Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

IBM Cloud Functions x OutSystems

IBM Cloud Functions x OutSystems

本資料は、2021年12月17日開催のIBM Cloud Festa Online 2021 Winterでの登壇資料になります。

57c9c4b846c73c911cbf795d211904f3?s=128

Taiji HAGINO
PRO

December 17, 2021
Tweet

More Decks by Taiji HAGINO

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Functions × OutSystems FaaSはやっぱり便利︖ Taiji (Eddie) Hagino Lead Community Manager,

    DevRel @ OutSystems
  2. Taiji (Eddie) Hagino @taiponrock Please follow me! My books for

    programming: “Hajimete-no Node-RED”, “Node-RED Katsuyo Manual” (工学社) “Practical Node-RED Programming” (Packt Publishing), etc. My books for developer relations: “Developer Marketing DevRel Q&A”, “Developer’s Career Book with English” (Impress R&D), etc. Lecturer, University of Tsukuba Lead Community Manager, DevRel Team APAC (Japan, Philippines, Thailand, China, Korea, Australia, New Zealand)
  3. 3 What You’ll Learn Here 1. OutSystems 2. IBM Cloud

    Functions 3. Build Sample App with OutSystems & Functions 4. Conclusion
  4. OutSystems 4

  5. コーディングする理由 アプリを作るにはコード書かなきゃでしょ? みんなコーディングしてるよね? 他にどうやってアプリ作るの? 5

  6. Software is handcrafted

  7. AUTOMATION

  8. Low-Code/No-Code 開発: レガシーソフトウェア開発: • 開発に時間がかかる • 運用保守にも高いコストが必要 • 気軽に仕様変更できない •

    手離れが悪い(コード解釈が必要) • 迅速でアジャイルな開発 • 高い生産性 • 変更や保守が比較的容易 • 複雑なコードが無いので可読性が良い
  9. 9 65% 35% ローコード開発 w/Low-Code Only Legacy “65% of all

    software development will include low-code by 2024” https://timitsolutions.com/65-of-application-development-activity-will-be-low-code-by-2024-gartner/ https://www.gartner.com/en/documents/3956079/magic-quadrant-for-enterprise-low-code-application-platf
  10. Welcome to the Low-Code World!

  11. Why use Office Tools? Write Document Calculate with Table Design

    Presentation Material W E P
  12. Why Use Low-Code tools? アプリ開発をより生産的にするため? イノベーションに集中するため? 12 コードやモジュールの抽象化 生産性の向上 パーツの共通化

    エラー発生率の低下
  13. • コーディングが不要 (拡張コードも書けます) • データモデル作成にDDL/DMLは不要 • Reactive Web App や

    Mobile App がかん たんに作成可能 OutSystems 13
  14. IBM Cloud Functions

  15. 15 サーバーレス・コンピューティング(Serverless computing) とは、クラウド・プロバイダーがアプリケーションに必要なマ シン・リソースの割り当てを動的に管理し、事前に購入された ことに基づく請求ではなく、各アプリケーション要求を満たす ために使用される個々のリソース量に基づいた請求を行うよう なクラウド・コンピューティングの実行モデルである。 Serverless, Function

    as a Service
  16. 16 • コードを書き、それを連携させるだけで一連の処理を実行できる • 実行に必要なサーバーリソースが自動的に割り当てられる • スケールアップ/アウトが必要に応じて自動的に行われる • 実行が終了すると自動的にインスタンスが消去されるため、課金はコードが動いてい た時間だけになる

    • さまざまなサービスをコード起動のトリガーとして利用でき、定期的、あるいは何ら かのイベントを起点にサービスを起動できる なぜFaaSを使うのか?
  17. 17 • 実行環境はベンダー管理なので個別にチューニングの余地が無い • 提供ベンダーに依存するが、対応しているプログラミング言語が限定的 • 原則設計思想がFunction/Action、つまり個の関数の集合体となるので、コールバック の処理に対する考慮が必要 FaaS利用のデメリット

