Save 37% off PRO during our Black Friday Sale! »

FuelPHPのテストをJenkinsとdocker-composeで実行

 FuelPHPのテストをJenkinsとdocker-composeで実行

PHP勉強会でのLT資料です。

9a18f43cea38f204f59451b0b83430d1?s=128

mahiguch

June 26, 2019
Tweet

Transcript

  1. FuelphpのテストをJenkinsと docker-composeで実行

  2. Masahiro Higuchi / 樋口雅拓 • グリーグループのリミア株式会社で、LIMIA という住まい領域のメディアを 作っています。ゲーム会社ですが、最近はメディアに力を入れています。 • 機械学習のエンジニアですが、iOS,

    Android,JSなどもやっている何でも屋 です。4歳の娘のパパ。twitter: @mahiguch1 • https://limia.jp/ • https://arine.jp/ • https://aumo.jp/ • https://www.mine-3m.com/mine/
  3. LIMIAとは? • メディアサービス • Android, iOS, Web • 記事一覧を表示し、タップすると記事 詳細を閲覧できる。

    • AWS:90%、GCP:10%。 • PHP/EC2 → Go/ECS移行中
  4. Fuelphpが。。。 • 最近バージョンアップの話を聞かない • Githubを確認すると、最後のcommitが2018年5月 • Laravelに行く? いや、コンテナ考えたらgolangでしょ! —> golangに移行開始したばかりですが、さっそくJenkinsでハマったことに

    ついて話します。
  5. 移行したシステムについて

  6. 開発環境 • まず、他との繋がりが薄いRecommendEngineをgolangで書いてコンテナ を作った。 • php, MySQL, memcached, DynamoDB Local,

    elasticmqもコンテナにし て、開発環境をdocker-composeで作った。 • 本番環境はgolangのみECSで動かし、phpはEC2で。
  7. 本番環境 ユーザが記事の一覧表示をしようとすると、 EC2で動く fuel PHP ApplicationにHTTPリクエストが飛ぶ。PHP Appは、ECSで動くgolang Serviceにgrpcで問い合わ せる。PHP Appはgolangからの応答に後処理を行

    なってユーザに返す。
  8. APIの結合テスト

  9. テストについて • UnitTestだけでなく、APIの結合テストもFuel phpのテストを書いていた。 • レスポンスのIFをかなり網羅していたので、リファクタのときには重要。 • GitのDevelop branchにmergeされるとJenkinsでテストが走り、成功したら結合テスト環境に配布してい た。

    —> 実装完了してmergeしたらテストが失敗。何故!?
  10. テストが失敗した理由 • Jenkins Slaveは、EC2にphpをインストールしてテストを実行していた。 • 当然だがgolangコンテナが無いので、接続失敗でテストがコケる。 • Jenkins Slave専用にECS Service建てるのは、もったいないよねー。

    —> 開発環境用に作ったdocker-composeをJenkins Slaveの中に立ててしまおう!
  11. 第1の関門: git tokenの渡し方 Repository構成 • docker: docker-compose.ymlなど • app: PHPで書かれた本体

    • api: golangで書かれたマイクロサービス これまでは、Jenkinsにgithubのtokenとrepository pathを登録しておくと、手元に展開されていた。 Repositoryが3つだとScriptの所でgit cloneを3行書く。—> Permission Denied... あれ? どうやってtoken渡そう。—> .netrcに書くことで解決!
  12. 第2の関門: コンテナの建て方 • 1つ目のテストは成功したが、別のテストで失敗。 • コンテナが立てっぱなしだったので、ポートを取れなかった。 • 80/tcp —> 8080/tcp(dockerのNginxが動くport)に透過させていたのが原因。

    —> テストの開始時にdocker-compose up、終了時にdocker-compose downすることで解決。
  13. 第3の関門: コンテナの更新 • しばらくうまく動いていたが、突然テストが失敗するように。 • Jenkins Slaveでコンテナの更新を行なっていなかった。 • テスト開始前にdocker-compose pullしたが上手くいかない。あれ?

    —> ecr loginしてなかったので、docker repos.にアクセスできていなかった。 loginすることで解決。
  14. まとめ • 一部のサービスをgolangで書き直してみた。 • 今後PHPの部分はBFFっぽくなっていく予定。 • PHPをコンテナ化する必要があるが、知見が無いので、もし経験があれば教えて欲しい。 ありがとうございました。懇親会でぜひ声をかけてください!