Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

「普通」のエンジニアとしての生存戦略〜または、いかにして技術を楽しむか。 #情報メディア入門

「普通」のエンジニアとしての生存戦略〜または、いかにして技術を楽しむか。 #情報メディア入門

北海道情報大学 情報メディア学科 の講演で使用した資料です。

Kihara, Takuya

December 01, 2023
Tweet

More Decks by Kihara, Takuya

Other Decks in Education

Transcript

  1. 「普通」のエンジニアとしての
    生存戦略
    または、いかにして技術を楽しむか。
    2023年12月1日
    生活協同組合コープさっぽろ 木原 卓也
    #情報メディア⼊⾨ 1

    View full-size slide

  2. #情報メディア⼊⾨ 2
    木原 卓也
    Kihara, Takuya / tacck
    生活協同組合コープさっぽろ
    ゆるWeb勉強会@札幌
    AWS Community Builder
    デジタル推進本部システム企画部
    主催
    Amplify Japan User Group
    運営メンバー
    Since Q2 2021 / Category: Front-end Web and Mobile
    好きなフィギュアスケートの技
    スプレッド・イーグル

    View full-size slide

  3. 私の自己認識
    • 特別なこともなく、「普通」に生きてきたエンジニア。
    • 若くして起業した、全国的なサービスをリリースした、、
    のような、華々しさは一切ない。
    • 最近のコミュニティ活動では、多少は評価してもらえている。
    • とはいえ、「飛び抜けた」成果はない。
    普通の社会人、普通のエンジニアとして、18年目。
    #情報メディア⼊⾨ 3

    View full-size slide

  4. 今日お話しする内容
    • 自己紹介
    • コープさっぽろでのお仕事
    • 「普通」の生存戦略
    • 生存戦略
    • 普通とは
    • 私の思う「普通」の生存戦略
    • 基本をしっかり取り組む
    • チャンスを認識する
    • アウトプットしてチャンスに近づこう
    • みなさんがこの先生きのこるには
    #情報メディア⼊⾨ 4

    View full-size slide

  5. コープさっぽろでのお仕事
    • 生活協同組合コープさっぽろ
    • 合言葉: つなぐ
    • 理念: 北海道で生きることを誇りと喜びにする
    • 使命: 「安心」と「革新」
    • 大切にすること
    • わかちあう
    • ささえあう
    • おもいあう
    • たすけあう
    • まなびあう
    • ふれあう
    • たたえあう
    #情報メディア⼊⾨ 5

    View full-size slide

  6. コープさっぽろの主な事業・取り組み
    • 販売
    • 店舗
    • 移動販売
    • ギフト
    • 宅配
    • 食品加工センター
    • 物流センター
    • 給食・配食
    • 共済
    • 葬儀(フリエ)
    • トラベル
    • 生活文化(カルチャースクール)
    • エネルギー
    • 子育て支援
    • 食育
    • リサイクル
    #情報メディア⼊⾨ 6

    View full-size slide

  7. コープさっぽろの主な事業・取り組み
    • 販売
    • 店舗
    • 移動販売
    • ギフト
    • 宅配
    • 食品加工センター
    • 物流センター
    • 給食・配食
    • 共済
    • 葬儀(フリエ)
    • トラベル
    • 生活文化(カルチャースクール)
    • エネルギー
    • 子育て支援
    • 食育
    • リサイクル
    #情報メディア⼊⾨ 7
    この範囲を中心に
    お仕事しています

    View full-size slide

  8. #情報メディア入門 8
    本部
    店舗
    加工工場
    物流倉庫
    物流
    取引先
    納品
    商品
    加工品
    加工
    発注
    納品
    納品
    発注情報連携
    売上情報連携


    商品管理
    発注・棚卸
    売上情報管理
    etc...

