アウトプットを継続するためにやる10箇条-吉祥寺.pm-/10_things_practicing_to_continue_output-in_kichijoji.pm

3c9c5f9a91cac73073db8bb2903bd968?s=47 mamy1326
November 22, 2018

 アウトプットを継続するためにやる10箇条-吉祥寺.pm-/10_things_practicing_to_continue_output-in_kichijoji.pm

2018/11/22(木) 吉祥寺.pm 16 でお話しする

「アウトプットを継続するためにやる10箇条
 〜登壇は怖くない!楽しい!〜」

のスライドです。

3c9c5f9a91cac73073db8bb2903bd968?s=128

mamy1326

November 22, 2018
Tweet

Transcript

  1. アウトプットを継続する ためにやる 10 箇条 ー登壇は怖くない!楽しい!   Nov 22, 2018 / 吉祥寺.pm16

      まみやなおき (まみー / @mamy1326)
  2. 自己紹介 Name Workplace Twitter  ✔ 普段は PHPer  ✔ 2017年 MySQL

    が趣味  ✔ 2018年 DNSとネットワーク が趣味 l2 :まみやなおき :合同会社ねこもり :@mamy1326(まみー)
  3. 今日の目標 アウトプットを 継続 しよう そうだ、登壇 しよう だれかの背中を 押そう 1 2

    3 l3
  4. 今日の 吉祥寺.pmの テーマ l4

  5. エンジニアとして 何を 考える? l5

  6. エンジニアとして 何を みる? l6

  7. エンジニアとして どんな 行動する? l7

  8. エンジニアとして ✔ インプットを続ける 生き物 ✔ アウトプットとして 登壇 ✔ IN/OUTの 輪廻を

    作る ✔ 誰かの 背中を押す 何を考え、みて、行動するか l8
  9. 僕の 登壇駆動 アウトプット の話 l9

  10. しかし… l10

  11. 登壇は 誰でも 不安 最初はね l11

  12. 登壇に対する不安 ・人前でしゃべるの マジ緊張   →考えるだけで変な汗が出る… ・ウケなかったらどうしよう   →静かな場に耐えられないかも… ・必要とされているのかな?   →もっと高度な話、他にたくさんあるじゃん… l12

  13. でも ちょっと 待って! l13

  14. みんな同じ ・誰でも 最初の一歩   →未経験から踏み出した ・想像以上の 反応   →同じ思い、失敗談の貴重さ ・不安を 越える   →「俺なんか」の話でいいんだ、を実感できた

    ・登壇は 楽しい!   →フィードバック嬉しい、アウトプット楽しい l14
  15. 登壇するまで ・経験を話すって 楽しそう   →最初の一歩 ・不安を 払拭   →己を知り、克服するテクニック ・登壇するまでの 10か条   →やれることからコツコツと

    ・勢いで登壇 エントリー!   →エントリーしたら…お前はもう登壇している (CV.神谷明) l15
  16. おしながき ✔ 登壇の きっかけ、変わったこと ✔ 自分の悩みを 知る ✔ 悩みを 解決

    する 5つ の方法 ✔ 登壇までにやる 10箇条 ✔ 登壇 当日 にやること ✔ 楽しくやろうぜ l16
  17. おしながき ✔ 登壇の きっかけ、変わったこと ✔ 自分の悩みを 知る ✔ 悩みを 解決

    する 5つ の方法 ✔ 登壇までにやる 10箇条 ✔ 登壇 当日 にやること ✔ 楽しくやろうぜ l17
  18. 登壇のきっかけ ・ちょうど ネタ があった   →業務で MySQL を徹底チューニングしていた ・お誘い があった   →勉強会主催の方からLT登壇依頼をいただいた

    ・アウトプット欲 があった   →my.cnf のチューニング記事を書いていた ・勢いで登壇 エントリー   →YOU やっちゃいました YO! l18
  19. いろんな人に 背中を押して いただいた l19

