Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Oracle Exadata Database Service:サービス概要のご紹介

Oracle Exadata Database Service:サービス概要のご紹介

https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/oci-exacs-overview
Oracle Exadata Database Serviceは、世界No1のデータベースとExadataを組み合わせた、世界でもっとも最適なクラウド・データベース・プラットフォームです。もっともパワフルなデータベース・プラットフォームに、パブリック・クラウドの容易性とコスト優位性というメリットを加えています。

oracle4engineer
PRO

December 01, 2022
Tweet

More Decks by oracle4engineer

Other Decks in Technology

Transcript

  1. ⽇本オラクル株式会社 事業戦略統括 事業開発本部 2022年12⽉ サービス概要のご紹介 Oracle Exadata Database Service

  2. • Oracle Cloud Infrastructure • Oracle Exadata Database Service アジェンダ

    Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 2
  3. Oracle Cloud Infrastructure (PaaS/IaaS) & Oracle Cloud Applications (SaaS) Oracle

    Cloud Oracle Cloud Applications Global Cloud Data Center Infrastructure Commercial and Government Public Cloud Regions | [email protected] | Dedicated Regions | Roving Edge Security | Governance | Compliance アプリケーション開発 DevOps インテグレーション コンテナ 管理・監視 ⾃動化 ネイティプVMware 機械学習 AI コンピュート ストレージ 分析・BI データサイエンス リレーショナル・ データベース その他のデータベース ネットワーク ERP SCM HCM ACX IA Enterprise Resource Planning Supply Chain and Manufacturing Human Capital Management Advertising and Customer Experience Industry Applications Oracle Cloud Infrastructure Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 3
  4. Oracle Cloud Infrastructure が採⽤される理由 より良いサービスを 適切な価格で より堅牢な セキュリティの実現 よりデータ活⽤に 最適な環境

    1 2 3 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 4
  5. ミッションクリティカル・エンタープライズ・ワークロードのため 0から設計・構築したクラウド基盤 リージョン (東京、⼤阪など) 物理ネットワーク 仮想クラウド・ネットワーク サービス AD1 AD2 AD3

    • 物理コア専有環境 • ⾼速なハードウェアを標準採⽤ • ネットワーク仮想化を分離し、 専⽤のハードウェアで実⾏ • 低遅延/⾼帯域 • フラットなネットワーク • オーバーサブスクリプションなし • 世界中で40リージョンを展開 • お客様DCへの展開も可能に • マルチクラウドへの拡張 SaaS Applications DWH Big Data AI HPC/Simulation ISVs ミッションクリティカル・システム ⼤規模ワークロード Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 5
  6. ⾼品質と低価格の両⽴を実現 より良いサービスを適切な価格で 性能 価格 コンピュート メモリ ブロック ストレージ 仮想マシン コンピュート

    ブロック ストレージ ネットワーク サポート料⾦込み 性能もSLAで担保 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 6
  7. ブロックストレージ IOPS ⽐較 第三者機関検証によるストレージの圧倒的パフォーマンス https://www.storagereview.com/review/oracle-cloud-infrastructure-compute-bare-metal-instances-review https://www.storagereview.com/dell_emc_unity_450f_allflash_storage_review 0 50000 100000 150000

    200000 250000 300000 350000 Microsoft SQL Oracle Database Oracle 他社 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 7
  8. ⼀般的な可⽤性だけでなく、性能/管理も加える 安定した⾼速な基盤を元に、業界初のSLAを定義 可⽤性 (利⽤できるか) 性能 (性能を満たしているか) 管理 (管理操作ができるか) https://www.oracle.com/cloud/iaas/sla.html A社

    B社 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 8
  9. 利⽤頻度の⾼いサービス3つ全てで低価格を実現 圧倒的なコストパフォーマンス Oracle の強み Oracle 他社クラウド Compute ü 同⼀リソースを低価格で 提供

    ü CPU/メモリを柔軟に選択 可能 (フレキシブル・シェイプ) ¥41.44/時 Compute (VM.Standard.E4; 16vCPU, 64GB, Linux) ¥125.44/時 仮想マシン (16vCPU, 64GB, Linux) Storage ü 他社標準ストレージ価格 で、⾼性能ストレージを 提供 ü 性能に対するSLAあり ¥5,950/⽉ Block Volume (1TB, 25K IOPS) ¥278,880/⽉ ブロック・ストレージ (1TB, 25K IOPS) Network ü AD間無償 ü 10TB/⽉まで無償 ü 閉域網接続時はデータ 転送無償 ¥22,134/⽉ FastConnect (1Gbps, 100TB) *閉域網接続 ¥603,686/⽉ 接続サービス (1Gbps, 100TB) *閉域網接続 ¥ 67% 低価格 ¥ 98% 低価格 ¥ 96% 低価格 Compute: 同⼀リソースを低価格で提供、⾼い柔軟性 (フレキシブル・シェイプ) Storage/Network: トランザクションやデータ転送量による料⾦変動を低減する料⾦体系 * as of December 2022, Tokyo Region Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 9
  10. Oracle Cloud Infrastructureは圧倒的低価格 ⾒落とされがちな、クラウドから外部へのデータ転送コスト ポイント1︓ 最初の10TBまで無償 (他社では100GBまで) ポイント2︓ 単価が安価 (3.5円/GB)

    (他社の1/3-1/4) ポイント3︓ 閉域網接続では課⾦なし (接続ポート料⾦のみ) 外部へ(アウトバウンド通信)のデータ転送コスト 0 50 100 150 200 250 300 0 2 4 6 8 10 12 14 16 18 20 千円/月 送信データ(TB/月) オラクル 他社 100GBまで 無償 10TBまで無償 ¥12-16/GB ¥3.5/GB クラウド オンプレミス 他リージョン 他クラウド 発⽣ Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 10 * as of December 2022, Tokyo Region
  11. より堅牢なセキュリティの実現〜セキュリティ・ファーストで設計されたクラウド データ中⼼の セキュリティ ⾃動化された セキュリティ 管理 セキュリティ ・バイ・デザイン SECURITY ON

    THE CLOUD SECURITY OF THE CLOUD + 強⼒、完全なテナント分離 強制的な暗号化 (Database/Storage/Network) 階層型権限管理 リスクのある設定を⾃動検知 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 11 * WAF: Web Application Firewall 脆弱性スキャン リスクにつながる振る舞いを検知 脅威インテリジェンス情報の集約 Oracle SaaSの利⽤状況の監視 セキュリティポリシーの⾃動有効 特権ユーザーのアクセス制御 ボット対策とWAF*/ 次世代ファイアウォール 多要素認証とリスクベース認証 重要情報の隠蔽 セキュリティ構成 機密データ発⾒ アクティビティ監査 DBセキュリティ対策の⾃動化 脆弱性⾃動修復 ⾃動化されたログ分析 Defense In Depth
  12. Oracle Cloud Infrastructure: その分野のプロがSaaS基盤として選択するクラウド 世界最⼤のコンピュータネットワーク 機器ベンダー ハードウェアやソフトウェアセンサーからテレメト リー情報を収集し、データを⾼度な機械学習技 術によって分析するSaaS (Cisco