    View full-size slide

  9. #情報メディア入門 9
    本部
    店舗
    加工工場
    物流倉庫
    物流
    取引先
    納品
    商品
    加工品
    加工
    発注
    納品
    納品
    発注情報連携
    売上情報連携


    商品管理
    発注・棚卸
    売上情報管理
    etc...
    この範囲を中心に
    お仕事しています

    View full-size slide

  10. この仕事を始めて興味が湧いたところ
    • お惣菜(デリカ)
    • お惣菜をどれだけつくるかは
    「商品」で考える。
    • 実際には「原料」で発注する。
    • 店内加工品のラベル
    • どの商品がいつ加工されていつ売
    れたか、わかるようにできる?
    • 魚の造り
    • 肉のスライス
    • 野菜のカット品
    • お惣菜
    • よくある発注の自動化
    • ある程度パターンがあれば
    自動化できるんじゃない?
    • 過去のシステムをいい感じに
    • AWS移行
    • 新システムへの切り替え
    • 内製
    • パッケージ導入
    • 開発ベンダーへ発注
    #情報メディア⼊⾨ 10

    View full-size slide

  11. 今日お話しする内容
    • 自己紹介
    • コープさっぽろでのお仕事
    • 「普通」の生存戦略
    • 生存戦略
    • 普通とは
    • 私の思う「普通」の生存戦略
    • 基本をしっかり取り組む
    • チャンスを認識する
    • アウトプットしてチャンスに近づこう
    • みなさんがこの先生きのこるには
    #情報メディア⼊⾨ 11

    View full-size slide

  12. 「普通」の生存戦略
    #情報メディア⼊⾨ 12

    View full-size slide

  13. 「普通」とは
    • 普通(ふつう)とは、広く通用する状態のこと。普通の『普』は、「あま
    ねく」「広く」を意味する字である。
    • 対義語として、「特別」「特殊」「特異」「奇異」。類義語として、「一
    般」「通常」「平常」「平凡」「平庸」「凡庸」「平(ひら、なみ、つね)」
    「並(なみ、つね)」「庸(なみ、つね)」など。
    • Wikipedia (2023/11/26 23:41 確認)
    • https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%99%AE%E9%80%9A
    注意) 学校のレポート・論文で Wikipedia を安易に引用しないでください。
    #情報メディア⼊⾨ 13

    View full-size slide

  14. 「戦略」とは
    • 戦略は特定の目的達成のために、総合的な調整を通じて力と資源を
    効果的に運用する技術・理論である。ただし戦略の定義は時代・地
    域・分野によってその意味は異なる。
    • Wikipedia (2023/11/26 23:41 確認)
    • https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%A6%E7%95%A5
    注意) 学校のレポート・論文で Wikipedia を安易に引用しないでください。
    #情報メディア⼊⾨ 14

    View full-size slide

  15. 「普通」の生存戦略
    • 広く通用する、特定の目的を達成するための技術や方法。
    • エンジニアとして捉えると?
    • 特定の目的 = エンジニアとして長く仕事ができること
    #情報メディア⼊⾨ 15

    View full-size slide

  16. 「普通」のエンジニアとしての生存戦略
    • エンジニアとして、長期的に存在感を発揮し
    業務を達成するためのやり方・考え方。
    • エンジニアとして生き残るためには、
    社会に何らかの「価値」を提供する必要がある。
    • 社会人として仕事を全うすることも十分に価値のある行動。
    #情報メディア⼊⾨ 16

    View full-size slide

  17. 価値の提供
    • エンジニアとして生き残るためには、
    社会に何らかの「価値」を提供する必要がある。
    • 周りよりも良くなりたければ、周りよりも高い価値を
    提供しなければならない。
    • でも、「普通」の人にとって、大きな結果を出すことは難しい。
    • じゃあ、できる範囲で「価値」を出せるやり方を
    考えて実行しよう。
    • 周りの「普通」の人より、少しだけ頑張る方法。
    #情報メディア⼊⾨ 17

    View full-size slide

  18. 「普通」にやること(私の場合)
    • 過去にやったことの改善を試してみる
    • 新しい技術に触れてみる
    • 興味本位で何かを作る
    • やったことを誰かに伝える
    • あまり無理しない。でも、やる時はやる。
    #情報メディア⼊⾨ 18

