少人数でサービスをすばやく開発するためのRails活用事例 - Rails Developers Meetup 2019

少人数でサービスをすばやく開発するためのRails活用事例 - Rails Developers Meetup 2019

Rails Developers Meetup 2019
https://railsdm.github.io/
SESSION: C-2 (ja) @tawachan

少人数でサービスをすばやく開発するためのRails活用事例
A case study on developing a web service quickly with less bugs using Ruby on Rails
ピクシブ株式会社 大多和 祐介
当セッションでは、弊社サービス「pixiv chatstory」が少人数ですばやく、しかしバグは少なく開発していくために採用していているアーキテクチャについてお話します。Ruby/RailsはAPIサーバーとしてHeroku上で使用しているので、このあたりの話を中心にしたいと思います。

This session mainly discusses the IT architecture that one of pixiv's products, pixiv chatstory adopts to enable us the small team (2-4 engineers) to develop the both web and native apps quickly but with less bugs, using Rails as an API server deployed onto Heroku.

Keywords: Rails, Heroku, Swagger, CloudFront, ImageFlux, Firebase, PWA, Angular, Ionic, ReactNative, Expo.io

【参考】フロント周りの話ができなかったので関連記事をよろしければ
pixiv chatstoryのiOSアプリをReact Native(Expo)でリニューアルしました!
https://inside.pixiv.blog/tawachan/6254
pixiv chatstory の
 PWA としての取り組み
https://speakerdeck.com/ikasoumen/pixiv-chatstory-false-pwa-tositefalsequ-rizu-mi

9b9b12afbe6383123192b6b2bd654869?s=128

Yusuke Otawa

March 22, 2019
Tweet