Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

複式簿記完全に理解した

F9c1147f396e1f39790b798f5c4a91bb?s=47 k-tky
November 20, 2020
400

 複式簿記完全に理解した

複式簿記を完全に理解しました

F9c1147f396e1f39790b798f5c4a91bb?s=128

k-tky

November 20, 2020
Tweet

Transcript

  1. 複式簿記完全に理解した @k-tky

  2. what am I? 所属 ・株式会社TOPGATE やってること ・現場作業員 ・猫のお世話 愛猫のこむぎ

  3. このTalkはテクノロジーではありません…

  4. お金です!!!!!!!!!!!

  5. なぜお金……… ・テクノロジーではないけど、お金の流れがわかれば理解しやすいことはある ・だいたい世の中のシステムの背後はお金が動いてる ・ECサイトならわかりやすい ・仕入システムや販売システム、在庫システムだって背後で動いてる ・とりわけ生産管理システムだと工業簿記の原価管理まで… ・というわけで、今回はお金を数えるために使われている簿記を紹介します。

  6. 複式簿記とは? ・お金を5つの分類に分けて記したもの ・お金の流れを左右に分けて記したもの ・決算書の元になるもの ・お金の流れが発生した原因を記したもの →何が発生したか ・お金の流れが発生した結果を記したもの →何が増減したか

  7. 5つの分類とは ・資産 → 現金、売掛金、固定資産などプラスになるもの ・費用 → 交際費、交通費など事業を行う上で必要になるお金 ・負債 → 支払が必要なもの(買掛金、未払金など)

    ・収益 → 事業で得た利益(売上など) ・資本 → 資本金など
  8. 左右に分けて記すとは これです。 ・左側 → 資産、費用 ・右側 → 負債、資本、収益

  9. 決算書の元になるとは これの元データになります。 引用:Ullet トヨタ自動車決算書 http://www.ullet.com/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%B B%8A/%E8%B2%B8%E5%80%9F%E5%AF%BE%E7%85%A7%E8%A1%A8

  10. この決算書を複式簿記の様式で表現すると? こうなります。(2020/03/31の決算書)

  11. 単式簿記とは? ・普通の家計簿はこれ ・発生した費用や、出した現金を記載する。 ・これを全部足しあげると最終的な支出になる。

  12. なぜ複式簿記が必要なのか? ・単式簿記だとお金の流れが表現できない ・単式簿記ではお金の増減は表現できるが、財政状態の把握ができない (財政状態 = 借金や資産が今どれだけあるか)

  13. 仕訳とは ・かかったお金を簿記に記載すること ・実際の名目を簿記上の名目(勘定科目)に変換して記載する。 ex. 電気代 → 光熱費 ・ルールとして左右の合計額が一致する必要がある

  14. 仕訳デモ ・お金の流れが単式簿記では表現できないという点について 電気代¥10,000を現金で払ったとします。

  15. 仕訳デモ ・お金の流れが単式簿記では表現できないという点について 単式簿記では…

  16. 仕訳デモ ・お金の流れが単式簿記では表現できないという点について 複式簿記では…

  17. 仕訳デモ ・お金の流れが単式簿記では表現できないという点について 複式簿記では…

  18. 仕訳デモ2 ・単式簿記ではお金の増減は表現できるが、財政状態の把握ができない点につい て 商品¥30,000を掛け(後払い)で2020/08/01に購入する 支払いは翌月末払い(2020/09/30)

  19. 仕訳デモ2 ・単式簿記ではお金の増減は表現できるが、財政状態の把握ができない点につい て 単式簿記では… 2020/08/01時点では支出がないため、記載できない

  20. 仕訳デモ2 ・単式簿記ではお金の増減は表現できるが、財政状態の把握ができない点につい て 複式簿記では…

  21. 仕訳デモ2 ・単式簿記ではお金の増減は表現できるが、財政状態の把握ができない点につい て 複式簿記では…

  22. まとめ ・テクノロジーではないけど、お金の流れがわかれば理解しやすいことはある ・だいたい世の中のシステムの背後はお金が動いてる ・ECサイトならわかりやすい ・仕入システムや販売システム、在庫システムだって背後で動いてる ・とりわけ生産管理システムだと工業簿記の原価管理まで… ・というわけで、お金の流れの一部を紹介しました。