  20. タイミング が 良かった l20

  21. じゃあなにが 変わった? l21

  22. 登壇して変わったこと 1つのテーマを深掘りできた ✔ 登壇を機に MySQL の 基礎を習得   →クエリキャッシュ、レプリケーション… ✔ DNSの基本を知った

      →反響が想像以上だった アウトプットの質が 向上 l22
  23. 登壇して変わったこと 目標が定まった ✔ つまずいたことを基本から 話した   →困ってる人がいるはずだ… ✔ 同じ悩みが多いことに 気づいた   →階段の高さはみんな違う

    次に悩む人の 後押し をしよう l23
  24. 登壇して変わったこと 毎日の学習が習慣化 ✔ Markdownで記録   →30分以上、毎日継続(目標3ヶ月)、esaに記録 ✔ 毎日 Tweet!   →today’s study

    は〇〇、思ったことや疑問など 224日、欠かさず 継続! l24
  25. 自分の話が 必要 とされている ことを知った l25

  26. 毎日 のインプットと アウトプットが 習慣 になった l26

  27. とはいえ まだまだ 不安 がある l27

  28. おしながき ✔ 登壇の きっかけ、変わったこと ✔ 自分の悩みを 知る ✔ 悩みを 解決

    する 5つ の方法 ✔ 登壇までにやる 10箇条 ✔ 登壇 当日 にやること ✔ 楽しくやろうぜ l28
  29. 敵 を知るには まず 己 から! l29

  30. 自分の悩みを知る ・極度の あがり症   →変な汗出るし…足震えるし…吐きそうになる… ・アドリブ できない   →よく脳内が真っ白に… ・よく 噛む   →滑舌も悪く早口になってしまう…

    ・デザインセンスなし   →配置以前に色のセンスが壊滅的… l30
  31. でも アウトプットしたい! 交流 したい! l31

  32. 自分のような人の 背中を 押したい! l32

  33. おしながき ✔ 登壇の きっかけ、変わったこと ✔ 自分の悩みを 知る ✔ 悩みを 解決

    する 5つ の方法 ✔ 登壇までにやる 10箇条 ✔ 登壇 当日 にやること ✔ 楽しくやろうぜ l33
  34. 悩みを解決するには (1/5) 全てテキストに 書く ✔ 朗読すれば OK な状態に   →全て吐き出してこそスタートラインに立てる ✔

    俯瞰して確認   →相手に対しシンプルに表現できているか トークの 要件定義・全体設計 l34
  35. 悩みを解決するには (2/5) スライド別に 練り込む ✔ 1枚ずつ 作り込んで いく   →書く→読む→直す→… ✔

    スライドを 見やすく   →情報過多?、表現はシンプル?…etc 全体設計から 個別設計へ l35
  36. 悩みを解決するには (3/5) レビュアー を 見つける ✔ 客観的 な視点は重要   →自分の当たり前は他人の当たり前ではない ✔

    専門外 (妻) の人のレビューは重要   →事前情報がないだけに、全体の見易さなどに気づいてくれる 設計・コード レビュー l36
  37. #engineers_lt では スライドレビュー を 実施しています! l37

  38. 悩みを解決するには (4/5) 徹底的に リハーサル をする ✔ 言葉に 命を宿す   →内容を自分の血肉にする。自然な言葉は会場でより伝わる ✔

    自然な言葉まで 磨き上げる   →テキスト見なくとも言葉が出てくるまで(リハは最低10回) 場と人を想定した 運用テスト l38
  39. #engineers_lt では リハーサル会 を 実施しています! l39

