B2B_SaaS_一年生の私たちが辿り着いた_プロダクト開発の進め方.pdf

5c556c8f172b4b7e8a992ceddac9e196?s=47 kymtgt
December 06, 2019

 B2B_SaaS_一年生の私たちが辿り着いた_プロダクト開発の進め方.pdf

B2B SaaSエンジニアMeetup - Sharing Issues #2 にてLTを行いました

サービス広告動画: https://www.youtube.com/watch?v=KfD-CqDflb8

5c556c8f172b4b7e8a992ceddac9e196?s=128

kymtgt

December 06, 2019
Tweet

Transcript

  1. B2B SaaS 一年生の私たちが辿り着いた
 プロダクト開発の進め方
 株式会社オープンエイト プロダクトマネージャー 古山亜人 B2B SaaSエンジニアMeetup -

    Sharing Issues #2

  2. 古山 亜人 こやま つぐと(つーちゃん) @kymtgt 自己紹介 大学でヒューマンインタフェースデザインの研究 2009年 新卒で広告制作会社へ入社 プロモーションプランナー

    2012年 フリーランスでウェブ制作や動画制作を受託 2014年 スタートアップへジョイン C2Cサービスのフロントエンドエンジニア 2018年 オープンエイトへジョイン 開発チームのマネージャー → プロダクトマネジメント部が新設され異動 プロダクトマネージャー 趣味 カレー(食べ専)
  3. None
  4. None
  5. None
  6. None
  7. Business 事業部長 インサイドセールス(3) フィールドセールス(5) カスタマーサクセス(3) マーケティング(2) Tech CTO マネージャー(1) プロジェクトマネージャー

    (1) フロントエンド(3) バックエンド(1) Product Management CPO プロダクトオーナー(3) プロダクトマネージャー (1) デザイナー(1) C E O チーム編成
  8. 開発手法 プロダクトロードマップ 新規機能開発 フィールドやCSからの要望を受けてプロダクトとして向かっていく方向性 UI/UXの改善 バグ対応 運用タスク プロダクトの粗を解消してサービスの品質を高めていく開発

  9. 開発手法 プロダクトロードマップ 新規機能開発 フィールドやCSからの要望を受けてプロダクトとして向かっていく方向性 UI/UXの改善 バグ対応 運用タスク プロダクトの粗を解消してサービスの品質を高めていく開発 ウォーターフォール アジャイル

  10. 開発フロー CS x PdM会議 FS x PdM会議 解約要因の吸い上げ 顧客要望の吸い上げ プロダクトバックログへ反映

    FSポイント CSポイント 4段階でissueを評価 4段階でissueを評価 社内からの課題
  11. 開発フロー CS x PdM会議 FS x PdM会議 解約要因の吸い上げ 顧客要望の吸い上げ プロダクトバックログへ反映

    FSポイント CSポイント 4段階でissueを評価 4段階でissueを評価 プロダクト運営会議 開発優先度を整理 社内からの課題 バックログ リファインメント
  12. 開発フロー プロダクトバックログへ反映 ント 階でissueを評価 価 プロダクト運営会議 開発優先度を整理 開発会議 開発優先度を決定 開発工数見積もり

    必要があれば ロードマップ上の 開発項目の入れ替え 社内からの課題
  13. 開発フロー プロダクトロードマップ 新規機能A リリース 新規機能B リリース 新規機能C リリース 新規機能D リリース

    フィールドやCSからの要望を受けてプロダクトとして向かっていく方向性(半年計画)
  14. 開発フロー プロダクトロードマップ 新規機能A リリース 新規機能B リリース 新規機能C リリース 新規機能D リリース

    フィールドやCSからの要望を受けてプロダクトとして向かっていく方向性(半年計画) 要求事項整理 ワイヤー設計 プロトタイピング
  15. 開発フロー プロダクトロードマップ 新規機能A リリース 新規機能B リリース 新規機能C リリース 新規機能D リリース

    フィールドやCSからの要望を受けてプロダクトとして向かっていく方向性(半年計画) 要求事項整理 ワイヤー設計 プロトタイピング CSレビュー
  16. 開発フロー プロダクトロードマップ 新規機能A リリース 新規機能B リリース 新規機能C リリース 新規機能D リリース

    フィールドやCSからの要望を受けてプロダクトとして向かっていく方向性(半年計画) 要求事項整理 ワイヤー設計 プロトタイピング CSレビュー タスク洗い出し 工数見積
  17. 開発フロー プ 新規機能B リリース 新規機能C リリース 新規機能D リリース フィールドやCSからの要望を受けてプロダクトとして向かっていく方向性(半年計画) 理

    計 ング CSレビュー タスク洗い出し 工数見積 スコープの決定
  18. 開発フロー 新規機能C リリース 新規機能D リリース 受けてプロダクトとして向かっていく方向性(半年計画) ー タスク洗い出し 工数見積 スコープの決定

    開発 スプリントで進捗管理
  19. 開発フロー 新規機能D リリース 性(半年計画) PM レビュー 出し 積 スコープの決定 開発

    スプリントで進捗管理
  20. 開発フロー の決定 開発 スプリントで進捗管理 PM レビュー BIZ レビュー

  21. 開発フロー の決定 開発 スプリントで進捗管理 PM レビュー BIZ レビュー リリース

  22. 使い勝手のUX設計がとても大事 → プロトタイピングで検証 CMS要素の強いプロダクトなので… JSで簡易的に実装 Figmaでプロトタイピング

  23. 使い勝手のUX設計がとても大事 → プロトタイピングで検証 CMS要素の強いプロダクトなので… 簡易的につくって顧客へヒアリング フィードバックをもらう JSで簡易的に実装 Figmaでプロトタイピング

  24. • KPIがまだ追える状態になっていないので・・・ ◦ 追うための基盤の開発を絶賛実施中 ◦ DBから出せる数字はRedashで見ていく • 直接ヒアリング ◦ CSナーチャリングに同行して使い勝手や不満のヒアリング

    • 年間契約なのでチャーンまでの期間が長い ◦ それを逆手に取って考慮して開発優先度を検討 • 体験会でアンケートをとってUIのフィードバックをもらう ◦ はじめてプロダクトに触る人からのフィードバックは貴重 リリースされたプロダクトの評価
  25. 数字を追うための基盤整備!! 世界で戦える最高の動画CMSに!!! エンジニア爆裂採用したい!!!! 一緒にB2B SaaSのテッペン目指しましょう!!!!!! 来年は・・・ https://open8.com/recruit/