    Tetration) で OCIを採⽤ 数千コア以上の⼤規模アプリケーションを2ヶ⽉ で稼働 インテリジェンス主導型のセキュリティ 企業 なりすまし攻撃、フィッシング、スパムによるEメー ル脅威の対策を提供するSaaSでOCIを採⽤ ⾼度なリアルタイム分析をベアメタル・インスタン スを活⽤することでクラウドで実現 業界をリードするサイバーセキュリティ 企業 脅威の識別、調査、解決を⾏うクラウドベースの SIEMソリューション(McAfee ESM Cloud)で OCIを採⽤ 他社クラウドに⽐べ1/4のコストで実現 60万データソースにおける1秒当たり50万イベン トをサポート Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 12
  13. Oracle Cloud Infrastructure をご利⽤いただいているお客様 2022年6⽉時点 https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/oci-customer-reference Copyright © 2022, Oracle

    and/or its affiliates 13
  14. 2022年12⽉現在︓40リージョン提供中、さらに9リージョン計画 Oracle Cloud Infrastructure(OCI)のリージョン Copyright © 2022, Oracle and/or its

    affiliates 14 https://www.oracle.com/cloud/cloud-regions/ SYDNEY MELBOURNE SANTIAGO VINHEDO SAO PAULO CHILE 2 COLOMBIA JEDDAH JERUSALEM DUBAI MUMBAI HYDERABAD SAUDI 2 ABU DHABI ISRAEL 2 CHUNCHEON SEOUL TOKYO OSAKA SINGAPORE JOHANNESBURG 33 Commercial 7 Commercial Planned 7 Government 12 Microsoft Azure Interconnect 2 Sovereign Planned SAN JOSE PHOENIX CHICAGO ASHBURN TORONTO MONTREAL QUERETARO MEXICO 2 NEWPORT AMSTERDAM FRANKFURT ZURICH LONDON STOCKHOLM MILAN PARIS MADRID MARSEILLE SPAIN GERMANY SERBIA デュアル・リージョン︓基本的にすべての国/地 域で2つ以上のリージョンを提供し、 お客様の業務継続要件に対応していく (⽇本の場合は東京-⼤阪) 各リージョンはOracle Backboneで接続 サステナビリティ︓2025年までに、全リージョンで 100%再⽣可能エネルギーを使⽤することを表明 (南⽶/欧州は2021年達成)
  15. Oracle Cloud Infrastructure が採⽤される理由 より良いサービスを 適切な価格で より堅牢な セキュリティの実現 よりデータ活⽤に 最適な環境

    1 2 3 この後は こちらをテーマにお話します Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 15
  16. • Oracle Cloud Infrastructure • Oracle Exadata Database Service アジェンダ

    Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 16
  17. Oracle Cloud Infrastructure: サービス構成 インフラストラクチャ コンピュート Bare Metal / VM

    コンテナ K8s, Registry ストレージ Block, File, Object, Archive ネットワーク VCN, LB, VPN FastConnect データ管理 データ管理 Database Migration Data Integration, Catalog データ処理 Data Flow Big Data Autonomous Database Transaction, Data Warehouse データベース Bare Metal, VM Exadata, NoSQL, MySQL, SQL Server アプリケーション開発 サーバーレス Functions, Events API Gateway, Streaming インテグレーション Integration, Apiary アナリティクス Analytics Analytics, Cloud SQL Data Science 開発者 DevOps Low Code Visual Builder Digital Assistant APEX 開発者 Developer API/SDKs Infrastructure as Code Resource Manager Terraform セキュリティ ガバナンス ガバナンス IAM, Policy, Tagging Compartment Cost Analysis セキュリティ IAM, Encryption Vault, DDoS, WAF 監視 Monitoring, Logging Notification, Events, Alarm Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 17
  18. Oracle Cloud Infrastructureのデータ管理サービス エンジン/データ・タイプ Oracle Database MySQL NoSQL Hadoop Blockchain

    OCI サービス • Base Database • Exadata Database • Autonomous Database • MySQL HeatWave Database Service • NoSQL Database Service • Big Data Service • Blockchain Platform ワークロード トランザクション処理 分析処理 機械学習 トランザクション処理 分析処理 機械学習 トランザクション処理 分析処理 トランザクション処理 活⽤ケース 既存/新規システム 既存/新規システム 新規システム 既存システム 新規システム 提供場所 OCI (パブリック・クラウド) Dedicated [email protected] (専有クラウド@お客様DC) Exadata [email protected] (専有クラウド@お客様DC) Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 18
  19. Oracle Cloud Infrastructureのデータ管理サービス エンジン/データ・タイプ Oracle Database MySQL NoSQL Hadoop Blockchain

    OCI サービス • Base Database • Exadata Database • Autonomous Database • MySQL HeatWave Database Service • NoSQL Database Service • Big Data Service • Blockchain Platform ワークロード トランザクション処理 分析処理 機械学習 トランザクション処理 分析処理 機械学習 トランザクション処理 分析処理 トランザクション処理 活⽤ケース 既存/新規システム 既存/新規システム 新規システム 既存システム 新規システム Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 19 Oracle Database = コンバージド・データベース 個別サービスは提供しているが、 すべてのデータ・タイプ、ワークロードをOracle Databaseで管理することが可能
  20. シングル・データ・プラットフォームがデータドリブン実践の鍵 従来 理想 • 散在するデータ、複雑なデータ配置 • 複雑なデータ活⽤、価値提供の鈍化 • 多⼤なセキュリティリスク、運⽤保守コスト •

    集約され、⼀貫性のあるデータ • 市場変化に追従する、鮮度のよいデータ活⽤ • ⼀元化されたセキュリティ、シンプルな運⽤保守 データタイプ、機能別のデータサイロ 集約された、シングル・データ・プラットフォーム 基幹システム 分析 新規アプリ 基幹システム 分析 新規アプリ Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 20
  21. オラクルが提供するシングル・データ・プラットフォーム コンバージド機能 シングル・データ・プラットフォーム 構造化 データ JSON キー バリュー 地理情報 グラフ

    ファイル あらゆるデータタイプとワークロード に1つのデータベースで対応 企業内の様々なデータ ブロック チェーン JSON ハイパー スケール 機械学習 地理情報 グラフ 永続化 メモリ インメモリ アナリティクス マルチ テナント Cloud Integration インメモリ IoT オンプレミス Oracle Autonomous Database Oracle Exadata Database Service Oracle Exadata Cloud @Customer Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 21
  22. 地図制作業務におけるデジタル変⾰推進を⽀える基盤をOracle Cloud Infrastructure(OCI)で刷新 企業・システム概要 • 全国の道路、建築物や施設、地形の変化を詳細に調査し、 その変化を随時データベースに反映し、⾼鮮度・⾼精度な 地図制作を⾏う • オンプレミスで利⽤してきた既存システムでは、業務毎に追

    加された数百のツールやデータベースにより⽣じる地図編集 者の業務のサイロ化、ITの運⽤管理の負荷やデータの増加 に伴うデータベースの追加に係るコストが課題に 採⽤ポイント • オープンソース・ベースの機能専⽤型クラウド・データベースを 複数連携させた構成など複数のパブリック・クラウドを⽐較し OCIを採⽤ • 地図制作に必要な空間データおよびグラフ・データベースな どのあらゆるデータ・モデルやデータ・ワークロードに対応する、 Oracle Database Cloud Serviceのコンバージド・データ ベース・エンジン • オラクルのコンサルティング部⾨の⾼い技術や知⾒ 顧客事例︓トヨタマップマスター様 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 22 システム構成イメージ 利⽤サービス・製品 • Database Cloud Service (DBCS) • Container Engine for Kubernetes • Oracle Consulting Service https://www.oracle.com/jp/news/announcement/toyotamapmaster-jp-20210806/
  23. Autonomous Database (ADB) Base Database Service (BaseDB) Exadata Database Service

    (ExaDB) Oracle Cloud Infrastructure: データベース・サービス (Oracle Database) Oracle Database on Virtual Machines 1-24 OCPUs Oracle RAC on Virtual Machines 4-48 OCPUs 1コアからスタート可能 RAC対応 Autonomous Transaction Processing Autonomous Data Warehouse AI/機械学習を活⽤した ⾃律型データベース あらゆるワークロードで ⾼性能を実現する Exadataの専有環境 Oracle Exadata Max 1,600 OCPUs Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 23
  24. Oracle Cloud Infrastructure: データベース・サービス (Oracle Database) Oracle Database on Virtual

