1736試合(Play-by-playデータ) 13

  15. 評価結果:評価対象 評価対象 対象リーグ: B1リーグ 期間: 2018年10月04日から2019年4月21日 試合数: レギュラーシーズンの540試合 選手数: 268人

    14
  16. 評価結果 15 対象期間の千葉ジェッツのWPA/s 対象期間の栃木ブレックスのWPA/s 出場時間 10,000秒以上 出場時間 10,000秒以上

  17. 評価結果 16 対象期間の千葉ジェッツ,栃木ブレックスのWPA/s (ピンク:栃木,緑:千葉) WPA𝑘 𝑂 /𝑠と WPA𝑘 𝐷 /𝑠の絶対値を

    チームごとに比較 栃木が大きい 栃木の方が時間当たりの得失点の回数が 多い傾向にある WPAは得失点で大きく変化する
  18. 評価結果 17 対象期間の千葉ジェッツのWPA/s 対象期間の栃木ブレックスのWPA/s 試合展開が速い傾向である

  19. まとめ  試合時刻ごとに得点差に対して勝敗確率が単調性を保つような リアルタイム勝敗確率を構築し,そのリアルタイム勝敗確率に基づいた インパクトメトリクスとしての WPA𝑘 𝑂, WPA𝑘 𝐷を B1

    リーグの 18-19 年シーズンの レギュラーシーズンに出場している選手に対して算出した  千葉ジェッツ,栃木ブレックスに所属している選手の中で出場時間が 10,000 秒を超えている選手のWPA𝑘 𝑂 /s, WPA𝑘 𝐷 /sを示し, WPA𝑘 𝑂 /s, WPA𝑘 𝐷 /sが 選手のプレイの特徴を示している可能性を示した. 18
  20. まとめ 今後の予定 WPAの粒度の向上 ラインナップ(コート上 5 人の組み合わせ)の評価 WPA/𝑠の妥当性の確認 19