  40. 悩みを解決するには (5/5) とにかく慣れる ✔ なんども 登壇する   →常にチャンスを伺う。同じ話を3箇所で! ✔ 経験値を 増やす

      →登壇は技術!テーマ、CfP、スライド、トークのレベルアップ 登壇への 抵抗が減る l40
  41. ここまでくれば あとは 本番 あるのみ! l41

  42. では具体的に どう 作っていく のか l42

  43. おしながき ✔ 登壇の きっかけ、変わったこと ✔ 自分の悩みを 知る ✔ 悩みを 解決

    する 5つ の方法 ✔ 登壇までにやる 10箇条 ✔ 登壇 当日 にやること ✔ 楽しくやろうぜ l43
  44. ① テーマを選定する ・伝えたい ことは何か   →困ったこと、トラブル、興味、趣味、etc ・市場で 求められる ことは何か   →選定したテーマ、市場では何が求められているか ・みんなが

    得られる ことは何か   →何を持ち帰っていただくか。独りよがりになっていないか ・自分が得られることは何か   →登壇者が気持ちいいと、聞く側も楽しい l44
  45. ② 会場を探す ・テーマに近い勉強会に 申し込む   →聞いてもらえる母数が多い場所から始める ・LTから 始める (5分)   →誰だってライブハウスからデビュー ・エンジニアリング

    以外 もOK   →資料作成テクニック、健康・生き方、料理、etc ・申し込めば 覚悟が決まる   →とにかく第一歩を踏み出す。CfP駆動登壇! l45
  46. ③ 徹底的にテキストで設計 ・テキストシナリオ を作成   →CfPの詳細版をMarkdownで ・ストーリーを 書き出す   →起承転結、自然な流れ ・エッセンスは 後から

      →まずは伝えたいことを出し切る、流れを作る ・黙読しながら ブラッシュアップ   →書いて読み、直して読み、点で個別に磨く l46
  47. ④ ラフにスライドに落とす ・段落・章ごとに 流れを作る   →スライド前後の繋がり、段落・章の繋がり、全体の流れ ・まずは ラフに書く   →実際に書くと、シナリオから大きく変わることも ・色付けは 後から

      →まずはスライドに落とし込み、全体を作る ・つながりを ブラッシュアップ   →1スライド→前後のスライド→段落・章→全体と繋がる l47
  48. ⑤ 見やすさを重視する ・情報量を 一定以下に   →1スライド1キーワード、多くなるなら個別スライドに ・PCとスクリーンは 全然違う   →最前列と最後列の見え方、解像度を考慮 ・会場の 照明を意識

      →明るい会場、暗い会場、スクリーンの真上に照明、など l48
  49. ⑥ 切り替えポイントを書く ・段落が変わる ポイントを重視   →色味、デザイン、小休止 ・休憩 ポイント   →視聴者側にも休憩が欲しい(30分以上かな) ・給水 ポイント(次スライド)

      →滑らかに話すためにも意識的に給水ポイントを l49
  50. l50

  51. ⑦ 徹底的な正確さを追求 ・丁寧な 技術検証   →根拠、検証結果をしっかり掲載 ・自信のない内容はバッサリ 削る   →講釈する側があいまいなことを言ってはいけない ・例示に ふさわしい

    単語や表現   →適当な表現はNG、ドメイン名なら「example.jp」など ・実際に 動くもの を掲載   →ソースコードや設定は実際に動かしたものを! l51
  52. ⑧ -1 徹底的にリハーサル ・まず黙読   →時間内に収まるか否か、流れに不自然さはないか   →気持ちよく繋がるか感覚で確かめる ・音読する   →音によるブラッシュアップは超重要   →ひとりしかいない!羞恥心を捨てる訓練!   →落ち着いて一人で黙読するのと全然違う

      →時間オーバーポイントをあぶり出す l52
  53. ⑧ -2 徹底的にリハーサル ・オススメ:カラオケボックス   ✔ HDMIで繋がるモニター(店員さんに確認!)   ✔ 羞恥心が消えていく(誰も聞いてないし!)   ✔ 録音、録画してあとで見直し、聞き直し

      ✔ その場で修正できる   ✔ 飽きたら思いっきり歌える(重要) l53
  54. ここまで来れば 準備万端 いつでも 登壇 できる! l54

  55. しかしまだ やれる ことは ある l55

  56. ⑨ ウケは狙わない ・笑いを取るのは 高度な技術   → 練られた内容で笑いを取るのは難易度高い   → 一部にしかわからないネタはシラケる ・笑いに来てる わけではない