    Machines 1-24 OCPUs Oracle RAC on Virtual Machines 4-48 OCPUs BaseDB 1コアからスタート可能 RAC対応 ADB Autonomous Transaction Processing Autonomous Data Warehouse AI/機械学習を活⽤した ⾃律型データベース ExaDB あらゆるワークロードで ⾼性能を実現する Exadataの専有環境 Oracle Exadata Max 1,600 OCPUs Automated (今までのOracle Databaseを便利に利⽤できる) Full-Managed サービス形態 サービス形態 =管理範囲の違い Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 24
  25. DB on IaaS BaseDB/ExaDB Autonomous Database 各サービスの管理範囲の違い データセンター ハードウェア機器 OS

    データベース アプリケーション クラウド 事業者管理 お客様管理 ハイパーバイザー 仮想マシン データセンター ハードウェア機器 OS データベース アプリケーション クラウド 事業者管理 お客様管理 ハイパーバイザー 仮想マシン データセンター ハードウェア機器 OS データベース アプリケーション クラウド 事業者管理 お客様管理 ハイパーバイザー 仮想マシン OS以上は オンプレミス同様の管理 データベースはBYOL OS以上の操作が可能 OS/DBのバージョンや構成が限定される クラウドのメリットを享受(従量課⾦や⾃動化) 最⼩限のDB管理を除き DB以下はすべてクラウド事業者が管理 Automated Full-Managed Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 25
  26. お客様のデータセンターまたはオラクルのパブリック・クラウドで稼働 オンプレミス Exadata Database Machine [email protected] Exadata [email protected] パブリック・クラウド Exadata

    Cloud Infrastructure Oracle Exadataのデプロイ・モデル お客様のデータセンター お客様資産 お客様による管理 お客様のデータセンター サブスクリプション オラクルによる管理 Oracle Cloud Infrastructure サブスクリプション オラクルによる管理 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 26
  27. 最⾼のデータベース基盤をパブリッククラウドで利⽤可能 Exadata Database Service ミッションクリティカル基盤で圧倒的な実績を誇る Exadata 専有環境をサブスクリプションで利⽤可能 Exadata 専有環境 CPUリソースは柔軟に増減可能

    (秒単位課⾦) HW/SW/サポート全て込み 全てのオプション機能が使い放題 柔軟な 価格体系 Exadata HW基盤の管理は全てオラクルにお任せ 超⾼速な Oracle Database としてシンプルに利⽤可能 インフラ 管理不要 Exadata Database Service Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 27
  28. 驚異的なパフォーマンス、優れた運⽤効率、最⾼の可⽤性とセキュリティ、クラウド対応 Oracle Exadata • 単⼀ベンダーによるサポート • データベースに特化した設計 • ハードウェアとソフトウェアの密なインテグレーション •

    ストレージへの⾰新的なアプローチ オンプレミスおよびクラウドの Oracle Databaseのための 最⾼のプラットフォーム Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 28
  29. 2008年以降、数千のミッション・クリティカル環境で活⽤ ü フォーチュン100の88% が Oracle Exadata を活⽤ ü フォーチュン100の39% が

    Oracle Exadata Cloud を活⽤ Oracle Exadataの実績 * as of April 2022 グローバルのお客様 ⽇本のお客様 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 29
  30. ハードウェア • 専有環境として提供 • Base System / Elastic構成 (DB/Storage Serverを柔軟に拡張可能)

    • CPUリソースは柔軟に増減可能 (秒単位課⾦) ソフトウェア • 全てのOracle Database機能とオプションが利⽤可能 • BYOL to PaaSを選択することも可能 サービス • Exadataのインフラ層はオラクルが管理、お客様はDB層の管理に注⼒できる Exadata Database Service: サービス概要 * オンプレミスExadataに⽐べたExaDBのメリット Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 30
  31. Exadata Database Service: 費⽤の柔軟化とインフラ管理からの解放 オンプレミスExadataとの⽐較 オンプレミスExadata Exadata Database Service 費⽤

    初期費⽤ (HW+SW) 保守費⽤ (HW+SW) サブスクリプション (HW+SW) * 秒単位課⾦ Database Option 構成 購⼊分 全てのOptionを利⽤可能 * License Includeの場合 モデル 1/8からスタート 1/8(Base System)からスタート Elastic Configuration Yes Yes キャパシティ・オン・デマンド Yes Yes ⼀時的なCPU拡張 No Yes ディスクタイプ EF/HC HC (冗⻑性: 3重化) 構成タイプ 物理/仮想 仮想 管理 Database / Infrastructure: お客様 Database: お客様 Infrastructure: Oracle Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 31
  32. Exadata Database Service: シェイプ別仕様 https://www.oracle.com/a/ocom/docs/engineered-systems/exadata/exadata-cloud-infrastructure-x9m-ds.pdf Base System Quarter Rack X9M

    Half Rack 相当 Full Rack 相当 データベース・サーバー数 2 2 4 8 OCPU数 Min-Max 拡張単位 Min-Max 拡張単位 Min-Max 拡張単位 Min-Max 拡張単位 0-48 4以上2単位 0-252 4以上2単位 0-504 8以上4単位 0-1,008 16以上8単位 メモリ容量 720 GB 2,780 GB 5,560 GB 11,120 GB ストレージ・サーバー数 3 3 6 12 永続性メモリ容量 0 TB 4.5 TB 9.0 TB 18.0 TB フラッシュ容量 38.4 TB 76.8 TB 153.6 TB 307.2 TB 利⽤可能ストレージ容量 (三重化) 73 TB 190 TB 381 TB 763 TB Infrastructure ⽉額概算費⽤ (カッコ内は時間費⽤) ¥1,120,000 (¥1,505.378/h) ¥1,512,000 (¥2,032.268/h) ¥3,024,000 (¥4,064.508/h) ¥6,048,000 (¥8,128.988/h) OCPU 時間費⽤ ¥188.174 / OCPU (License Include)|¥45.164 / OCPU (BYOL) ü OCPUは1データベース・サーバー当たり、2 OCPU以上1 OCPU単位で拡張 [拡張例] Base System/Quarter Rackの例︓0(停⽌状態)=>4=>6=>8…|Half Rack 相当の例︓0(停⽌状態)=>8=>12=>16… ü ストレージは、High Redundancy (三重化) で固定 ü Infrastructure ⽉額概算費⽤︓時間単位の費⽤を744時間(24時間×31⽇)で換算 Exadata X9M 世代設定なし Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 32 Elastic構成 DB/Storage Serverを1台ずつ追加 Half Rack 相当:Quarter + 2 DB + 3 Storage Full Rack 相当: Quarter + 6 DB + 9 Storage
  33. Elastic構成 • Quarter RackにDB/Storage Serverを1台ずつ追 加 • X9M Database Servers

    • 126 cores • 1,390 GB of DRAM • 50 Gbps Network (Client/Backup) • Price: ¥406.448/h (⽉額概算 ¥302,397) • X9M Storage Servers • 48 cores • 1.5 TB of PMEM • 25.6 TB NVMe Flash • 63.6 TB HDD Usable Storage • Price: ¥406.448/h (⽉額概算 ¥302,397) Base System • 世代設定なし • DB/Storage Server 追加は不可 • 内部ネットワーク︓InifiniBand • 永続性メモリ︓⾮搭載 • ハイパーバイザー︓Oracle VM (Xen) Exadata Database Service: シェイプ別仕様 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 33
  34. ExaDB X9M Exadata Database Service: Elastic構成 Compute Scaling (Core) Storage

