Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

レガシー産業の課題解決を行う Shippioのプロダクトディスカバリープロセス

Shippio
November 19, 2023
70

レガシー産業の課題解決を行う Shippioのプロダクトディスカバリープロセス

「PMと他部署の越境。レガシー産業の顧客課題を正しく解決し続けるため実践するプロダクトディスカバリー。」登壇資料

主催企業:株式会社エルボーズ /「シニアPMに聞く!」シリーズの第7弾
登壇者:株式会社Shippio Director of Product 西藤健司 / Kenji Nishito
実施日時:2023年11月14日(火)

Shippio

November 19, 2023
Tweet

More Decks by Shippio

Transcript

  1. レガシー産業の課題解決を行う

    Shippioのプロダクトディスカバリープロセス

    View full-size slide

  2. 株式会社 Shippio 

    Director of Product
    西藤健司(にしとうけんじ)
    @K_Nishito(にしふじ)
    Â 東京工業大学にてUXに関する研究 & Stanford d.schoolにて1年間のデザイ
    ン思考のプログラムに参画 @US/France/Finlanh
    Â 株式会社ビービットにて、UXデザインコンサルとして従事し、30以上の新
    規事業開発・サービス改善のPJTに携わ
    Â 株式会社エクサウィザーズにて、AIプロダクトのUX・UIデザイナ / PdMとし
    て複数プロダクトの立ち上げ〜グロースに従~
    Â 株式会社Shippioにて、プロダクトデザイン・デザイン組織づくりに従事し
    た後、2023年9月よりDirector of Productに就任
    © 2023 Shippio, Inc. All Rights Reserved.
    1

    View full-size slide

  3. 特有の面白さのあるレガシー産業におけるプロダクトづくり。

    今日はそんな「レガシー産業におけるディスカバリー」について主にお話させて
    いただきます。
    私からは主に「プロセス」や「体制」の全体感をお伝えさせてください。

    まだまだ発展途上ではあるものの、それらに向き合う難しさ(≒面白さ)を少しで
    も伝えられたら幸いです。
    お伝えしたいこと 2
    © 2023 Shippio, Inc. All Rights Reserved.

    View full-size slide

  4. © 2023 Shippio, Inc. All Rights Reserved.

    View full-size slide

  5. 理想の物流体験を社会に実装する
    EC市場の拡大により世界中で国際的な輸送需要は伸び続けているにも関わらず、

    半世紀以上大きな変化がなかった国際物流の現場。

    Shippioは日本で初めての“デジタルフォワーダー”として、

    世の中の人が意識せずスムーズに物流サービスを受けられる社会を目指し、

    国際物流領域のデジタル化を推進しています
    挑んでいるのは、貿易のDX
    4
    © 2023 Shippio, Inc. All Rights Reserved.

    View full-size slide

  6. 島国である日本の産業を支える“あたりまえ”は、

    圧倒的に複雑で、属人的な業務に支えられ続けている
    海を超えて

    ものが届くことは、

    あたりまえじゃない
    対峙している課題
    海を超え手元に届く“あたりまえ”
    5
    © 2023 Shippio, Inc. All Rights Reserved.

    View full-size slide

  7. 参考)貿易実務者のフローは、こんなにも複雑(下記は簡略図)
    必要書類
    業務フロー
    関係者
    6
    © 2023 Shippio, Inc. All Rights Reserved.

    View full-size slide

  8. 4
    貿易実務の現状
    貿易実務者は現地-港-目的地へと貨物を届けるため、不確実で、かつ刻一刻
    と変わる状況に合わせ膨大な手続き・調整・コミュニケーションを行っている
    膨大な書類のやり取りや連携は

    ほぼすべてアナログ作業
    必要手続きや、調整すべき関係者が

    輸送の進捗に合わせて変わり続ける
    本船の遅れなど、不確実な海上輸送。

    変化するたび膨大な確認・再調整業務が発生
    貿易実務者
    仕入先から現地港ま
    での輸送手配
    輸送状況の

    都度確認
    本船の手配
    港⇔倉庫の輸送手配
    納期の調整
    輸出入許可の

    手続き
    社内外への連携




    7
    © 2023 Shippio, Inc. All Rights Reserved.