    View full-size slide

  19. 普通にやった結果
    • 人の目に留まり、声をかけてもらえるようになった。
    • Amplify Japan User Group の運営に誘ってもらった
    (AWSの人の目に留まった)
    • 転職時にスカウトがあった (副業の声かけも時々もらえる)
    • 講演や勉強会の発表など声をかけてもらえる (今回も)
    • グローバル企業のサポートプログラムに参加できた。
    • AWS Community Builders Program (アウトプットが評価された)
    とはいえ、ここ3〜4年の話
    #情報メディア⼊⾨ 19

    View full-size slide

  20. 伝えたいこと
    「普通」の生存戦略の考え方
    #情報メディア⼊⾨ 20

    View full-size slide

  21. 一番伝えたいこと
    • 「普通」の生活の中にあるチャンスを掴もう!
    #情報メディア⼊⾨ 21

    View full-size slide

  22. 私の思う「普通」の生存戦略の考え方
    • チャンスに気づこう
    • 基本を大切にする
    • チャンスを掴みに行こう
    • 少しずつアウトプットする
    #情報メディア⼊⾨ 22

    View full-size slide

  23. チャンスに気づこう
    • 普通の生活の中にも「チャンス」はあるはず。
    • しかし、気づくことが難しい。
    #情報メディア⼊⾨ 23

    View full-size slide

  24. ある事柄についての知識の段階と壁
    #情報メディア⼊⾨ 24

    "
    #
    $

    %
    &
    $
    '

    )
    *
    +

    -
    .


    1
    *
    +


    1
    *


    1
    *
    +


    1
    *

    View full-size slide

  25. ある事柄についての知識の段階と壁
    #情報メディア⼊⾨ 25

    "
    #
    $

    %
    &
    $
    '

    )
    *
    +

    -
    .


    1
    *
    +


    1
    *


    1
    *
    +


    1
    *
    「知らない」と
    「知っている」の間
    には
    大きな隔たり

    View full-size slide

  26. ある事柄についての知識の段階と壁
    #情報メディア⼊⾨ 26

    "
    #
    $

    %
    &
    $
    '

    )
    *
    +

    -
    .


    1
    *
    +


    1
    *


    1
    *
    +


    1
    *
    「知る」ことで
    先が見通せる

    View full-size slide

  27. ある事柄についての知識の段階と壁
    #情報メディア⼊⾨ 27

    "
    #
    $

    %
    &
    $
    '

    )
    *
    +

    -
    .


    1
    *
    +


    1
    *


    1
    *
    +


    1
    *
    「学ぶ」ことで
    知識を覚える

    View full-size slide

  28. ある事柄についての知識の段階と壁
    #情報メディア⼊⾨ 28

    "
    #
    $

    %
    &
    $
    '

    )
    *
    +

    -
    .


    1
    *
    +


    1
    *


    1
    *
    +


    1
    *
    「経験する」ことで
    知識を身につける

    View full-size slide

  29. ある事柄についての知識の段階と壁
    #情報メディア⼊⾨ 29

    "
    #
    $

    %
    &
    $
    '

    )
    *
    +

    -
    .


    1
    *
    +


    1
    *


    1
    *
    +


    1
    *
    「身につけた」ことは
    活用できる

    View full-size slide

  30. ある事柄についての知識の段階と壁
    #情報メディア⼊⾨ 30

    "
    #
    $

    %
    &
    $
    '

    )
    *
    +

    -
    .


    1
    *
    +


    1
    *


    1
    *
    +


    1
    *
    知り学ぶという
    基本から始める

    View full-size slide

  31. 基本をしっかり
    • 基本があれば、応用ができる。
    • 基本 = 学生時代の取り組み、興味を持って得た知識・経験
    • 応用 = 新しい分野への取り組み、結果を求められる仕事
    • 応用の方が世の中で評価されやすいが。。。
    • 世の中で「簡単にできる」「すぐできる」と謳っているものは、
    応用が効かないものが多い。
    #情報メディア⼊⾨ 31