    Scaling (TB) 252 4,032 190 3,100 OLTP Petabyte Data Warehouse Elastic構成 DB/Storage Serverを1台ずつ追加 完全な柔軟性と圧倒的なスケールを提供 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 34
  35. Exadata Database Service: 価格体系 1. Exadata OCPU • 0から搭載している最⼤CPUまで変更可能 •

    課⾦は1秒単位 (最低利⽤期間1分間) • 2種類︓ライセンス込 or BYOL 2. Exadata Infrastructure • Base System or Elastic構成 - Elastic構成︓Quarter + 追加DB/Storage • 課⾦は1秒単位 (最低利⽤期間48時間) Exadata Infrastructure OCPU 1秒単位 (48時間以上) 1秒単位 (1分間以上) ゼロ CPU から可能 ¥1,505.378/時 = ¥1,120,000/⽉ (Base System) 1 2 ¥188.174/時 (ライセンス込) ¥45.164/時 (BYOL) Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 35 Exadata Database Serviceの優れた柔軟性
  36. BYOL (保有ライセンスの持ち込み) • 保有ライセンスをクラウドへ持ち込むことで、通常に⽐ べて、⼤幅に低いレートでサービスを利⽤できます • Exadata CPU︓¥188.174 → ¥45.164/時間

    • Exadata Infrastructure︓BYOLなし • ライセンスの保守費⽤は継続して必要です • ExaDBでは、以下のライセンスが必要です • Oracle Database Enterprise Edition • Oracle Real Application Clusters • 利⽤する機能に必要なオプション製品 • BYOLなしで利⽤可能なオプション製品︓ Diagnostics Pack, Tuning Pack, Data Masking and Subsetting Pack, Real Application Testing • Advanced SecurityのBYOLなしで透過的データ暗号化 (TDE)が利⽤可能 • 保有ライセンスで利⽤できるリソース • 1 Processor = 2 OCPU (4vCPU) • 25 NUP = 1 OCPU (2vCPU) 最低利⽤期間 • Exadata Infrastructureの最低利⽤期間は48時 間 (Exadata OCPUは1分間) • 新規インスタンスを作成して1時間で削除した場合でも、 48時間分課⾦ • 48時間以上は1秒間単位で課⾦ • ⼀度インスタンスを削除した後、再び作成した場合は、 再度最低利⽤期間が適⽤される Exadata Database Service: 価格体系 (補⾜) 1 時間 48時間 60時間 30秒 48時間 48時間 60時間30秒 利⽤ 課⾦ Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 36
  37. Base System (8 CPU) / BYOLなし / バックアップ 30TB の場合

    Elastic構成 (DB 3 Node, Storage 5 Node, 9 CPU) / BYOLなし / バックアップ 30TB の場合 Exadata Database Service: ⾒積もり例 Part# サービス 単価 Metric 数量 時間 合計 B90777 Database Oracle Exadata Infrastructure - Base System ¥1,505.378 1 環境 / 時 1 744 ¥1,120,001 B88592 Database Exadata OCPU ¥188.174 OCPU / 時 8 744 ¥1,120,012 B91628 Object Storage - Storage ¥3.57 GB / ⽉ 30,000 N/A ¥107,100 ⽉額費⽤ ¥2,347,113 * その他の費⽤あり︓Data Transfer (Outbound), Object Storage - Requests 等 * As of December 2022 Part# サービス 単価 Metric 数量 時間 合計 B93380 Database Exadata Infrastructure - Quarter Rack - X9M (含む DB 2 Node, Storage 3 Node) ¥2,032.268 1 環境 / 時 1 744 ¥1,512,007 B93381 Database Exadata Infrastructure - Database Server - X9M ¥406.448 1 環境 / 時 1 744 ¥302,397 B93382 Database Exadata Infrastructure - Storage Server - X9M ¥406.448 1 環境 / 時 2 744 ¥604,795 B88592 Database Exadata OCPU ¥188.174 OCPU / 時 9 744 ¥1,260,013 B91628 Object Storage - Storage ¥3.57 GB / ⽉ 30,000 N/A ¥107,100 ⽉額費⽤ ¥3,786,312 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 37
  38. オンラインでリソース増減が可能、⽉末⽉初や夜間ピーク等へ柔軟に対応 Exadata Database Service が提供する柔軟な価格体系 Month 1 Month 2 Month

    3 Month 4 オンラインで 増減が可能 (秒単位課⾦) OCPUs 0 32 24 16 8 四半期末 Web画⾯から CPUを変更可能 * リソース状況に応じたオートスケーリングを設定することも可能 https://bit.ly/2PXZuGS Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 38
  39. 利⽤⽤途毎のメリット Production • ピークに合わせたリソースが不要に • 必要に応じてリソース増減が可能 Disaster Recovery • DR環境のリソースを⼩さく設定可能

    • 切り替え時には、迅速にリソースを増強可能 Dev / Test • 必要リソースをより柔軟に設定可能 • 利⽤しない場合は、CPUをゼロにできる Exadata Database Service が提供する柔軟な価格体系 Normal 柔軟なリソース増減 ピークに合わせて リソースを常に⽤意 Exadata Database Service オンプレミスの場合 Normal Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 39
  40. ExaDBでは、全てのOracle Database機能とオプションが利⽤可能 Base Database Service: エディション Extreme Performance High Performance

    Enterprise Edition Multitenant Partitioning Advanced Compression Advanced Security, Label Security, Database Vault Real Application Clusters DB In-Memory Active Data Guard • 完全なデータベース・インス タンス • 表領域暗号化 Standard Edition • 全てのEE 標準機能 - Data Guard - Hybrid Columnar Compression(HCC) - パラレル処理 etc Real Application Testing OLAP Management Packs (Data Masking and Subsetting Pack, Diagnostics and Tuning Packs) 全てのデータベース・オプション機能 が利⽤可能 Base Database Serviceでは、 全てのエディションで 表領域暗号化機能を提供 主なデータベース・オプション機能 が利⽤可能 Management Packs (Database Lifecycle Management Pack, Cloud Management Pack for Oracle Database) ¥30.1/h ¥124.194/h ¥60.214/h ¥188.174/h * 料⾦︓CPU当たり、2022年12⽉現在 https://www.oracle.com/cloud/price-list.html Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 40 Exadata Database Service
  41. Exadata HW基盤の管理は全てオラクルにお任せ Exadata Database Service: お客様とOracleとの担当範囲 対象コンポーネント • OS •

    Database, Clusterware • クラウド・ツール(実質、⾃動更新) 管理作業 • 対象コンポーネントの監視・管理 • 対象コンポーネントのパッチ適⽤ お客様範囲︓Exadata VM クラスタ(インスタンス) 対象コンポーネント • Hardware • DBサーバー上の管理ドメイン(dom0またはKVM host), ネットワーク, Storage Server, Hypervisor, Firmwareなど • クラウド・サービス機能関連 管理作業 • お客様管理対象以外の部分のパッチ適⽤ • ハードウェア障害対応、ネットワーク関連 Oracle範囲︓インフラレイヤー … … クライアント・ネットワーク バックアップ・ネットワーク DATA RECO SPARSE ASM 2 〜 32 x Database Servers 3 〜 64 x Storage Servers VM VM VM Clusterware dom0 または KVM host Database Home Database dom0 または KVM host dom0 または KVM host Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 41
  42. Exadata Database Service さらなる特徴︓⾼可⽤性/セキュリティ Copyright © 2022, Oracle and/or its

    affiliates 44
  43. オンプレミス同様のあらゆる可⽤性要件に対応可能 Exadata Database Serviceでの⾼可⽤性ベストプラクティス https://www.oracle.com/jp/database/technologies/high-availability/oracle-cloud-maa.html DB Backup (Object Storage) DB

