Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

re:Inventで妙なRDSが発表されてたので浦島太郎な自分が解説してみる

maroon1st
January 23, 2022

 re:Inventで妙なRDSが発表されてたので浦島太郎な自分が解説してみる

2022年01月22日に開催した JAWS-UG横浜 #42 AWS re:Invent 2021 Recap Database での発表内容です
https://jawsug-yokohama.connpass.com/event/233903/

maroon1st

January 23, 2022
Tweet

More Decks by maroon1st

Other Decks in Programming

Transcript

  1. re:Invent で妙なRDSが発表されてたので

    浦島太郎な自分が解説してみる


    クラスメソッド株式会社

    大栗 宗

    1

    View full-size slide

  2. 2
    自己紹介
    大栗 宗(@maroon1st)
    クラスメソッド株式会社所属
    某SIer → クラスメソッド →
    某外資 → クラスメソッド(2回目)
    先月入社したばかりの新入社員です!
    アライアンス統括部 に所属しておりパートナー様のサービス
    を取り扱っています。
    ウィスキー、シガー、パイプをこよなく愛してます。

    View full-size slide

  3. 3
    以前は
    AWS 導入に関する
    テクニカルコンサルティングや
    インフラ構築などを行ってました

    View full-size slide

  4. 4
    最近は
    前職でも AWS を触っておらず
    現職でも AWS がメインではないので
    2年間まともに AWS に触ってない、、、

    View full-size slide

  5. 5
    現在は
    浦島太郎状態

    View full-size slide

  6. 6
    re:Invent の Database Update
    1. Amazon DevOps Guru for RDS を発表
    2. Amazon RDS Custom for SQL Server を発表
    3. Amazon DynamoDB Standard IA table class を発表
    4. AWS DMS Fleet Advisor を発表
    5. 新しい DMS コンソール AWS DMS Studio を発表
    6. Amazon Timestream の速度とコスト効率を改善

    View full-size slide

  7. 7
    re:Invent の Database Update
    1. Amazon DevOps Guru for RDS を発表
    2. Amazon RDS Custom for SQL Server を発表
    3. Amazon DynamoDB Standard IA table class を発表
    4. AWS DMS Fleet Advisor を発表
    5. 新しい DMS コンソール AWS DMS Studio を発表
    6. Amazon Timestream の速度とコスト効率を改善

    View full-size slide

  8. 8
    Amazon RDS Custom
    OSやデータベースのカスタマイズが
    必要なアプリケーション向けの
    マネージドデータベースサービス

    View full-size slide

  9. 9
    OS や SQL Server のカスタマイズが
    自由にできる!

    View full-size slide

  10. 10
    大いなる力には、大いなる責任が伴う

    View full-size slide

  11. 11
    RDS Custom の責任共有モデル
    特徴 Amazon RDS RDS Custom DB on EC2
    アプリケーションの最適化 お客様 お客様 お客様
    スケーリング AWS 共有 お客様
    高可用性 AWS 共有 お客様
    データベースのバックアップ AWS 共有 お客様
    データベースソフトウェアのパッチ AWS 共有 お客様
    データベースソフトウェアのインストール AWS 共有 お客様
    OSパッチ AWS お客様 お客様
    OSのインストール AWS 共有 お客様
    サーバのメンテナンス AWS AWS AWS
    ハードウェアのライフサイクル AWS AWS AWS
    電力、ネットワーク、および冷却 AWS AWS AWS
    https://docs.aws.amazon.com/AmazonRDS/latest/UserGuide/Welcome.html

    View full-size slide

  12. 12
    責任は RDS と EC2 の中間
    仮想マシンより上のレイヤーは
    ユーザーが責任を有する

    View full-size slide

  13. 13
    RDS Custom for SQL Server の実態
    実態は普通の EC2 で動きます

    View full-size slide

  14. 14
    RDS Custom for SQL Server の実態
    AMI もカスタムの SQL Server 付きの Windows
    Server で、起動時に共有されます

    View full-size slide

  15. 15
    つまり SQL Server on EC2 の管理を
    良い感じにやってくれる様な
    サービスと言えると思います

    View full-size slide

  16. 16
    Amazon RDS Custom for SQL Server の 各種ユーザー
    OS : Local の Administrator 権限
    SQL Server : sysadmin 権限
    つまり、やりたい放題

    View full-size slide

  17. 17
    とは言え、問題があれば
    自動復旧を試みてくれます

    View full-size slide

  18. 18
    RDS Custom Agent を止めてみる

    View full-size slide

  19. 19
    RDS Custom is performing corrective actions to recover
    the RDS Custom agent for your instance database-1
    自動で修復処置をしてくれます

    View full-size slide

  20. 20
    でも変なことをすると
    データベースファイルをDドライブ以外に置く

    View full-size slide

  21. 21
    ステータスが……

    View full-size slide

  22. 22
    RDS イベントで教えてくれる
    The RDS Custom instance is going out of perimeter
    because an unsupported configuration was used for
    database files location

    View full-size slide

  23. 23
    Demo
    実際の画面を見てみましょう

    View full-size slide

  24. 24
    まとめ
    ● Amazon RDS Custom はカスタムが必要な時使うもの
    ● 実態は EC2 で良い感じに運用してくれるサービス
    ● 今までの RDS と異なりOS 以上のレイヤーから
    ユーザーにも責任が出てくる
    ● ある程度は自動復旧してくれるが「サポートされていない
    状態」の場合はユーザーが復旧処理をする

    View full-size slide