    View full-size slide

  32. 知識の積み重ね
    • ググれば情報が出てくる時代
    • 「どうやってググる」「出てきた情報が本当に信頼できる」
    これは受けての責任。
    • この責任を果たすためには「基本」ができている必要がある。
    • 新しいことを調べるときは「知らないこと」を調べる
    • 知らないことを知る、というのはとても難しい技術。
    • 「やりたいこと」で調べても、正しい情報を得られない可能性も。
    • 知識の積み重ね方、がとても重要。
    →学業がコスパ最強
    #情報メディア⼊⾨ 32

    View full-size slide

  33. 知識の層と認知のされ方
    #情報メディア⼊⾨ 33
    基礎(教養)
    基礎(専⾨)
    応⽤
    ⼈の⽬にとまりやすい
    → ハードルが⾼い
    多くの⼈が経験済み
    → 評価が低い
    専⾨分野の⼈しか知らない
    だからこそ「普通」の⼈にとって
    チャンスがある
    知識の層 知識の認知のされ⽅
    学ぶ順

    View full-size slide

  34. チャンスを認識する
    • チャンスは、多くの場合身近にある。
    • まずは、基礎を学ぶこと。
    • チャンスをチャンスとして、認識できるかどうか。
    • 専門の基礎を頑張ることが、「普通」の人のチャンスに繋がる。
    #情報メディア⼊⾨ 34

    View full-size slide

  35. 例)自分の作ったプログラムのことを
    自由に発表できる会に参加できる場合
    • 「人の前で発表すること」がプラスになることを
    理解していないと、チャンスとして認識できない。
    • 将来の研究発表・学会発表、各種面接、就職後の業務、など、
    未来に向けて必要な知識を得ておく必要がある。
    • 自由な発表で「失敗」した場合のリスクを過剰に見積もっている。
    →失敗してもだいたい死なない。
    • そもそも、会の存在を知らないと、
    チャンスとして認識できない。
    • 情報を得る手段を作っておく必要がある。
    #情報メディア⼊⾨ 35

    View full-size slide

  36. チャンスを掴みにいこう
    • チャンスを認識して、そのチャンスのメリットを理解し、
    デメリットを正しく捉えて、
    「チャンスを掴みに動ける」か。
    • 周りの「普通」の人より少しだけ頑張れるか、の境界。
    • とはいえ、「チャンスを掴みに動く」ための
    勇気と経験も欲しい。
    #情報メディア⼊⾨ 36

    View full-size slide

  37. 少しずつアウトプットしよう
    • 自分の知識の確認、整理ができる。
    • 友達に話してみる、文字ベースでつぶやく、というところから。
    • チャンスを認識しやすくなる。
    • 「とりあえず」のハードルが下がる。
    • チャンスを掴みやすくなる。
    • アウトプットすると、情報が集まりやすくなる。
    • より良いインプットを得られる可能性が高まる。
    • 他人に見える状態にしておくと、
    チャンスがやってくる可能性が高まる。
    #情報メディア⼊⾨ 37

    View full-size slide

  38. アウトプットとチャンスのサイクルを
    作ろう
    • 基本を学びアウトプットすること
    で、チャンスを認識しやすくなる。
    • チャンスを掴めると、さらにアウト
    プットにつながり、それがさらなる
    チャンスにつながっていく。
    #情報メディア⼊⾨ 38
    基本
    アウトプット
    チャンス

    View full-size slide

  39. 私の経歴
    - 生存戦略の例
    #情報メディア⼊⾨ 39

    View full-size slide

  40. 私の経歴を少し深掘り (学歴)
    • 出身地
    • 熊本県熊本市
    • 学歴
    • 熊本電波工業高等専門学校 工学部 電子制御工学科 卒業
    • 現: 熊本高等専門学校 (熊本キャンパス)
    • 豊橋技術科学大学 工学部 知識情報工学課程 卒業
    • 現: 情報・知能工学課程/専攻
    • 同 大学院工学研究科 修士課程 知識情報工学専攻 修了
    • 同 大学院工学研究科 博士後期課程 電子・情報工学専攻 退学
    • 現:情報・知能工学専攻
    #情報メディア⼊⾨ 40