    Backup (Object Storage) Primary Region #1 Standby Region #2 GOLD (DR) Data Guard 複製DB構成 (2リージョン利⽤) DBサーバー冗⻑構成 (ExaDB標準構成) DB Backup (Object Storage) RAC Region #1 SILVER (HA) 複製DBの複数(ローカル+リモート)構成 (2リージョン利⽤) Primary Standby Region #1 Region #2 DB Backup (Object Storage) DB Backup (Object Storage) Primary Standby DB Backup (Object Storage) DB Backup (Object Storage) Data Guard/ Golden Gate DG/GG Data Guard/ Golden Gate PLATINUM 複製DB構成 (同⼀リージョン) Standby Primary Region #1 SILVER (HA) DB Backup (Object Storage) DB Backup (Object Storage) Data Guard 可⽤性要件 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 45
  44. より堅牢なセキュリティの実現〜セキュリティ・ファーストで設計されたクラウド データ中⼼の セキュリティ ⾃動化された セキュリティ 管理 セキュリティ ・バイ・デザイン SECURITY ON

    THE CLOUD SECURITY OF THE CLOUD + 強⼒、完全なテナント分離 強制的な暗号化 (Database/Storage/Network) 階層型権限管理 リスクのある設定を⾃動検知 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 46 * WAF: Web Application Firewall 脆弱性スキャン リスクにつながる振る舞いを検知 脅威インテリジェンス情報の集約 Oracle SaaSの利⽤状況の監視 セキュリティポリシーの⾃動有効 特権ユーザーのアクセス制御 ボット対策とWAF*/ 次世代ファイアウォール 多要素認証とリスクベース認証 重要情報の隠蔽 セキュリティ構成 機密データ発⾒ アクティビティ監査 DBセキュリティ対策の⾃動化 脆弱性⾃動修復 ⾃動化されたログ分析 Defense In Depth
  45. Exadata Database Serviceであればデータセキュリティ機能を無償で利⽤可能 機密性の⾼い情報を保護するデータ・セキュリティ 発⾒的対策 予防的対策 凡 例 1. 監査証跡の記録

    ü 情報システムに対するサイバー攻撃を予兆検知 2. セキュリティ設定ミス、特権ユーザーの利⽤を監視 ü 無差別型攻撃で狙われる構成ミスや管理者権限の利⽤状況を監視 3. データの暗号化 ü 個⼈データが漏えいした際、⼆次的被害(社内外の影響)を最⼩限に 4. データのアクセス制御 / 権限分掌 ü 悪意のある攻撃者よりデータの閲覧、改変、破壊などを防ぐ ü Data Safeによる構成・ユーザのア セスメントと機密データの発⾒ ü Data Safeによる監査ログの管理 ü OCIはデフォルトで暗号化 ü Database Vaultによる権限分掌 データ中⼼の セキュリティ Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 47
  46. ハイブリットクラウドで利⽤するデータベースをよりセキュアに ü 統合されたデータベースセキュリティ管理サービス 1. 機密データの発⾒(Sensitive Data Discovery ) 2. データ・マスキング(Data

    Masking) 3. アクティビティの監査(Activity Auditing) 4. セキュリティ構成の評価(Security Assessment) 5. ユーザーのリスク評価(User Assessment) ü 特別なセキュリティの専⾨知識 ü 多層防御における重要なデータ・セキュリティ対策 ü 短時間でセキュリティ・リスクを軽減 ü Oracle Cloud Databaseの利⽤でサービスを無償提供 ※1 ü オンプレミス、他社クラウド上のオラクルDBへも対応 - 28,000円 /ターゲット/⽉ Oracle Data Safe ※ 監査機能は100万レコード/⽉まで無償、その他の機能は無償 Oracle Cloud上の データベース 監査 ユーザー 発⾒ アセス マスク オンプレミス のデータベース ⾃動化された セキュリティ管理 Data Safe AWS, Azure上の オラクルデータベース Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 48
  47. Exadata Database Service 他社データベース・クラウドと⽐較した優位性 Copyright © 2022, Oracle and/or its

    affiliates 49
  48. (4 - 3,100 Core) ExaDB X9M Exadata Database Service: 完全な柔軟性と圧倒的なスケール/性能を提供

    Compute Scaling (Core) Storage Scaling (TB) 48 4,032 128 3,100 (1 – 48 Core) 他クラウド 他クラウドに⽐べ 約25-84倍のスケール 完全オンラインでのスケール 他クラウド 最⼤インスタンス 256,000 IOPS* ExaDB X9M Quarter Rack 2,800,000 IOPS* → ExaDB標準構成で約11倍の性能 * Read IOPS 16K Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 50
  49. 他クラウド vs. ExaDB Quarter Rack(ExaDB標準構成) 他クラウド ExaDB Quarter Rack $11,958

    (全額前払: $7,032) Compute $11,521 1 ノード (48コア) / 768 GB サーバ数 (コア数) / 合計メモリ 2 ノード (48コア) / 2,780 GB 48 Processor 必要ライセンス数 24 Processor Storage $9,600 データ容量課⾦ $10,800 $30,720 IOPS設定課⾦ N/A 64 TB Max 256,000 IOPS 190 TB (+Flash 76.8TB, PMEM 4.5TB) Max IOPS 2,800,000 $52,278 ⽉額費⽤ $22,321 (-57%) 別途必要 クラウドサポート費⽤ 含む 別途必要 (マルチAZ) ⾼可⽤性構成 RAC構成 * as of April 2022, Tokyo Region 他クラウドは1サーバ構成、 ExaDBは32ノード構成まで拡張 可能 ExaDBは完全オンラインでCPU 数の変更が可能 他クラウドはデータ容量課⾦+ IOPS設定課⾦ ExaDBはIOPS設定課⾦なし ExaDBはFlash/PMEM搭載 IOPS差は約11倍 ExaDBはさらに約16倍のスケー ルが可能 他クラウドがEE BYOLのみサポー トしているためBYOLで⽐較 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 51
  50. Real Application Clustersにより、DBサーバーを並列稼働させ、⾼可⽤性と⾼拡張性を実現 Automatic Storage Managementにより、ストレージ・サーバーを並列稼働させ、 ⾼いI/O性能と⾼可⽤性・⾼拡張性を実現 さらに、Exadata System Softwareが処理の⼀部をオフロードし、⼤量データの⾼速処理を実現

    Oracle Exadataのアーキテクチャ スケールアウト可能なインテリジェント・ストレージ スケールアウト可能なデータベース・サーバー DBサーバーを並列稼働 最速の内部ネットワーク ストレージを並列稼働 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 52
  51. 内部ネットワーク・ファブリック • Remote Direct Memory Access over Converged Ethernet (RoCE)

    • 総帯域 200 Gbps の Active-Active RoCEファブリック 永続性メモリ(Persistent Memory) • Storage Serverに搭載された永続性メモリへRDMAアクセス AWS RDS(All-Flash EBS)と⽐較して* • OLTPレイテンシが1/25 (ExaDB: 19 µsec) • 分析スループットが384倍 Oracle Exadataの進化︓超低遅延と⾼スループットの実現 Storage Server Hot Warm RDMA Cold RoCE PMEM Database Server FLASH Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 53 * Oracle Exadata Cloud Infrastructure X9M comparisons to AWS RDS and Microsoft Azure SQL Server
  52. あらゆるワークロードに適応 Oracle Cloud Infrastructure: 活⽤ケース Oracle Cloud Infrastructure 基幹システム パッケージアプリ

    カスタムアプリ 分析基盤 データウエアハウ ス HPC AI/機械学習 ビックデータ イノベーション クラウドネイティ ブ Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 54
  53. カテゴリ ケース 顧客の課題 or 要望 メリット メインサイト 統合データベース OLTP DWH

