Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

RxSwift

ren
October 25, 2019

 RxSwift

Overview of RxSwift

ren

October 25, 2019
Tweet

More Decks by ren

Other Decks in Programming

Transcript

  1. RxSwift

  2. Rx(Reactive X)とは Observer パターン Iterator パターン 関数型プログラミング を実装している拡張ライブラリ

  3. RxSwiftのメリット 値の変化を検知できる ⾮同期の処理を簡潔に書ける 宣⾔的記述 MVVMの実装が楽になる

  4. 何ができる? 何でもできる。

  5. Observable Observable は観測対象。 Observable は Observer に通知を送ることができる。 Observer Observer は観測者。

    Observer は Observable からの通知に反応することができる。
  6. Event Observable が通知する内容。 3種類ある onNext 値を流す onComplete イベントの終了 onError エラー発⽣時

  7. subscribe Observer が Observable を観測すること。 subscribe メソッドには Observer が Observable

    からの通知の受信時に何をするかを 定義する。
  8. dispose subscribe を解除する。 onCompleted や onError が発⽣すると Observable はもう Event

    を発⾏できないの で⾃動的に dispose される。 DisposeBag DisposeBag は DisposeBag ⾃⾝が開放されるタイミングで、登録された subscribe を dispose する。
  9. Subject Subject は Observable かつ Observer のオブジェクト。 Event は onNext

    , onComplete , onError が流れる。 4種類ある AsyncSubject ReplaySubject BehaviorSubject PublishSubject
  10. Subject AsyncSubject onCompleted が呼ばれた直後に onNext で渡された最後の値だけ流す。 ReplaySubject subscribe 後に値を流す。 bufferSize

    に指定した数だけ値を流す。
  11. Subject BehaviorSubject 初期値をもつ Subject 。 直前に渡された値を保持しsubscribe()された際にその値を流す。 onNext , onCompleted ,

    onError は発⽣し次第そのまま流す。 PublishSubject 初期値をもたない Subject 。 onNext , onCompleted , onError は発⽣し次第そのまま流す。
  12. Relay Relay は Subject のラッパー。 Event は onNext のみが流れる。 2種類ある

    BehaviorRelay : BehaviorSubject のラッパー。 PublishRelay : PublishSubject のラッパー。
  13. Traits Observable のラッパー 3種類ある Single Completable Maybe

  14. Traits Single ⼀度だけ Event を送る Observable 。 流れる Event は

    onSuccess , onError の2つ。 onSuccess の実態は onNext と onCompleted の組み合わせ。 onNext が含まれるため、値を流すことができる。 Completable ⼀度だけ Event を送る Observable 。 流れる Event は onCompleted , onError の2つ。 onNext が含まれないため、値を流すことができない。
  15. Traits Maybe ⼀度だけ Event を送る Observable 。 流れる Event は

    onSuccess , onCompleted , onError の3つ。 Single と Completable を合わせたようなもの。
  16. RxCocoa (UI部品⽤のRx) には別の Traits がある。 Driver Signal ControlProperty ControlEvent

  17. RxCocoa Traits Driver エラーを無視できる。 メインスレッドで実⾏される。 replay する。(同じ値を繰り返し流す。) Signal エラーを無視できる。 メインスレッドで実⾏される。

    replay しない。
  18. RxCocoa Traits ControlProperty エラーを無視できる。 メインスレッドで実⾏される。 replay する。 メモリが解放されると complete が流れる

    ControlEvent エラーを無視できる。 購読時に初期値を流さない。 メモリの割り当てが解放されると complete が流れる。 メインスレッドで実⾏される。
  19. Observable にも種類がある Hot Cold

  20. HotとCold Hot subscribe されてなくても Event が流れ、 1つの Stream を複数の Observer

    が subscribe できる。 Cold subscribe されて初めて Event が流れ出し、 subscribe される度に別々の Stream が⽣成される。
  21. あと2つ⼤きな概念がある Operators Scheduler

  22. ありがとうございました。