    View full-size slide

  41. 私の経歴を少し深掘り (職歴)
    • 職歴 (就職で北海道札幌市へ)
    • 株式会社スタッフアイ 札幌支社 入社
    • 知人から勧誘による
    • 株式会社アイテック北海道 転籍
    • 所属していた情報部門の独立による
    • 株式会社INDETAIL へ社名変更
    • 企業方針として自社サービス開発を目的とする
    • 株式会社ノースディテール 転籍
    • 所属していた開発部門の分社・売却による
    • 生活協同組合コープさっぽろ 入協
    • 現在に至る
    #情報メディア⼊⾨ 41

    View full-size slide

  42. 私の経歴を少し深掘り (コミュニティ)
    • コミュニティ活動
    • 札幌市内の勉強会・コミュニティに参加
    • 勉強会で発表するようになる
    • コミュニティを主催・運営する(ゆるWeb、AmplifyJUG)
    • AWS Community Builders Program 参加 (企業からのサポート)
    #情報メディア⼊⾨ 42

    View full-size slide

  43. 時系列
    #情報メディア⼊⾨ 43
    20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44
    ⾼専
    ⼤学
    企業1
    企業2
    コミュニティ参加
    コミュニティでの発表
    コミュニティ運営
    企業サポートプログラム活動
    社内教育担当
    コミュニティ活動が
    チャンスに
    コミュニティ活動が
    チャンスに

    View full-size slide

  44. 私の自己認識 (再)
    • 特別なこともなく、「普通」に生きてきたエンジニア。
    • 若くして起業した、全国的なサービスをリリースした、、
    のような、華々しさは一切ない。
    • 最近のコミュニティ活動では、多少は評価してもらえている。
    • とはいえ、「飛び抜けた」成果はない。
    普通の社会人、普通のエンジニアとして、18年目。
    #情報メディア⼊⾨ 44

    View full-size slide

  45. 評価はコミュニティで
    アウトプットが増えてきてから
    • 勉強会に参加しだして 12 年
    • 発表するようになって 10 年
    • 運営するようになって 4 年
    • 徐々に「他の人から見えやすい」行動・アウトプットへ
    • 結果として、「他の人から見えやすい」成果が出てきている。
    • Amplify Japan User Group 運営
    • AWS Community Builders Program 参加
    • 転職(スカウト・リファラル)
    • 登壇依頼
    #情報メディア⼊⾨ 45

    View full-size slide

  46. 私は40代になってから
    • 周りの「普通」の人より、少しだけ頑張り始めるのに
    時間がかかった。
    • コミュニティ活動は、社会人になって6年後。
    • でも、少しずつでも続ければ、実を結ぶ可能性がある。
    • もし、みなさんが今から勉強会などの活動に参加し始めれば、
    十年後には今の私になっている可能性がある。
    • しかも、皆さんの方が圧倒的に若い状態で。
    #情報メディア⼊⾨ 46

    View full-size slide

  47. 私の「普通」のエンジニアとしての
    生存戦略の実践
    周りの「普通」の人より少しだけ頑張るために、
    心がけていること。
    • 「技術を楽しむ」こと
    • 技術は日進月歩。終わりがない。
    • 逆に言えば、一生楽しむことができる分野。
    • 好きなこと、楽しいこと、はアウトプットしやすい。
    • アウトプットは「自己紹介」
    • 自分にできること、興味あること、を
    代わりに伝えてくれる。
    #情報メディア⼊⾨ 47

    View full-size slide

  48. 技術の楽しみ方
    • 学んだことの深掘り
    • 学校で、職場で、使った技術をより良く使えるようにする。
    • 新しい情報をキャッチして試す
    • 新しいサービスを見つけたら、ドンドン触ってみる。
    • 使ったことのない言語を触ってみる。
    • 学んだことを使って、「何か」を作ってみる。
    • 自分が使いたいもの、やって楽しいもの、をとにかく形にする。
    • 楽しい気持ちを、少しずつアウトプットしよう。
    #情報メディア⼊⾨ 48