    インフラ運⽤管理をなくしたい リソース変動が⼤きく、リソースの余剰 が発⽣している 運⽤・投資コストの低減が可能 サブサイト 災害対策 ⼆重投資が難しい(コスト、運⽤) 遠隔地や海外に設置したい スタンバイサイトの初期・運⽤コストの 低減が可能 オフローディング 重いワークロード(分析等)をクラウド/従 量制で実施、メインサイトの投資を低 減したい システム全体での投資低減が可能 ⾮本番系 購⼊前の事前検証 初期費⽤なしに検証したい 従量制での利⽤が可能 開発・検証環境 開発・検証環境Exadataをオンプレミ スで⽤意できない(時間やコスト) オプション製品をテストしたい すぐに環境を⽤意可能 従量制での利⽤が可能 Exadata Database Service: 活⽤ケース Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 55
  54. 24時間365⽇稼働する⼤規模基幹システムをOCIに全⾯移⾏ システム概要 • 24時間365⽇稼働する、店舗、本部、在庫、物流業務な どの12の⼤規模基幹システム • 既存データセンター閉鎖の通知、各種ソフトウェアの保守切 れおよびExadata⽼朽化による更新をきっかけにクラウド移 ⾏を検討 導⼊効果

    • 東京・⼤阪リージョンの2拠点で合計200以上のコンピュー ト・インスタンス、2つのExaCSを利⽤し、Oracle Cloud Maximum Availability Architecture(MAA)で推奨され る⾼可⽤性構成を実装することで、基幹システムに不可⽋ な⾼いレベルの可⽤性とデータ保護を実現し、事業継続性 を強化 • 移⾏に際しては、Oracle Real Application Testing、 Oracle GoldenGate、Oracle GoldenGate Veridataを 活⽤し、3時間以内での確実な移⾏に成功 • ⾃社主導でOCIへの移⾏およびDR環境構築を⾏った結果、 システムの開発・運⽤の内製化を加速 顧客事例︓エディオン様 https://www.oracle.com/jp/corporate/pressrelease/jp20210301.html システム構成イメージ 利⽤サービス・製品 • Exadata Cloud Service (ExaCS), Compute, Storage • Oracle Real Application Testing, Oracle GoldenGate, Oracle GoldenGate Veridata • Oracle WebLogic Server • Oracle Consulting Service Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 56 基幹システム
  55. 24時間365⽇稼働する⼤規模基幹システムをOCIに全⾯移⾏ 新規事業や事業拡⼤を加速するスピード経営を⽀えるシステム変⾰ 顧客事例︓エディオン様 Oracle Cloud Infrastructureを活⽤いただき、 ミッションクリティカル・システムを、効率的かつ確実にクラウド移⾏ ビジネス継続性 の向上(DR環境) ITコストの最適化

    柔軟性の向上 検討のきっかけ 次世代システムの⽅針 検討した選択肢 プロジェクトゴール ü 既存データセン ター閉鎖の通知 ü 各種ソフトウェアの 保守切れおよび Exadata⽼朽化 による更新 他社クラウドへ の移⾏は性能 /コスト/実績 ⾯に課題があ ることが判明 コスト削減や安定性を重視 した情報システムから売上 増加とスピード経営、システ ムの柔軟性を重視した情 報システムへの変⾰ 1. オンプレミス継続 2. アーキテクチャを刷 新しクラウド化 3.アーキテクチャを 維持したまま クラウド化 Step1 期間内での安全な移⾏、安⼼の DR環境、⼀定の柔軟性を確保し た基盤を実現 インフラのクラウド移⾏ Step2 クラウド活⽤によるスピードと⼀層の 柔軟性の確保 クラウドネイティブ化 Oracle Cloud Infrastructure エディオンのワークロードに対応できる唯 ⼀のパブリッククラウド システムの開発・運⽤の内製化を⽀える ベンダーコンサルタントの技術⼒ Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 57 基幹システム
  56. ap-tokyo-1 ap-osaka-1 TENANCY システム エグゼ AD1 AD1 Internet Fast Connect

    Fast Connect 顧客⼤阪 DC 顧客東京 DC OMC RPC RPC LPG LPG LPG LPG Object Storage バックアップ データ Public 踏み台 SGW SGW Private Private (管理⽤) Base ExaCS × n Server Private × n Server × n DBCS 開発・検証環境 本番環境 Public 踏み台 IGW IGW Object Storage バックアップ データ Private Private (管理⽤) Base ExaCS × n Server DR環境 Hub Hub Spoke Spoke VCN Transit Routing VCN Transit Routing LB × n LB × n NAT-GW NAT-GW ⾃動 Data Guard TENANCY IDCS IDCS OMC システム概要 • 全国に展開する商業施設の出店者契約や⼯事、施設管理などを 担っており、商業施設本部や出店者を含む3,300⼈の業務ユー ザーが利⽤ • 従来オンプレミス環境の「Oracle Database/Oracle Real Applications Clusters(RAC)」上で稼働 導⼊効果 • ユーザーへの影響がないこと、ストレスフリーの移⾏が最重要 • ⼤規模な改修を⾏うことなく、従来環境と同等以上の性能、可 ⽤性を担保できることが必須要件 • RAC構成およびDRへ対応可能なOCIを検討。約半年をかけて 徹底的に検証を⾏い、OCIを選定 • バッチ処理は、335分から162分と約50%短縮 • 運⽤管理性の向上 • DR環境との切り替えに要する時間が240分から175分へ短縮 • トラブル発⽣時に被疑箇所の特定のためにベンダーに問い合わせ ることなく⾃ら確認できるようになった (Management Cloud) • コスト削減 • オンプレミスで構築した場合と⽐較し、5年間のTCOで約30%(1.7 億円)の削減効果があると⾒込む 商業施設運営業務を⽀える⼤規模基幹システムをOracle Cloud Infrastructureへ移⾏ システム構成イメージ 利⽤サービス・製品 • OCI Compute, Storage, FastConnect • Oracle Exadata Cloud Service, Database Cloud Service • Oracle Management Cloud (Log Analytics, Infrastructure Monitoring) 導⼊パートナー • 株式会社システムエグゼ 顧客事例︓三井不動産様 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 58 https://www.oracle.com/jp/news/announcement/mitsui-fudosan-exadata-cloud-service-2022-04-11/ 基幹システム
  57. 商業施設運営業務を⽀える⼤規模基幹システムをOracle Cloud Infrastructureへ移⾏ クラウド先進企業である三井不動産が新たにOCIを選択した背景 顧客事例︓三井不動産様 Copyright © 2022, Oracle and/or

    its affiliates 59 クラウド先進企業 ⼤規模基幹システム プロジェクト⽅針 プロジェクトの流れ ü クラウドファーストを合⾔葉 にマルチクラウド対応してお り、適材適所でシステム開 発を進めている ü 業務システムは約94%ま でクラウドに移⾏済み ü 最終的には、データセン ター内の全システムをクラウ ドに移⾏することが⽬標 Oracle Cloud Infrastructure RAC構成およびDRへ対応可能なOCIを 検討。約半年をかけて徹底的に検証を⾏ い、OCIを選定 ü 全国に展開する商業施設 の出店者契約や⼯事、施 設管理などを担っており、 商業施設本部や出店者 を含む3,300⼈の業務 ユーザーが利⽤ ü ⼤量データを⾼速処理す ることが求められ、従来は Oracle Database/RAC を基盤としたシステムをオ ンプレミス環境で構築し、 運⽤ ü 業務にとって不可⽋な基 幹システムであり、ユーザー への影響がないことが最 優先 ü システムは基本的にそのま ま変更せず、インフラだけ をクラウドにシフトする⽅ 針 ü 性能・可⽤性・運⽤品質 を担保してクラウド化 ü これまで利⽤していたクラウドで、 データベースの要件を担保する には、⼤規模な開発が必要で、 時間もコストもかかることが⾒ 込まれた Oracle Cloud Infrastructureを活⽤いただき、 ミッションクリティカル・システムを、効率的かつ確実にクラウド移⾏ 性能・可⽤性・運⽤ 品質の担保 ITコストの最適化 運⽤管理性の向上 基幹システム
  58. • 販売管理、在庫、原価、会計などミッション・クリティカルな⼤ 規模基幹システムをOCIに移⾏ • Oracle Cloud VMware Solutionを活⽤して、700以上の 仮想サーバーをオンプレミス環境と同じアーキテクチャや管理性 を維持しながら、クラウドへ移⾏