    View full-size slide

  9. リアル書類でのタスク管理 印刷前提のエクセル 「熟練の業」の蓄積
    参考)課題は会社によって様々 8
    © 2023 Shippio, Inc. All Rights Reserved.

    View full-size slide

  10. デジタルフォワーディング Any Cargo
    荷主企業向けにSaaSモデルで

    クラウドサービスのみ提供
    荷主企業向けに輸出入にまつわる各種オペレーション

    とクラウドサービスをセットで提供
    デジタルを前提に展開する2事業
    クラウドサービス

    フォワーディング

    オペレーション
    集荷、海上輸送、通関、運送等の手配 案件管理、スケジュール可視化、

    コミュニケーション効率化、書類管理 etc...
    案件管理、スケジュール可視化、

    コミュニケーション効率化、書類管理 etc...
    9
    © 2023 Shippio, Inc. All Rights Reserved.

    View full-size slide

  11. 課題とアプローチ
    © 2023 Shippio, Inc. All Rights Reserved.

    View full-size slide

  12. レガシー産業に向き合う難しさ
    業務の煩雑さ/課題の多さ 陥りやすい“短期目線” ただでさえ多忙な業務
    PdM
    Discovery
    Delivery
    Document
    Communication
    Meeting
    KPI
    GTM...
    Recruiting
    50年間蓄積された

    業務・課題の膨大さ
    多忙なPdM業務の中で

    左記課題に直面すること
    周辺課題に気を取られ、

    長期目線が抜けがち
    理想
    理想の1st Step
    ありがちな1st Step
    10
    © 2023 Shippio, Inc. All Rights Reserved.

    View full-size slide

  13. ひとりでは

    レガシー産業は変えられない
    スーパーマンでもない限り、
    11
    © 2023 Shippio, Inc. All Rights Reserved.

    View full-size slide

  14. Ga 解像度を高めるためにCSと共に担当顧客を持E
    ba Initiative単位の議論で長期目線で課題を捉え5
    @a WHYにFocusすべく大きくデザイナに頼る
    解決のアプローチ / チームと仕組み 12
    © 2023 Shippio, Inc. All Rights Reserved.

    View full-size slide

  15. 解像度を高めるためにCSと共に担当顧客を持つ
    13
    © 2023 Shippio, Inc. All Rights Reserved.

    View full-size slide

  16. 4
    ①解像度を高めるためにCSと共に担当顧客を持つ (1/3) - 実施事項
    現在Shippioでは一部の顧客に対して、

    CS-PdMがペアとなり担当顧客を持つ動きを行っている。
    CS Aさん
    顧客1 顧客2
    CS Cさん
    PdM Bさん PdM Dさん
    ・・・
    *全般の顧客はCSが対応
    Ÿ 改善方針/目指すべき方向性の示唆を得™
    Ÿ 個社へのインパクトだけでなく、

    再現性を担保できるようにす™
    Ÿ 具体顧客を共通言語にSalesやCSと会話を
    行う
    狙い
    14
    © 2023 Shippio, Inc. All Rights Reserved.

    View full-size slide

  17. 4
    ①解像度を高めるためにCSと共に担当顧客を持つ (2/3) - 前提
    大前提、大量の課題が散在する中で大事にすることは

    課題を見つけることではなく「その時々で最重要の課題を特定すること」
    課題を発見する 最重要の課題を特定する
    2
    1
    3
    15
    © 2023 Shippio, Inc. All Rights Reserved.

