Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Running Leanやってみる

B2fb47def0264472c55b1c8f255c898f?s=47 Susumu Miwa
March 01, 2013
56

Running Leanやってみる

Running Leanのリスク評価について

B2fb47def0264472c55b1c8f255c898f?s=128

Susumu Miwa

March 01, 2013
Tweet

Transcript

  1. Running Leanをやってみ{る,た} 三輪晋 2013-02-27

  2. お品書 おさらい リスクを見つける

  3. おさらい

  4. Running Leanのメタ原則 プランAを文書化する プランで最もリスクが高い部分を見つける プランを体系的にテストする

  5. Running Leanのメタ原則 プランAを文書化する プランで最もリスクが高い部分を見つける プランを体系的にテストする

  6. スタートアップの3つのステージ 課題解決フィット 製品市場フィット 拡大

  7. Running Leanは、プランAが果たして顧 客に受け入れられるのかどうか、そもそも ソレを必要とする顧客が居るのかどうか、 といったことを実証実験しつつビジネスを 進めていく手法のこと。 ときにはプランAの前提が誤っているので 軌道修正する必要があるかもしれない。そ のときはプランBを作り、再び実証実験し ながらビジネスをしていく。

  8. http://www.jp.square-enix.com/info/library/dldata/PM/PM.pdf

  9. http://www.jp.square-enix.com/info/library/dldata/PM/PM.pdf

  10. リスクを見つける

  11. プランで最もリスクが高い部分を見 つける 最初に作ったビジネスモデル(プランA)は仮 説である。 この仮説が正しいのかどうかをテストす る。 「役に立たないものを作る」というリスク をテストする。

  12. そんなプランで大丈夫か?

  13. 大丈夫だ、問題ない

  14. None
  15. 神は言っている。ここでポシャる 運命ではないと

  16. 一番いいプランを頼む

  17. http://www.jp.square-enix.com/info/library/dldata/PM/PM.pdf

  18. リーンキャンバスのリスクを分類 製品リスク(P):正しい製品を作る 顧客リスク(C):顧客への経路を作る 市場リスク(M):実現可能なビジネスを作 る

  19. P M 既存の代替品 P P P P M M M

    C C C ハイレベルコンセプト アーリーアダプター
  20. ステージ 製品リスク 顧客リスク 市場リスク 1 解決に値する課題かど うかを確認 不満を持っている人を 特定 既存の代替品から競合

    他社を特定してソ リューションの価格を 設定 2 最小限のソリューショ ン(MVP)を決定 製品を今すぐに欲しい と思うアーリーアダ プターに範囲を狭める 顧客の声を聞いて価格 をテスト(口約束) 3 MVPを構築して、小規 模に検証(UVPのデモ) アウトバウンドチャ ネルから開始しても構 いません。 顧客の行動を見て価格 をテスト 4 大規模に検証 少しずつ拡大可能なイ ンバウンドチャネル も構築/開発 ビジネスモデルがうま くいくようにコスト構 造を最適化 段階的にリスクを考える
  21. 1 既存の代替品 4 3 2 4 3 1 2 3

    1 アーリーアダプター 2 4
  22. 1 既存の代替品 1 1 アーリーアダプター 解決に値する課題かど うかを確認 不満を持っている人を 特定 既存の代替品から競合

    他社を特定して、ソ リューションの価格を 設定
  23. 既存の代替品 2 2 アーリーアダプター 2 最小限のソリューショ ン(MVP)を決定 製品を今すぐに欲し いと思うアーリーア ダプターに範囲を狭

    める 顧客の声を聞いて価格 をテスト(口約束)
  24. 既存の代替品 3 3 3 アーリーアダプター MVPを構築して小規模 に検証(UVPのデモ) アウトバウンドチャネ ルから開始してもよい 顧客の行動を見て価格

    をテスト
  25. 既存の代替品 4 4 アーリーアダプター 4 大規模に検証 少しずつ拡大可能なイ ンバウンドチャネルも 構築/開発 ビジネスモデルがうま

    くいくようにコスト構 造を最適化