    • 統合データベース基盤をOracle Exadata Database Serviceに移⾏し、オンプレミス環境より⾼い性能、可⽤性、 データセキュリティ構成を実現しながら、コスト最適化 • 東京、⼤阪リージョンを活⽤したDR構成を構築することで、よ り低コストで基幹システムに不可⽋な⾼いレベルの可⽤性と データ保護を実現 ⼤⽇本印刷株式会社 様 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 60 700以上の仮想サーバーと統合データベースか らなる⼤規模基幹システムをクラウドへ移⾏ Oracle Cloud Infrastructure (⼤阪リージョン) Oracle Cloud Infrastructure (東京リージョン) Private Private Object Storage バックアップ Private Private Exadata Cloud VCN Object Storage バックアップ Exadata Cloud VM VM VM VM VM ... VM VM VM VM VM ... OCVS OCVS VMware VMware DR構成による⾼い可⽤性 VCN SGW SGW DRG DRG https://www.oracle.com/jp/news/announcement/dnp-adopts-oci-for-digital-transformation-2022-05-10/ 基幹システム
  59. 中古⾞販売店向け相場分析システムのインフラ基盤にExadata Database Service (ExaDB) を採⽤ システム概要 • 中古⾞の相場検索、取引管理、査定情報管理、残価設定 管理といった中古⾞販売店が扱う、APサーバー約40台で構 成される販売管理システム基盤をOCIへ移⾏

    導⼊効果 • 他社クラウドに⽐べ、46%安価なランニングコスト • 2つのデータベースをExaDBへ集約し、管理⼯数が半減 • アプリケーションのレスポンスが900%向上(180分かかっていた ジョブが20分にて終了) • 検討開始から3ヶ⽉で環境構築、半年でサービスイン、トラブル なくクラウド移⾏を実現 今後の展望 • 基幹システム(オンプレミス)のクラウド移⾏プロジェクトが進⾏中。 2022年末にOCIへ切り替え予定 • 本システムおよび基幹システムにおいて東阪リージョンを活⽤し たDR構成による可⽤性向上を検討中 顧客事例︓トヨタユーゼック様 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 61 システム構成イメージ 利⽤サービス・製品 • Exadata Database Service • IaaS (Compute, Storage) • Oracle Consulting Service Private Subnet 外部接続システム ap-tokyo-1 AVAILABILITY DOMAIN 1 VCN Private Subnet ローカル(ATI)接続システム Private Subnet (Client) Private Subnet (Backup) Load Balancer Exadata Cloud Service Gateway Dynamic Routing Gateway Virtual Machine Route Table Security Lists Internet Gateway FastConnect Virtual Machine Public Subnet 外部接続システム Load Balancer Object Storage internet Public Subnet 作業⽤Bastion Server Private Subnet EM Server Public Subnet EM Bastion Server Virtual Machine Virtual Machine Virtual Machine Customer Premises Equipment NAT Gateway Virtual Machine Virtual Machine ExaDB OCI全般 (Compute約40台) EMCC Route Table Security Lists Route Table Security Lists Route Table Security Lists Route Table Security Lists Route Table Security Lists Route Table Security Lists Route Table Security Lists 基幹システム
  60. チケッティング・ビジネスを⽀える基幹システムのデータベース環境にOracle Cloud Infrastructureを選定 システム概要 • 「チケットぴあ」を⽤いて年間7500万枚を取り扱うチケッティ ング・ビジネス事業を展開 • 本事業では、チケットの在庫管理、興⾏管理、検索情報 管理、取引情報管理、精算管理などを⾏っている

    採⽤ポイント • チケット販売サービスにおけるアクセスピーク時の性能と可⽤ 性・安定性が実現可能なインフラ環境 • Exadata Cloud Service • 数万アクセスのリクエストを処理できる • 繁忙期や閑散期に合わせてリソース使⽤量を調整することでコス ト最適化を図れる • 「Oracle Real Application Clusters」による⾼い可⽤性、安定 性、およびOCIによる⾼度なセキュリティ機能も評価 • Oracle Cloud Infrastructure GoldenGate • 「Oracle GoldenGate」のテクノロジーを従量課⾦制のクラウド・ サービスとして利⽤可能であり、「Oracle Database」との親和性 が⾼く、停⽌時間を極⼩化したデータ移⾏を実現 顧客事例︓ぴあ様 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 62 システム構成イメージ 利⽤サービス・製品 • Oracle Exadata Cloud Service (ExaCS) • Oracle Cloud Infrastructure GoldenGate (OCI GG) • OCI Storage, FastConnect • Oracle Consulting Service 導⼊パートナー • 株式会社インターネットイニシアティブ https://www.oracle.com/jp/news/announcement/pia-selects-oci-2021-12-13/ 基幹システム
  61. ⼈事クラウド・サービスおよびBPOサービス基盤強化を⽬的にOracle Cloud Infrastructureへ全⾯移⾏ システム概要 • 統合⼈事ワークフロー、統合⼈事データベース、⾃動処理を特⻑と した⼈事クラウド・サービス「Tokiwagi(常盤⽊)」をはじめとした サービスを提供 • ユーザー企業の従業員による勤怠集計が集中する⽉初めでは約5

    万⼈、年末調整書類⼊⼒期間には約20万⼈が集中してアクセス 導⼊効果 • Exadataの持つ⾼い性能により、合計30コアCPUで稼働していたオ ンプレミス・システム群を、平常時は6コアCPUで稼働できるように • ExaCSは完全無停⽌でリソース増減ができるため、繁忙期ならびに アクセスピーク時においては、CPUリソースを瞬時に追加することが可 能となり、コストを低減しながら⾼い性能と安定性を実現 • OCIへ全⾯移⾏することで、利⽤しているデータセンターを廃⽌し、 データベースのみならず、サーバ・ストレージのコストも最適化され、約 3割のコスト削減を⾒込む 利⽤サービス • Exadata Cloud Service (ExaCS), Compute, Storage, WAF 導⼊パートナー • 株式会社システムエグゼ 顧客事例︓ラクラス様 https://www.oracle.com/jp/corporate/pressrelease/jp20210224.html 基幹システム Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 63
  62. システム概要 • 店頭、通信販売、オンライン販売、電話窓⼝といったチャネルを通じて取得した 顧客データや、製品の販売データの管理、分析、可視化、会計レポートなどの 各種レポート作成などに利⽤されるデータウェアハウス基盤を従来、Oracle Exadata、Oracle Business Intelligenceで構築し、オンプレミス環境で運⽤ • 中期経営計画において、マルチチャネル化を進化させたファンケルならではの