  18. 18 IBM Cloud FunctionsはIBMが提供するFaaS (Serverless)のサービスです。 オープンソースの Apache OpenWhisk (*1) を使っているので、OpenWhiskと同じ操作で扱

    うことが可能です。 OpenWhiskは、Dockerコンテナを使用してインフラストラクチャ、サーバ、スケーリングを 管理するため、効率的なアプリケーションの構築が可能です。 *1 https://openwhisk.apache.org/ IBM Cloud Functionsについて
  19. Build Sample App with OutSystems & Functions

  20. Functionsで サーバー処理を作成

  21. 21 IBM Cloudへログインし、Functionsメニューへアクセス ※IBM CloudアカウントはライトアカウントでOKです

  22. 22 FunctionsでActionを作成 Start Creatingボタンをクリック Actionを選択

  23. 23 Action Nameに 「Get Customer Ingo」 と入力 RuntimeはNode.js 12を選択 Createボタンをクリック

    FunctionsでActionを作成
  24. 24 Actionを実装 Codeを以下のように書き換える(値は講師の情報になってるのでご自身の情報で置き換えてください) Invokeをクリックし、値が正常に返されることを確認

  25. 25 Web Actionを有効可 Web Actionボタンをク リックし、Enable as Web Actionにチェック を入れる

    PublicのHTTPメソッド のURLをコピーする
  26. 26 Web Actionを有効可 Web Actionボタンをク リックし、Enable as Web Actionにチェック を入れる

    PublicのHTTPメソッド のURLをコピーする
  27. 27 Actionのチェック ブラウザからコピーし たURLへアクセスして 値が正常に返されるこ とを確認 ※ URLのみでうまく表 示されない場合は URLの末尾に”.json”

    を付けて実施して下 さい
  28. OutSystemsで フロントエンドを作成

  29. 29 アカウント作成(クレジットカード不要・無料) https://outsyste.ms/icfesta2021w OutSystemsのアカウント・開発環境を作成

  30. 30 名前、メールアドレス、アカウントログイン用 パスワードを設定し 「Agree and Start Free」ボタンをクリック

  31. 31 必要項目を設定し 「Download our development tool and continue」ボタンをクリック ※ この後、OutSystemsクラウドの画面が開き

    ますが、並行してアカウント登録確認のメール が届きます。
  32. 32 届いたメールを確認し、表示されている 「Confirm your email address」ボタン をクリック

  33. 33 OutSystemsクラウドの画 面より、OutSystemsの IDEであるService Studio をダウンロードする

  34. 34 Service Studioを起動

  35. 35 New Application を選択 From scratchを選 択 Phone App を選択

    任意のアプ リ名を入力 してCreate Appボタンを クリック
  36. 36 Create Moduleボタンをクリック Screenをワークスペースへドラッグ

  37. Emptyを選択して Create Screen ボタン をクリック

  38. ButtonをScreenのContent エリアへドラッグ ボタンが配置されるので表 示文言を修正 ここでは「データ取得」と した

  39. Text AreaをScreenの Contentエリアへドラッ グ テキストボックスが配置 される

  40. 配置されたテキストボッ クスのプロパティが Service Studioの右下へ 表示されるのでVariable からNew Local Variable を選択 TextVarというオブジェ

    クトが作成されるので、 これをTextNameへリネ ーム Text Lines(テキストボ ックスの高さ)はデフォ ルトだと3行分になって るので、これを1に変更
  41. 同じ要領でText Areaをもう2つ配置し、それぞれ TextTeamとTextRoleとする さらに、Labelを3つ配置して、図のようにレイアウ トする

  42. Logicタブに移動し、Integrations配下のRESTを右クリックし 、Consume REST API を選択 Add single method を選択し、Continueボタンをクリック

  43. Method URLに、IBM Cloud Functionsで 作成したREST APIのURLを入力 MethodはGETを選択(デフォルト) Testボタンをクリックすると、ペーストし たURLが呼び出され、結果がResponse test

    resultエリアへ出力される 正しく結果が返されているのを確認して、 Copy to response bodyボタンをクリック
  44. Bodyタブへ自動で切り替わり、Response エリアにAPIの結果値が設定される Finishボタンをクリック LogicタブのRESTの下にメソッドが作成さ れていることを確認

