Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

ゼロから始める新規ビジネス領域のプロダクト開発 / the new business product development from zero to one

ゼロから始める新規ビジネス領域のプロダクト開発 / the new business product development from zero to one

BIT VALLEY 2020 プレイベント#3
「リモート時代に、進化し続けることのできる開発チームのあり方」
での発表資料です。
https://sbv.connpass.com/event/184600/
#bitvalley2020

B16717ef4b7aab0b253d933c3934f280?s=128

mixi_engineers

August 19, 2020
Tweet

Transcript

  1. ©TIPSTAR ゼロから始める新規ビジネス 領域のプロダクト開発 2020/08/19 川⼜ 義照

  2. ©TIPSTAR ゼロから始める新規ビジネス領域のプロダクト開発 ゼロからのプロダクト開発に⼤事なこと チームに起こった変化 チームが変化した結果 はじめに

  3. ©TIPSTAR はじめに

  4. ©TIPSTAR ⾃⼰紹介 株式会社 ミクシィ モンスターストライク サーバーサイドエンジニア → 開発本部所属 たんぽぽG 新規事業開発⽀援

    → ライブ動画プロダクト開発G 開発マネージャー 川⼜ 義照 @4cteru
  5. ©TIPSTAR ゼロからのプロダクト開発に ⼤事なこと

  6. ©TIPSTAR TIPSTAR ・競輪で遊ぶWebサービス ・365⽇10:30からライブ配信 ・予想者の⾞券に乗っかる機能 ・ios, android 開発中

  7. ©TIPSTAR ゼロからのプロダクト開発に⼤事なこと 状況と共にチームを変化させていくこと 0 1

  8. ©TIPSTAR チームの状況 チーム アーキテクチャ デザイン etc. 仕様 スケジュール リソース 考えないといけないことがたくさんあった・・・

  9. ©TIPSTAR x チームを取り巻く状況 チーム 会社 事業領域 社会 でも実際にはさらに チームを取り巻く 状況があった・・・

    コロナ
  10. ©TIPSTAR チームに起こった変化

  11. ©TIPSTAR 変化のタイムライン 0 1 チーム規模 ワークフロー タスク管理 2020年6⽉ 4⼈ 30⼈

    コロナ 2020年3⽉ 20⼈ スプリント フェーズ カンバン
  12. ©TIPSTAR チーム規模の変化 4名 PO 企画 マネージャー デザイン マネージャー 開発 マネージャー

    リーダー リーダー リーダー PO デザイン 開発 開発 30名以上
  13. ©TIPSTAR 仲間のメンバーを増やす際に意識したこと POだけではなく⾃分も魅⼒を伝える このサービスの コンセプトは〜 このサービスの ⾯⽩いところは〜 メンバーにとって のメリットは〜

  14. ©TIPSTAR ワークフローはまだない時代・・・ 1wのスプリントで検証⽤モック作成 スプレッドシートでWBS管理 0 1 ⽴ち上げ期 事業領域の分析

  15. ©TIPSTAR ワークフローを整えていく・・・ リリースに向けたMVPと優先度に 合わせてPhaseごとの機能開発 Phase 1 Phase 2 Phase 3

    Phase 4 0 1 事業承認 チーム拡⼤開始
  16. ©TIPSTAR 本格的にワークフロー化 プロジェクトの優先度が変化 チーム外との連携強化が必要となり ガントチャートを利⽤ 0 1 ディレクター参加 連携部署増加

  17. ©TIPSTAR リモートも踏まえてワークフロー化 進捗の⾒える化・追加機能開発 管理を狙いカンバンを利⽤ 0 1 フルリモートワーク 運⽤体制構築

  18. ©TIPSTAR チームが変化した結果

  19. ©TIPSTAR 成⻑することができた 0 1 チーム規模 ワークフロー タスク管理 変化への対応⼒ 2020年6⽉ 4⼈

    30⼈ コロナ 2020年3⽉ 弱 20⼈ 強 スプリント フェーズ カンバン
  20. ©TIPSTAR チームの成⻑=変化に強くなること コロナ禍のコミュニケーション変化 機能の追加開発、仕様変更 事業領域の動向変化 x 変化を事前に察知 予測することでさら に強いチームに

  21. ©TIPSTAR 変化を事前に察知予測するためには チーム⽂化を作る 状況を共有することでの⽬的の理解 ワークフローによるタスクへの理解 理解が深まることで変化への 判断・予測が可能になる

  22. ©TIPSTAR そして進化し続ける 状況と共に変化していくことで 周りの変化にも強いチームに成⻑できる 0 1

  23. ©TIPSTAR