      → 真面目にトークして登壇者が楽しむ!   → ウケたらラッキー!楽しさは伝染する! l56
  57. ⑩ 意識して区切って話す ・シンプル、丁寧、ゆっくり   →噛まないためには、ゆっくりシンプル丁寧しかない ・早口は 伝わりにくい   →適度な間が咀嚼のエッセンス ・後で見てねスライドを用意   →話すと長くなる、細かすぎる、でもあるといい情報   →賛否あり

    l57
  58. おしながき ✔ 登壇の きっかけ、変わったこと ✔ 自分の悩みを 知る ✔ 悩みを 解決

    する 5つ の方法 ✔ 登壇までにやる 10箇条 ✔ 登壇 当日 にやること ✔ 楽しくやろうぜ l58
  59. 登壇前にモニターチェック ✔ 解像度チェック(エントリー時)   →4:3、16:9、対応してるか事前チェックの上で ✔ 接続チェック   →持って来た or 会場のコネクターで接続確認   →純正の

    Type-C じゃないとダメ な場合も ✔ 最前列と最後列チェック   →見え方が全然違うので、自分の目でチェック   →一番情報量が多いページで確認 l59
  60. 登壇前にマイクチェック ✔ マイクへの 距離 チェック   →離れて聞こえにくくなる   →会場が広い場合は念入りに ✔ 持ち方 チェック

      →マイクスタンドだと動きが制限される   →動くと音声が遠くなる   →マイクは手持ち or ピンマイクがベスト   →「制限されないアクション」は大切 l60
  61. おしながき ✔ 登壇の きっかけ、変わったこと ✔ 自分の悩みを 知る ✔ 悩みを 解決

    する 5つ の方法 ✔ 登壇までにやる 10箇条 ✔ 登壇 当日 にやること ✔ 楽しくやろうぜ l61
  62. 今日の目標 (ふりかえり) アウトプットを 継続 しよう そうだ、登壇 しよう だれかの背中を 押そう 1

    2 3 l62
  63. エンジニアとして (ふりかえり) ✔ インプットを続ける 生き物 ✔ アウトプットとして 登壇 ✔ IN/OUTの

    輪廻を 作る ✔ 誰かの 背中を押す 何を考え、みて、行動するか l63
  64. インプットと アウトプットの 輪廻 が 技術を 楽しく する l64

  65. 楽しさ こそが モチベーション l65

  66. より 楽しくなるために 背中を押したい! l66

  67. 楽しさを 共有 して アウトプット 継続しましょう! l67

  68. l68

  69. エンジニアの登壇を応援する会 ✔ アウトプット によって ✔ 成長 することを ✔ 支援 するコミュニティ

    目的 l69
  70. エンジニアの登壇を応援する会 ✔ #初登壇 や #初執筆 を支援したい ✔ 登壇 技術の向上 を支援したい

    ✔ #駆け出しエンジニア と繋がりたい ✔ #激つよエンジニア と繋がりたい ✔ 日本酒飲みたい 趣旨 l70
  71. エンジニアの登壇を応援する会 気軽な 登壇イベント開催 テーマ 相談、事前 レビュー ありマス 登壇 リハーサル やってマス

    フィードバック 受けられマス 技術相談、キャリア相談 応援内容 l71 1 2 3 4 5
  72. エンジニアの登壇を応援する会 l72 登壇・執筆 支援 繋がり あなた

  73. エンジニアの登壇を応援する会 Join Our Slack ! l73 http://bit.ly/elt-slack

  74. アウトプットを継続する #f0f0f0 #666666 #e6855e #5ec84e #f0f0f0  あいうえおかきくけこさしすせそ #e6855e  あいうえおかきくけこさしすせそ #5ec84e

     あいうえおかきくけこさしすせそ l74