Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

自己関手の圏における モノイド対象 in Scala

自己関手の圏における モノイド対象 in Scala

D1c239babc57d9bbb8314f72c09844c1?s=128

Kazuhiro Ichikawa

March 19, 2022
Tweet

More Decks by Kazuhiro Ichikawa

Other Decks in Programming

Transcript

  1. ⾃⼰関⼿の圏における モノイド対象 in Scala @phenan

  2. おことわり ´ 圏論的に厳密な話はしません ´ 雰囲気だけ分かった気持ちになるところが⽬標

  3. モナドは単なる⾃⼰関⼿の圏における モノイド対象だよ。何か問題でも︖ Philip Lee Wadler

  4. 有名な煽り⽂句 ´ モナドを勉強しようとした⼈の意思を粉砕する ´ 雰囲気だけでも理解しておきたい︕

  5. 分解: ⾃⼰関⼿の圏におけるモノイド対象 ´ 圏 ´ 関⼿ ´ ⾃⼰関⼿ ´ ⾃⼰関⼿の圏

    ´ モノイド対象
  6. 圏 (category) ´ 数学的対象とそれらの間の関係(射)の集まり ´ 射は合成可能 ´ 抽象的すぎていまいちピンとこない

  7. 型を対象とし、関数の型の関係を考える ´ 右図だと Byte, Int, String が対象 ´ Byte =>

    Int, Int => String, Byte => String が射 ´ 射の合成可能性 = 関数の合成可能性 Int String Byte
  8. 全部 Option 型にしてみる ´ これも圏 ´ 対象: Option[Byte], Option[Int], Option[String]

    ´ 射: Option[Byte] => Option[Int], (略) Option[Int] Option[String] Option[Byte]
  9. ⾼階型 F[_] の表現する圏 ´ 対象: 任意の型 T に対する F[T] ´

    射: 任意の型 T1, T2 に対して F[T1] => F[T2] ´ だいたいこいつを考えておけばOK
  10. Hask圏 ´ 対象: 任意の型 ´ 射: 任意の型 T1, T2 に対して

    T1 => T2 ´ ⾼階型 F[_] の表現する圏の F が Id のバージョンとも考えられる
  11. 関⼿ ´ 圏から圏への対応付け ´ 射の合成を保存する

  12. 具体例 ´ Option をつけたものに対応させる Int String Byte Option[Int] Option[String] Option[Byte]

  13. 我々はこれを知っている ´ Int => String が Option[Int] => Option[String] に対応する

    ´ Option.map: (A => B) => Option[A] => Option[B] Int String Byte Option[Int] Option[String] Option[Byte]
  14. Cats, Scalaz の Functor ´ 射 A => B を

    射 F[A] => F[B] に対応させる ´ Hask圏から⾼階型F[_]の表現する圏への関⼿ trait Functor[F[_]] { def map[A, B](f: A => B): F[A] => F[B] }
  15. ⾃⼰関⼿ ´ 関⼿のうち、圏をその圏⾃⾝の⼀部分に対応させるもの ´ フラクタル的なイメージ︖

  16. Cats, Scalaz の Functor は⾃⼰関⼿ ´ 射 F[A] => F[B]

    は⾃明にHask圏の射でもある trait Functor[F[_]] { def map[A, B](f: A => B): F[A] => F[B] }
  17. 関⼿の圏 ´ 関⼿は圏を別の圏に移す ´ 関⼿同⼠も合成可能 ´ 関⼿を射とみなして圏を作れる B C A

    関⼿ F: A => B 関⼿G∘F: A => C 関⼿G: B => C
  18. 具体例 ´ Option と Future の合成 ´ Option.map: (A =>

    B) => Option[A] => Option[B] ´ Future.map: (A => B) => Future[A] => Future[B] Id Option.map Future.map Future[Option[_]] Option[_]
  19. ⾃⼰関⼿の圏 ´ ⾃⼰関⼿同⼠は合成しても⾃⼰関⼿ ´ ⾃⼰関⼿同⼠を合成する演算 ⊗ を考えると、結果も⾃⼰関⼿になる ´ モノイドっぽい︕==> モノイド圏と呼ばれる

    ´ モノイドの要件として単位元が必要
  20. 具体例 ´ G[_] ⊗ F[_] -> G[F[_]] になる ´ 単位元:

    Id Id Option.map Future.map Future[Option[_]] def compose[A, B](f: A => B): G[F[A]] => G[F[B]] = { Functor[G].map(Functor[F].map(f)) } Option[_]
  21. モノイド対象 ´ モノイド圏の対象Mのうち以下の条件を満たすもの ´ M ⊗ M が M に戻る

    ´ 単位元 を I として I => M の射が存在する ´ イメージとしては、それ⾃⾝がモノイドであるような対象 ´ ⊗ がそれ⾃⾝の⼆項演算になる ´ それ⾃⾝の単位元をモノイド圏全体の単位元から導ける
  22. OptionはFunctorの圏のモノイド対象 ´ Option[_] ⊗ Option[_] = Option[Option[_]] ´ flatten すれば

    Option[_] に戻せる︕ ´ 単位元 Id から Option への射: T => Option[T] ´ これは Some(_) のこと
  23. Functorの圏のモノイド対象 ´ flatten: F[F[A]] => F[A] と unit: A =>

    F[A] があれば良い ´ つまりこうなる trait Monad[F[_]] extends Functor[F[_]] { def flatten[A](f: F[F[A]]): F[A] def unit[A](f: A): F[A] }