  45. Screen上に配置したデータ取得ボタンをダブルクリックして、ボタンクリック時の処理を実装 処理フロー画面が表示されるので、先程作成したREST呼び出しのメソッドをドラッグ

  46. 配置したメソッドとEndの間に、Assignをドラッグ Assignのプロパティで、VariableにTextNameを選択し、Valueでは Expression Editorを選択 Expression EditorでNameをダブルクリックするとValueエリアに値がセ ットされるので、Closeボタンをクリック

  47. 同じ手順で、Assignをもう2つ追加 し、それぞれTextTeamとTextRole がセットされるように設定する これでOutSystemsでのアプリ作成 は完了なので、① Publishボタンを クリック ボタンが青色のOpen in browserに

    変わったら再度クリック
  48. ブラウザ上にスマホのエミュレー ターが表示され、作成したアプリ がロードされるので、データ取得 ボタンをクリックしてデータが正 しく表示されることを確認

  49. Conclusion 49

  50. 基幹系システム 情報系システム 外部API Functions Front-end Server-side Internal Cloud Low-Code Pro-Code

    FaaS
  51. • Low-Codeはビジュアルプログラミングとしてクイ ックに確実にUIを作成 • Low-Codeでは実装しづらい処理は、FaaSを上手 く活用してコーディング • 稼働した分だけ課金されるFaaSは処理のHubとし て使うと便利 51

    Low-CodeとFaaSを上手 に活用しよう
  52. Thanks! Taiji (Eddie) Hagino Lead Community Manager, DevRel Team APAC

    (Japan, Philippines, Thailand) 52 @taiponrock Please follow me!
  53. ワークショップ、セッション、および資料は、OutSystemsまたはセッション発表者によって準備され、それぞれ独自の見解 を反映したものです。それらは情報提供の目的のみで提供されており、いかなる参加者に対しても法律的またはその他の指 導や助言を意図したものではなく、またそのような結果を生むものでもありません。本講演資料に含まれている情報につい ては、完全性と正確性を期するよう努力しましたが、「現状のまま」提供され、明示または暗示にかかわらずいかなる保証 も伴わないものとします。本講演資料またはその他の資料の使用によって、あるいはその他の関連によって、いかなる損害 が生じた場合も、OutSystemsは責任を負わないものとします。 本講演資料に含まれている内容は、OutSystemsまたはその サプライヤーやライセンス交付者からいかなる保証または表明を引きだすことを意図したものでも、OutSystems製品の使用 を規定する適用ライセンス契約の条項を変更することを意図したものでもなく、またそのような結果を生むものでもありま せん。

    本講演資料でOutSystems製品、プログラム、またはサービスに言及していても、OutSystemsが営業活動を行っているすべ ての国でそれらが使用可能であることを暗示するものではありません。本講演資料で言及している製品リリース日付や製品 機能は、市場機会またはその他の要因に基づいてOutSystems独自の決定権をもっていつでも変更できるものとし、いかなる 方法においても将来の製品または機能が使用可能になると確約することを意図したものではありません。本講演資料に含ま れている内容は、参加者が開始する活動によって特定の販売、売上高の向上、またはその他の結果が生じると述べる、また は暗示することを意図したものでも、またそのような結果を生むものでもありません。 ユーザーが経験する実際のスループ ットやパフォーマンスは、ユーザーが有する数多くの要因に応じて変化します。したがって、個々のユーザーがここで述べ られているものと同様の結果を得られると確約するものではありません。 記述されているすべてのお客様事例は、それらのお客様がどのようにOutSystems製品を使用したか、またそれらのお客様が 達成した結果の実例として示されたものです。実際の環境コストおよびパフォーマンス特性は、お客様ごとに異なる場合が あります。 OutSystems、OutSystems ロゴ、outsystems.comは、 OutSystemsの商標です。他の製品名およびサービス名等は、それ ぞれOutSystemsまたは各社の商標である場合があります。