    View full-size slide

  49. 「普通」にやること(私の場合) (再)
    • 過去にやったことの改善を試してみる
    • 新しい技術に触れてみる
    • 自分のための何かを作る
    • やったことを誰かに伝える
    • あまり無理しない。でも、やる時はやる。
    #情報メディア⼊⾨ 49

    View full-size slide

  50. 普通にやった結果 (再)
    • 人の目に留まり、声をかけてもらえるようになった。
    • Amplify Japan User Group の運営に誘ってもらった
    (AWSの人の目に留まった)
    • 転職時にスカウトがあった (副業の声かけも時々もらえる)
    • 講演や勉強会の発表など声をかけてもらえる (今回も)
    • 企業のサポートプログラムに参加できた。
    • AWS Community Builders Program (アウトプットが評価された)
    #情報メディア⼊⾨ 50

    View full-size slide

  51. チャンスに繋がる(かもしれない)
    場所の紹介
    #情報メディア⼊⾨ 51

    View full-size slide

  52. LOCAL
    LOCAL (ローカル) は、北海道における技術系地域コミュニティ (ユーザ会、
    勉強会等) の活動を支援するとともに、コミュニティ間の連携イベント企画開催
    等を通して、地域を盛り上げていくことを目標とする有志の集まりです。
    https://www.local.or.jp/
    • 学生部は、LOCALの中で
    「学生向け」に「学生主体」で活動している部門。
    • 学生会員となって、参加してみよう!
    #情報メディア⼊⾨ 52

    View full-size slide

  53. LOCALの学生交通費支援
    • 道内の学生向けに、交通費の一部を支援しています。
    #情報メディア⼊⾨ 53

    View full-size slide

  54. PHPカンファレンス北海道2024
    #情報メディア⼊⾨ 54
    https://phpcon.hokkaido.jp/
    会場: 札幌市⺠交流プラザ クリエイティブスタジオ

    View full-size slide

  55. PHPカンファレンス北海道2024
    • 学生チケット、少しだけあります(無料)
    • ここだけの話、学生限定ランチ企画(無料)もあるので、とてもお得!
    • 道民チケットは2500円
    • 一般参加からでも、学生限定ランチ企画に参加可能!(若干名)
    • 当日スタッフは募集しめきりました
    #情報メディア⼊⾨ 55

    View full-size slide

  56. Connpass
    • 全国で開催されるイベント・勉強会の募集サイト。
    • 色々なイベント・勉強会を見てみよう!
    #情報メディア⼊⾨ 56
    https://phpcon.hokkaido.jp/

    View full-size slide

  57. ゆるWeb勉強会@札幌 #25
    #情報メディア⼊⾨ 57
    https://mild-web-sap.connpass.com/event/298899/

    View full-size slide

  58. ゆるWeb勉強会@札幌
    • 私の運営する勉強会。
    • 「Web」をキーワードに、
    いろいろなことを自由にお話するイベントです。
    • 学生の参加者・発表者もいたこともあるので、
    みなさんも気楽にチャレンジしてください!
    • 2023年12月9日 (土) 15:00〜18:00 に開催予定!
    (会場費500円 情報大の講演聞いたよ、で無料!!)
    • ごった煮な感じになるので、色々と知りたい人はぜひ来てください!
    #情報メディア⼊⾨ 58

    View full-size slide

  59. 今日伝えたかったこと
    #情報メディア⼊⾨ 59

    View full-size slide

  60. 今日伝えたかったこと
    • 私の思う「普通」の生存戦略
    • 基本をしっかり取り組む
    • チャンスを認識する
    • アウトプットしてチャンスに近づこう
    • 私の「普通」のエンジニアとしての生存戦略
    • 「技術を楽しむ」こと
    • 学んだことの深掘り
    • 学んでいないことへの挑戦
    • 自分のやってみたいことをやる
    • やったことをアウトプット
    • アウトプットは「自己紹介」
    #情報メディア⼊⾨ 60

    View full-size slide

  61. 無理はしすぎず、
    周りの「普通」の人より
    少しだけ頑張ってみよう。
    #情報メディア⼊⾨ 61

    View full-size slide

  62. End
    #情報メディア⼊⾨ 62

    View full-size slide