    View full-size slide

  18. 4
    ①解像度を高めるためにCSと共に担当顧客を持つ (3/3) - 狙い
    経営〜事業部〜実務者の課題を構造的に理解し顧客へのインパクト最大化を
    見据えることで、「最重要」を肌感持って理解できるように。
    課題 A 課題 B
    課題 C
    課題 D
    課題 E
    課題 F
    経営レベル マネジメントレベル 現場レベル
    担当者レベルの課題も、

    会社にとっての課題と紐づ
    けて捉えられるように

    16
    © 2023 Shippio, Inc. All Rights Reserved.

    View full-size slide

  19. Initiative単位の議論で長期目線で課題を捉える
    17

    View full-size slide

  20. 4
    ② Initiative単位の議論で長期目線で課題を捉える (1/2)
    顧客課題や取り組みテーマをInitiative - Epicで整理。

    実装単位のEpicでも中〜長期で狙うアウトカムと紐づけて議論する。
    Initiative
    └Epic
     └ Feature
    生産管理向けの利活用促進
    貨物状況のセルフサーブ
    商品IDの検索, xxxxx
    18
    © 2023 Shippio, Inc. All Rights Reserved.
    課題/テーマを Initiative - Epicで整理
    陥りやすい“短期目線”
    周辺課題に気を取られ、

    長期目線が抜けがち
    理想
    理想の1st Step
    ありがちな1st Step

    View full-size slide

  21. 4
    ② Initiative単位の議論で長期目線で課題を捉える (2/2)
    短期の積み重ねではなし得ない抜本的な改善も、

    Initiativeにより「理想とのギャップ」を常に意識することで実現したい。
    課題を10個解決した!
    → どれだけ理想に近づいた? “不満は必ずしも課題ではない”
    求める成果にこれだけ近づいた!
    不満
    理想
    現実
    課題
    理想
    不満...
    19
    © 2023 Shippio, Inc. All Rights Reserved.

    View full-size slide

  22. Product Designerに大きく頼る
    20

    View full-size slide

  23. 4
    ③ Product Designerとの協業 (1/3)
    PdMが「WHY」にフォーカスできるよう

    Product Designerに大きく「WHAT」を任せる
    WHAT HOW
    WHY
    PdM
    … Strategƒ
    … Priority/Roadmap
    … Issui
    … Target
    … Implementatiot
    … Architecture
    … Solutiot
    … UX Design
    … Solutiot
    … UX Design
    … UI Desigt
    … Spec
    Mission GTM/FB
    PdM Engineer
    Product Designer
    21
    © 2023 Shippio, Inc. All Rights Reserved.

    View full-size slide

  24. 4
    ③ Product Designerとの協業 (2/3)
    Product Designer のスタンス
    1石10鳥(仮)
    を狙いUser Outcome を最大化する Product Designerは、

    PdMとは異なる観点でユーザを俯瞰的に・解像度高く捉えている
    Solution
    Issue Issue Solution
    個別課題にジャストフィット 周辺課題と合わせてシンプルに解決
    22
    © 2023 Shippio, Inc. All Rights Reserved.

    View full-size slide

  25. 4
    ③ Product Designerとの協業 (3/3)
    お互いの観点から顧客の業務を深く理解し事業成長を牽引するからこそ、

    “大きく任せる”が実現できている
    WHY
    by PdM
    WHAT
    顧客・業界の理解
    h ビジネス成果の創“
    h カスタマーアウトカム最大化
    h ビジネス成果の創“
    h ユーザーアウトカムの最大化
    by PdD
    23
    © 2023 Shippio, Inc. All Rights Reserved.

    View full-size slide

  26. 参考)エンジニアとの共有WSなども取組中 24
    © 2023 Shippio, Inc. All Rights Reserved.

    View full-size slide

  27. Ga 解像度を高めるためにCSと共に担当顧客を持E
    ba Initiative単位の議論で長期目線で課題を捉え5
    @a WHYにFocusすべく大きくデザイナに頼る
    まとめ 25

    View full-size slide