僕のフロントエンド奮闘記コンポーネントで、すったもんだ

031dd09ff7d5053f842b5f7bf7707c54?s=47 nao-bt
February 24, 2018

 僕のフロントエンド奮闘記コンポーネントで、すったもんだ

We Are JavaScripters! @16th【初心者歓迎LT大会】の資料です。
https://wajs.connpass.com/event/78939/

031dd09ff7d5053f842b5f7bf7707c54?s=128

nao-bt

February 24, 2018
Tweet

Transcript

  1. 僕のフロントエンド奮闘記 コンポーネントで、すったもんだ Nao-bt

  2. 自己紹介 文系出身・プログラミング歴は約5年目。 サーバーもフロントもやる人。 ※できるとは言っていない。日々勉強中。 JSに関しては 前の会社でAngularJsの1.4系を業務で利用。 徐々にJSの面白みを感じ、個人的にフレームワークを中心に 勉強しはじめる。 いまの会社では レガシーでローカル開発環境のない基幹システムを

    Vueを利用してリプレースしてます(主にフロント担当)。
  3. 今日は、コンポーネントで すったもんだした話。

  4. JSフレームワークを使った開発を これから始める人に参考になれば・・・。

  5. コンポーネント指向って? 画面をUIパーツごとに 分割して作り、組み合わせる。 パーツごとに作るから、 再利用しやすく 分業やテストがしやすい。

  6. コンポーネント間のやりとり props down(親→子), events up(子→親)

  7. 親 子 親は子が どんなプロパティを受け取り どんなイベントを返すかを知っている。 子は親を知らなくてもいい。 コンポーネントの階層が深くなれば バケツリレーのようにしていく。

  8. 親は子を必ず知っているが、 子は親を知らなくてもいい。 再利用可能なコンポーネントの肝

  9. JSフレームワークを使うと コンポーネント指向に基づく 開発ができる

  10. でも どんなふうに どれくらいの細かさで コンポーネントって区切るんだ??

  11. サーバーサイドのMVCみたいな 目安になるような分け方の 基準はないのかなぁ

  12. そんなときに巡り合ったのが・・・

  13. Atomic Design

  14. コンポーネントの単位を5つの大きさに分けて作る考え方。 Atoms(原子) Molecules(分子) Organisms(有機体) Templates(テンプレート) Pages(ページ)

  15. 引用元:http://atomicdesign.bradfrost.com/chapter-2/

  16. なんとなくよさげだ これでいってみよう。

  17. Vuexも使ってみよう

  18. Vuexを使うことで アプリの状態(データや storeとよばれることも)を コンポーネントから分離することができる。 親子関係のないコンポーネント間でも 状態の表示や変更が可能。 わざわざバケツリレーを書かなくてもよくなる。 Vuex公式サイトより、 Vuex を使った最も基本的なカウンターアプリの例

  19. バケツリレーしなくていいなんて 素敵! 実装がはかどる!!

  20. そう、このとき、 私は浮かれていました・・・。

  21. バケツリレーの代わりにコンポーネント内に Vuex用の記載が増えていった。 ※実際のソースは見せれないので  Vuex公式のサンプルより

  22. どんなAction、Mutationがあるかを知らないと 成立しないコンポーネントを大量生産

  23. Vuexと蜜結合で再利用できない

  24. Atomic Designの振り返り ・これ再利用するかな?って場合が多々ある。 ・回数制限を設けて、既定の回数同じのを書いたら、  コンポーネント化するとかもありでは? ・初期は大変だろうけど、どんどん開発が進むにつ入れて楽になる。 ・一般ユーザー向けの場合は、見栄えとか重要だから  同じようなコンポーネントがたくさんできそう。

  25. ・Pagesコンポーネントの階層に  Vuexをまとめて、そこから下の階層に  バケツリレーすべきだった。 ・でも急いで実装しないといけない時は  Vuexは助かる。(でも麻薬だと思う) Vuexとの組み合わせについての振り返り

  26. よく考えて実装しないと 大変なことになる・・・。 他の人達がどんな コンポーネント管理してるか気になる! 懇親会で 教えてください・・・。