    OMOの取り組みを推進し、個々のお客様に最適なアプローチを実現するIT基 幹システムを実現する「FIT3」への取り組みを掲げ、その中核を担うデータウェア ハウス基盤を刷新するプロジェクト 導⼊効果 • 従来環境と同等以上の性能や安定性、柔軟なリソース増強、既存資産との親 和性に基づく移⾏の容易性などを考慮し、OCIへの移⾏を決定 • 移⾏は実質1⽇にも満たないシステム停⽌時間で⾏われ、業務への影響が ⼀切ないスムーズなクラウド移⾏を実現 • データウェアハウス基盤全体の性能が向上し、BIツールを利⽤するユーザーの体 感処理速度が向上 • 夜間のバッチ処理が約2時間短縮され、営業開始時間までに終了しないという 課題を解消 • コンソールから容易かつ瞬時にデータベースの拡張やコンピュート・リソースの伸縮 が⾏なえるため、繁忙期における処理増⼤や継続的なデータ量の増加にも柔 軟な対応が可能に • AIやAutoMLを活⽤し、データウェアハウス基盤をさらに進化させていく計画 カスタマー・リレーション強化の中核を担うデータ分析基盤をOracle Cloud Infrastructureで刷新 システム構成イメージ • データウェアハウス基盤には、600テーブル、8TBを超える⼤量のデータが蓄積さ れており、CRMやマーケティング・オートメーションツールと連携 • 従業員や販売店店⻑など約350名のアクティブ・ユーザーが⽇々利⽤するミッ ションクリティカル・システム 利⽤サービス・製品 • Oracle Exadata Database Service • Oracle Analytics Server • Compute, Storage, FastConnect • Oracle Consulting Service 顧客事例︓ファンケル様 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 64 https://www.oracle.com/jp/news/announcement/fancl-adopts-oci-for-new-customers-relations-data-analytics-platform-2022-06-07/ 分析基盤
  63. 転職サービス「doda」を⽀える基幹業務データベースをハイブリッド・クラウド構成へ移⾏ システム概要 • 従来、本番環境はオンプレミスExadataで、性能検証環境は[email protected]で運⽤ • 将来的な事業拡⼤に対応可能な柔軟性の確保とコスト最適化を⽬的に、オン プレミス更改ではなくクラウド移⾏を選択 • 基幹業務システムをクラウドで運⽤する体制やノウハウを蓄積し、段階的にクラ ウド移⾏を進めるため、ハイブリッド・クラウド構成を選択

    導⼊効果 • 本番環境 ([email protected]) • ハードウェアの性能向上およびSQLチューニングを⾏うことで、約20%CPUリ ソースを削減しながらも、従来環境と同等以上の性能を実現 • ⾃社データセンターに配置しながらも、オラクルがリモートで運⽤管理を⾏うた め運⽤管理負荷やコストを低減 • DR環境 (ExaCS) • CPUリソースをいつでも無停⽌で拡張することができるため、通常時は最⼩リ ソースで構成し、コストを低減しながら、DR環境の維持管理が可能に • 通常時はデータ参照⽤としても有効活⽤ • 開発/検証環境 (ExaCS/DBCS) • Oracle Databaseの多様な機能を、従量課⾦で利⽤可能 • 例えば、テスト機能であるReal Application Testingを本環境で活⽤し、開 発・検証を効率化 顧客事例︓パーソルキャリア様 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 65 https://www.oracle.com/jp/news/announcement/persolcareer-oci-exdata-hybridcloud-2021-11-17/ システム構成イメージ 利⽤サービス・製品 • Exadata [email protected] ([email protected]) • Exadata Cloud (ExaCS), Database Cloud (DBCS) • OCI Storage, FastConnect 導⼊パートナー • 株式会社アシスト DR環境
  64. お客様事例︓7-Eleven, Inc. (⽶国セブン-イレブン) クラウドを活⽤した災害対策サイトを構築、その後60以上の本番環境も移⾏ セブン-イレブンは、⽇本に本拠地を置くコンビニエンスストアの国際チェー ンです。17か国で70,000以上の店舗を運営し、北⽶には約12,000の店 舗があります プロジェクトの結果 短期間で、本番環境同等の災害対策サイトを構築 災害対策サイトの構築後、本番環境の移⾏も開始し、

    既に60以上のシステムをクラウドへ移⾏完了 プロジェクトの⽬的 既存データセンターを拡張せずに、オンプレミスのクリティカ ル・ビジネス・アプリケーションの災害対策を実現 Industry: ⼩売業 (コンビニエンスストア) Headquarters: ⽶国 APPLICATIONS E-Business Suite Oracle Retail Hyperion DRM Oracle PLM OBIEE ODI Exadata On-Prem PROD 顧客DC ORACLE CLOUD ASHBURN Data Guard 7 ELEVEN DR Exadata Cloud Service https://www.oracle.com/customers/7-eleven.html DR環境 & 基幹システム Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 66
  65. お客様事例︓OceanX ミッションクリティカル・分析システムをAWSから移⾏ eコマース、フルフィルメント、カスタマーケア、ビジネスインテリジェンスを組み 合わせたサブスクリプション・コマース・プラットフォームを⼩売業者に提供 プロジェクトの結果 AWSからOracle Cloud Infrastructure/Exadata Cloud Serviceへ移⾏したことで、約3倍の性能向上を実現しつつ、

    TCOを30%低減 13のデータベースをMultitenantで統合し運⽤を効率化 プロジェクトの⽬的 AWSで稼働するOceanX Data Platformを、より⾼性能でコス トを低減できる新たなクラウドへ移⾏する 特にAWS RDSの性能/可⽤性(RAC/Data Guard⽋如)/デー タサイズ上限(30TB超)に課題を持っていた AWSで性能課題を解決するには、膨⼤な追加コストが必要で あった(インスタンス拡張/ストレージ性能追加) Industry: 情報サービス業 Headquarters: ⽶国 Exadata Cloud Service BI TOOLS Cognos Tableau Informatica Data Migrator PROD DR ORACLE CLOUD PHOENIX Data Guard https://www.oracle.com/customers/oceanx.html 基幹システム/分析基盤 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 67
  66. Oracle Cloud Infrastructureでは、多様なデータベース・サービス(Base, Exadata, Autonomous Database)を提供し、お客様のあらゆる要件に対応できます Exadata Database Service (ExaDB)は、ミッションクリティカル基盤で圧倒的な実績を誇るExadata専有

    環境をサブスクリプションで利⽤可能なサービスです オンプレミスExadata同様の⾼性能/⾼可⽤性に加え、クラウド特有の柔軟性と管理性を兼ね備えています ExaDBは、他社データベース・クラウドと⽐較し、完全な柔軟性と圧倒的なスケール/性能を提供しており、⼤ 規模ミッションクリティカル・システムのOCIへの移⾏を可能にします まとめ Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 68
  67. サービス概要/価格情報 • https://www.oracle.com/jp/engineered- systems/exadata/database-service/ マニュアル • 英語︓https://docs.cloud.oracle.com/en- us/iaas/Content/home.html • ⽇本語︓

    https://docs.oracle.com/cd/F56555_01/ecsc m/index.html 技術資料 • https://speakerdeck.com/oracle4engineer/ex adata-cloud-service-sabisuji-shu-xiang-xi チュートリアル • https://oracle- japan.github.io/ocitutorials/database/ Exadata Database Service: 参考資料 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 69
  68. Oracle Cloud サービス概要 • https://www.oracle.com/jp/ Oracle Cloud Free Tier (Always

    Free&無償トライアル) • https://www.oracle.com/cloud/free/ マニュアル • 英語 / ⽇本語 リージョン毎のサービス提供情報 • https://www.oracle.com/cloud/data- regions.html#apac 東京/⼤阪リージョン最新情報 • https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/po st/oci-tokyo-osaka サービス・アップデート • https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/ 技術情報 • 活⽤資料集 / チュートリアル 活⽤事例 • https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/po st/oci-customer-reference セミナー情報 • https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/po st/oci-seminar Oracle Cloud Infrastructure: 参考資料 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 70
  69. Oracle Cloudにサインナップいただくと、両⽅が利⽤可能です • https://www.oracle.com/jp/cloud/free/ Oracle Cloud Free Tier: Always Free&無償トライアル

    Always Free 時間制限なく 特定サービスを利⽤可能 Free Trial 30⽇間 300ドル フリー・クレジット + Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 71
  70. None