Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

MySQL 5.1 から Aurora への移行

MySQL 5.1 から Aurora への移行

Yusuke Matsuura

June 10, 2016
Tweet

More Decks by Yusuke Matsuura

Other Decks in Programming

Transcript

  1. .Z42-͔Β"VSPSB΁ͷҠߦ  (FFLT8IP%SJOL  'SJ  https://visualhunt.com/photo/30407/

  2. 松浦祐亮 (Yusuke Matsuura) @matsuzj Infrastructure Engineer @ nulab About me

  3. None
  4. ೔ຊʹࡾڌ఺ ෱Ԭຊࣾɺ౦ژɺژ౎  χϡʔϤʔΫࢧࣾ ୆࿷ɺγϯΨϙʔϧɺϕτφϜɺΞϦκφ

  5. 国内を中⼼に 約3500クライアント が利⽤するプロジェクト管理ツール タスク管理機能に加え、 •  WebDAVによるファイル共有 •  GitやSubversionのリポジトリホスティング などを提供。 http://www.backlog.jp

  6. 全世界 約200万ユーザ が利⽤するオンラインのドローツール 基本的なドローツールの機能に加え複数のユーザで同時に編集出来るリアルタイム コラボレーションなど、コラボレーション機能が充実。 http://cacoo.com/

  7. ヌーラボサービスとの連携が便利なチャットツール。 デスクトップ、モバイル版と利⽤環境も充実。 https://typetalk.in/

  8. ͔͜͜Β͕ຊ୊Ͱ͢

  9. .Z42-஌ͬͯ·͔͢ʁ

  10. 3%4஌ͬͯ·͔͢ʁ

  11. "VSPSB஌ͬͯ·͔͢ʁ

  12. "VSPSBͬͯԿͳͷʁ

  13. .Z42- σʔλϕʔε ͷӡ ༻্ͭΒ͍ͱ͜ΖΛΑ͠ͳʹ؅ ཧͯ͘͠ΕΔϚωʔδυαʔϏ εͰ͢

  14. ͭ·ΓͲ͏͍͏΋ͷʁ

  15. •  "VSPSBσʔλϕʔεΤϯδϯ͸*OOP%# ετϨʔδΤϯδϯΛ࢖༻͢Δ͜ͱͰ .Z42-ͱڧ͍ޓ׵ੑΛ࣋ͬͯ·͢ MySQLとの互換性

  16. •  "VSPSBετϨʔδ͸(#୯ҐͰ࠷େ 5#·ͰɺσʔλϕʔεͷύϑΥʔϚ ϯεʹӨڹΛ༩͑ͣʹ֦ு͞Ε·͢ スケーラビリティ(拡張性)

  17. •  "VSPSBͷσΟεΫো֐ʹର͢Δߴ͍ରো ֐ੑͱߴ౓ͳϨϓϦέʔγϣϯ •  ෳ਺୆ͷϊʔυͰΫϥελʔΛߏ੒ͯ͠ ͓͚͹෼Ҏ಺ʹϑΣΠϧΦʔόʔ͕׬ ྃ͢Δ •  "VSPSB୯ମͰ΋෼Ҏ಺ʹো֐͔Βճ ෮͠·͢

    •  ΫϩεϦʔδϣϯϨϓϦΧͷ࡞੒͕Մೳ アベイラビリティ(可⽤性)
  18. •  ϓϩϏδϣχϯά •  ύονͷద༻ •  όοΫΞοϓ •  ϦΧόϦ •  ো֐ݕग़

    •  ϦϖΞ そのほかにも・・
  19. ࠓճͷςʔϚ͸ͦ͢͝͏ͳσʔ λϕʔεͰ͋Δ"VSPSBʹՔಇ தͷαʔϏεͷσʔλΛҠߦ͢ Δ࿩Λ͠·͢ɻ

  20. •  ԿނҠߦͨ͠ͷ͔ʁ •  ҠߦͷܾΊख͸Կ͔ʁ •  Ҡߦखॱͷ঺հ •  ·ͱΊ アジェンダ

  21. ԿނҠߦͨ͠ͷ͔ʁ

  22. •  ࡢ೥຤ʹେ͖Ίͷ%#ো֐͕ൃੜͨ͠ •  ೔ʑαʔό͕૿͍͍͑ͯͬͯΔ •  ӡ༻ͷ؅ཧίετΛԼ͍͛ͨ 何故移⾏したのか?

