Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Google IO 2022 社内LT会 / What's new in Android development tools

Google IO 2022 社内LT会 / What's new in Android development tools

Google I/O 2022のセッションである「What's new in Android development tools」から、気になった触ってみたところを紹介します。

B65b9817b6cdb9bc923b82657a3162b7?s=128

Shingo Kobayashi

July 08, 2022
Tweet

Other Decks in Programming

Transcript

  1. What’s new in Android Development Tools Sansan株式会社 Mobile Application Group

    ⼩林慎梧 Google I/O 2022 社内LT会
  2. 新しい Android Studio Arctic Fox Bumblebee Chipmunk Dolphin Eelectric Eel

  3. Dolphin / Electric Eel の新機能

  4. Logcat V2

  5. Logcat V2 – UIの刷新 新 旧

  6. Logcat V2 – 複数ウィンドウ作成 独⽴したLogcatを分割表⽰ タブの+ボタン押下

  7. Logcat V2 – 複数ウィンドウ作成 右クリックでタブ名を変更できる

  8. Logcat V2 – 検索 検索欄でControl + Space 検索可能なkey⼀覧が表⽰される

  9. Logcat V2 - 検索 - package:mine ローカルアプリプロジェクトのPID に絞って表⽰される

  10. Logcat V2 - 検索 - tag 「package:mine tag:MixPanel」で検索

  11. age:1m → 1分以内のログ age:5h → 5時間以内のログ Logcat V2 - 検索

    – age 時間検索が可能
  12. 公式のWhatʻs new in Android development toolsでは紹介されていますが、 現在DLできるAndroidStudioでは使えない様⼦。 情報元:Android Tools &

    Performance Logcat V2 - 検索 – is:stacktrace
  13. - キーの前に - を付けて、特定の値を除外 - -tag:<exclude-tag> - キーの後に ~ を付けて、正規表現を使⽤

    - tag~:<regular-expression-tag> - 除外タグと組み合わせる - -tag~:<exclude-regular-expression-tag> Logcat V2 - 検索 – ⾼度な検索
  14. Logcat V2 – クラッシュ/再起動の追跡 ----- PROCESS ENDED ----- ---- PROCESS

    STARTED --- が表⽰されるように
  15. Logcat V2 – 表⽰項⽬のカスタマイズ

  16. - プロジェクトごとにタブの分割等の設定は保持される - 以前のLogcatに設定から戻せる Logcat V2 – その他

  17. Live Edit

  18. - Jetpack Composeで変更を⾃動でプレビューしてくれる機能 - 従来の Live Edit of literals は値の変更のみ

    - 今回の Live Edit は構造の変更に対応! > ⼀部制約あり:https://developer.android.com/studio/run?hl=ja - limitations Live Edit
  19. Live Edit – 設定 Preference > Editor > Live Edit

    Live Edit を選択して、 Device / Previewにチェック
  20. Live Edit – 設定 Preference > Experimental Enable live Edit

    for Preview にチェック
  21. Device Mirroring

  22. Device Mirroring Running Deviceタブを開くと 実機がミラーリングされる もちろん操作可能

  23. Device Mirroring – 設定 Preference > Experimental Enable mirroring of

    physical Android devices にチェック
  24. App Quality Insight

  25. App Quality Insight Firebase Crashlyticsの情報タブ追加

  26. App Quality Insight – 表⽰項⽬ 選択したクラッシュイベントの 最新1件を表⽰できる

  27. App Quality Insight – 表⽰項⽬ StackTrace:コードを即座に開ける

  28. App Quality Insight – 表⽰項⽬ Summary

  29. App Quality Insight – 表⽰項⽬ これより詳細はWebページで確認

  30. App Quality Insight – 絞り込み - ⽇付 - バージョン -

    Fatal/Non-Fatal
  31. App Quality Insight – 接続先の切り替え - 本番環境・開発環境など、接続先の切り替えを⾏える - 公式情報ではないが、google-service.jsonを認識していると思われる >

    Sansan Androidでは本番向けのgoogle-service.jsonを暗号化しているため認識さ れない問題がある
  32. App Quality Insight – 設定 ② Webページに遷移して アクセス許可 ① Android

    Studio 右上の ユーザーアイコンからSign In ③ 完了して、Android Studio に戻れば使⽤可能
  33. ご静聴ありがとうございました