Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Xpenologyなるアングラプロジェクト周りについて語るやつ

sushi
December 02, 2023

 Xpenologyなるアングラプロジェクト周りについて語るやつ

kernel/vm 北陸 part6で発表 #kernelvm
https://kernelvm.connpass.com/event/297033/

sushi

December 02, 2023
Tweet

Other Decks in Science

Transcript

  1. XPENOLOGYなる
    アングラプロジェクト周りについて語るやつ
    2023年12月2日 @SUSHI514
    そんなに低レイヤーではなぃ...許してほしい

    View full-size slide

  2. 長年のモチベーション:最強のオレオレNASを作るにはどうすれば
    結局買うのは正解です
    Widows
    Server
    これも正解です
    Linuxで
    自分で組む
    これも正解です
    こう、手心を加えて、なんとか楽に組むとかは…
    FreeNAS
    クローズしました
    (TrueNAS)
    TrueNAS CORE/
    TrueNAS Scale
    これも正解です
    技術力に自信ニキはこちら

    View full-size slide

  3. 参考)TRUENAS
    こっちは商用、True ZFSとか書いてある

    View full-size slide

  4. 参考)TRUENAS CORE
    個人向け無料!UIがかっこいい

    View full-size slide

  5. 参考)TRUENAS SCALE
    多分皆さんが選ぶのはコレ、VMとかDocker使える
    どうもパッケージも充実していて、小学生もこれでminecraftサーバーで使う(要出典)

    View full-size slide

  6. 10年前そんなのあったか...?
    FreeNAS
    かつての栄光
    Xpenology
    この選択肢
    ※これはSynology

    View full-size slide

  7. XPENOLOGYとは
     Synologyのファームウェア相当の部分を抜きに、
    GNUライセンスで提供されているコードだけをもとに
    Synologyのソフトウェアパッケージ(DSMファイル)を
    起動できるようにしたブートローダー
     おそらく汎用的なLinux Kernel(未確認)を起動した後に
    公式配布されているDSMファイルをカーネルごとロード
     少なくとも後述のAutomated RedPill Loader (ARPL)はLinux Kernel
     Xplenologyのコミュニティはローダーを作ることに魂を込めている

    View full-size slide

  8. レッツトライ→楽しい
     これは正しいSynology
     ①Synology ARM
     ②Synology ARM
     Xpenologyの検証環境
     ③Xpenology x86
     ④Xpenology x86




    View full-size slide

  9. 得られたもの
     Dockerの簡単な導入環境
     容量拡張を自在にできるNAS あとでここに画像を入れるかも

    View full-size slide

  10. まだRAID5やRAID6で疲弊してるの
     5年や7年でHWの全構成を買いなおしてできない個人レベルでは、RAID1一択
     そんな中で容量拡張をしたいとかわがままな個人の希望を兼ね備えてくれるのがSHR
    https://kb.synology.com/ja-jp/DSM/tutorial/What_is_Synology_Hybrid_RAID_SHR
    内部的には
    RAID1になったり、
    RAID6になったり
    よしなにやってくれる

    View full-size slide

  11. 昔の俺は気づいた
     HDDを1台だけ買い換えていって簡単容量拡張するのって最高では
     ただHDDを1台づつ入れ替えていくだけ
     RAID1相当なので、余ったHDDはそのままバックアップディスクに

    View full-size slide

  12. RAID1とSHRにおける容量拡張の比較

    View full-size slide

  13. これまでの変遷
     2016
     4TB 4TB
     2017
     4TB 6TB
     2018
     8TB 6TB
     2020
     8TB 12TB
     2022
     14TB 12TB
    さらなる容量拡張...?
    買って5年ぐらい経つ
    鼻毛サバ(格安鯖)
    には厳しい
    しかも物理ボリュームは細切れになったまま
    これが続いていくのはキモい

    View full-size slide

  14. 参考)物理ボリュームとロジカルボリューム
    あとでここに入れる

    View full-size slide

  15. SYNOLOGY(XPENOLOGY)でのHW/DSM VER.(6.X→7.X)移行
     パターン① HDDをぶっこぬいてそのまま差し替える
     パターン② Migration AssitantでデータをNW経由で移し替える
     パターン③ HyperBackupで別のHDDに保存してから、新しく移す
    できる?
    Synology Xpenology
    △ ×
    〇 〇
    〇 〇
    ローダーに
    よる
    制約
    もし頑張ってできたとして
    も物理ボリュームは細切れ

    View full-size slide

  16. ①(できない)SYNOLOGYのデバイスであればこれができるが...
    https://www.synology.com/ja-jp/dsm/feature/migration
    ただ、物理ボリュームは細切れ

    View full-size slide

  17. MIGRATION ASSISTANT
    https://www.synology.com/ja-jp/dsm/feature/migration

    View full-size slide

  18. DSM 7.Xに対応した新しいローダーAUTOMATED REDPILL LOADER(ARPL)

    View full-size slide

  19. 小学生もNASを立てる時代 その2
    こういった手順も動画で配信されている時代

    View full-size slide

  20. 小学生もNASを立てる時代 その3
    ローダーの最新の更新があれば、すぐYoutube

    View full-size slide

  21. MIGRATION ASSISTANT
    Xpenology DSM6.1 ARPL DSM7.x

    View full-size slide

  22. MIGRATION ASSISTNTをやった

    View full-size slide

  23. 結果→うれしい
    マイグレーションアシスタントのおかげで理想的な移行ができました
    時を超えて、別のローダーから別のローダーに移行ができた。

    View full-size slide