  23. ҠߦͷܾΊख͸Կ͔ʁ

  24. •  ઌߦͯ͠Ҡߦͨ͠ψʔϥϘΞΧ΢ϯτͰ ҆ఆՔಇ͍ͯ͠Δ •  ৽͍͠#BDLMPH؀ڥͰ͸"NB[PO3%4 GPS.Z42-ͰͷՔಇ࣮੷͕͋ͬͨ 移⾏の決め⼿は何か?

  25. Ҡߦखॱͷ঺հ

  26. •  .Z42-͔Β.Z42-΁ͷΞοϓ άϨʔυ •  .Z42-͔Β3%4GPS.Z42- ΁ͷ੾Γସ͑ •  3%4GPS.Z42-͔Β"NB[PO "VSPSB΁ͷ੾Γସ͑ 移⾏のながれ

  27. ⼿順 0 移⾏前の状態

  28. ⼿順 1 MySQL 5.5 のスレーブを作成してレプリケーション を開始する

  29. ⼿順 2 MySQL 5.6 のスレーブを作成してレプリケーション を開始する

  30. ⼿順 3 MySQL 5.6 をマスターに切り替えてアプリケーショ ンを稼働させる

  31. ⼿順 4 Amazon RDS for MySQL 5.6 を⽴てて、移⾏⽤に MySQL 5.6

    のスレーブを作成する
  32. ⼿順 5 MySQL 5.6 のスレーブのレプリケーションを停⽌し、 テーブル単位で mysqldump を実施する

  33. ⼿順 6 Amazon RDS for MySQL 5.6 を起動し mysqldump で取得したデータをリストアする

  34. ⼿順 7 MySQL 5.6 をマスター、Amazon RDS for MySQL 5.6 をスレーブとしたレプリケーションを構成する

  35. ⼿順 8 MySQL 5.6 のスレーブのレプリケーションを開始す る

  36. ⼿順 9 Amazon RDS for MySQL 5.6 をマスターに切り替 えてアプリケーションを稼働させる

  37. ⼿順 10 Amazon RDS for MySQL 5.6 のリードレプリカを 作成してレプリケーションを⽌め、バイナリログが削除され るのを防ぐ

  38. ⼿順 11 Amazon RDS for MySQL 5.6 のリードレプリカの スナップショットを作成する

  39. ⼿順 12 Amazon RDS for MySQL 5.6 のリードレプリカの スナップショットからAuroraインスタンスを⽴ち上げる

  40. ⼿順 13 Amazon RDS for MySQL 5.6 をマスター、 Amazon Aurora

    をスレーブとしたレプリケーションを構成 する
  41. ⼿順 14 Amazon Aurora をマスターに切り替えてアプリ ケーションを稼働させる

  42. ·ͱΊ

  43. まとめ •  3%4ʹσʔλΛҠ͢ͷ͕΋ͬͱ΋͕࣌ؒ ͔͔ͬͨɻ •  "VSPSBʹҠߦ͔ͯ͠Β҆৺ײ͸͋Γ·͢ ͕ɺۤ࿑͕ͳ͗ͯ͢͞·ͩྑ͞Λ࣮ײग़ དྷ͍ͯ·ͤΜ

  44. ࣮࿥ʂαʔϏεΛࢭΊͣʹ"NB[PO"VSPSB΁Ҡߦ ͨ͠࿩ IUUQTOVMBCJODDPNKBCMPHOVMBCNJHSBUF UPBVSPSB  ີண࣌ʂ.Z42-͔Β"VSPSB΁ͷҠߦ ೔ؒʙ#BDLMPHฤ IUUQTOVMBCJODDPNKBCMPHCBDLMPH NJHSBUFBVSPSB 

    Aurora のブログの紹介
  45. インフラエンジニア募集中!! IUUQTOVMBCJODDPNKBDBSFFS