Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Go で Golden File Test

TOC
November 24, 2022
11

Go で Golden File Test

Let's Go Talk #4 で LT 登壇した際の資料
https://connehito.connpass.com/event/262611/

TOC

November 24, 2022
Tweet

Transcript

  1. 2022/11/09 Let’s Go Talk #4 TOC Go で Golden File

    Test
  2. - TOC(とっしー) - コネヒト株式会社 - バックエンドエンジニア - 主にPHP - Go

    は趣味で勉強中 自己紹介
  3. - tenntenn さんの主催する Gopher 塾に参加してきました - Testing がテーマでテスト全般の講義 - Golden

    File Test も扱った - PHP でも最近使っていたので興味が沸いた LT のモチベーション
  4. - API のレスポンスデータをファイルで保持し、比較するテスト - Snapshot Testing とも呼ばれる Golden File Test

    とは 初回実行 (or -update) 目視で出力 ファイルを確認 ファイル生成 2回目以降の テスト実行 出力 比較 ファイルの データと出力 を比較
  5. ライブラリ色々 - tenntenn/golden - シンプルで扱いやすい印象 - 最近アップデートされて更新とチェックが同時にできる - sebdah/goldie -

    オプションが豊富 - 2020年からメンテされていない - gotestyourself/gotest.tools - string, []byte形式に対応
  6. 実際のコード例 - tenntenn/golden の例 - 比較やファイル生成してるのは golden.Check の部分だけ - 指定した

    testdata ディレクトリ配下に {name}.golden ファイルを生成する
  7. - 形式としては json で保存されるが、ファイルとしてはテキストファイルで 認識される - json ファイルとして認識するために工夫してるブログも - https://khigashigashi.hatenablog.com/entry/2019/04/27/15

    0230  - goldie はオプションで解決できたりする - goldie.WithNameSuffix(".golden.json"), golden ファイルはテキストファイル
  8. - json にしたとして、めっちゃ長いレスポンスを全部目視できる? - 人間誰しも見落としするよね - 外形は一緒でも中身のロジックの変化はテストできない - レスポンス構造を担保したい、とかは使えそう -

    中身のロジックはユニットテストで守りたい - 何をテストしたいのか、で使い所が分かれそう Golden File Test は使い所が大事
  9. - tenntenn/golden は json 形式以外(string, []byte, io.Reader, encoding.TextMarshaler)も対応 - txtar

    形式(複数のテキストファイルをまとめたもの)とかに対して結構 使いやすくなっている - コマンドラインツールのテストでも使えそうなので使ってみたい その他所感