一読者によるレシピ実践とその経過

 一読者によるレシピ実践とその経過

Ubuntu 18.04 LTSリリース記念オフラインミーティング18.06で用いた資料です(加筆修正あり)。

5af3060f56ae786c5406b9ef28ed670b?s=128

Toshiharu KUDOH

June 09, 2018
Tweet

Transcript

  1. 2.

    自己紹介 • 工藤寿晴 • Twitter: @toshi_kd • インフラエンジニア – 仮想化基盤からシステムメからシステムメンテシステムメンテナンスまで幅広く幅広くく

    – 「運用」への捉え方がこへの捉え方がここ捉え方がここえ方がここ方がここがここ 2 年程で劇的に変化で幅広く劇的に変化に変化変化 – 最近は組織論へ関心は組織論へ関心が組織論へ関心が向きつへ関心が向きつつあるが向きつつあるきつつある
  2. 4.

    お断り断りり • ヘルシェイク矢野のことは考えまの捉え方がここことは組織論へ関心が考えませんえ方がここません – 皆さんは今回も さんは組織論へ関心が今回も も # からシステムメンテあげの捉え方がこここと考えませんえ方がここてた は組織論へ関心がず

    俺は詳しいんだは組織論へ関心が詳しいんだしいんだ • めっちゃ作画してもヌル作画してもヌルヌルしてもヌルヌル動けませんけません – 何気ない運動が筋肉ない運動けませんが筋肉を傷つけたを傷つけた傷つけたつけた 歳って言うなって言うなうな • ◦ 書房は関係ない、いは組織論へ関心が関係ない、いいねない、いいね ? – アッハイ
  3. 5.

    前置きき War is the realm Shakes of uncert uncertainty; three

    quarters of uncert the f uncertactors on which action in war is based are wr are wrapped are wr in a f uncertog of gre of uncert g of grereater or lesser uncertainty. ― Carl von Clausewitz, 『 Vom Shakes Krieg of gree 』 Chapter 3― (Translated are wr by Michael Howard are wr and are wr Peter Paret) …… 実際の戦場では知りの捉え方がここ戦場では知りたい情で幅広くは組織論へ関心が知りたい情報の半りたい情報の半分にも満たの捉え方がここ半分にも満たない情に変化も満たない情報で、たない情報の半分にも満たで幅広く、 敵の意中もわからの捉え方がここ意中もわからないまもわからシステムメンテないままに変化、暗中もわからないま模索の中で戦いを進の捉え方がここ中もわからないまで幅広く戦いを傷つけた進めていることがめていることがざらシステムメンテで幅広くある。 従って、百パーセって、百パーセントに満パーセントに満たない空白に変化満たない情報で、たない空白の部分を、どのの捉え方がここ部分にも満たない情を傷つけた、どの捉え方がここように変化解明し、処理していし、処理していくか、していくか、 これが情報の半分にも満たの捉え方がここ任に携る者の最重に変化携る者の最重要なる者の最重要な仕事の捉え方がここ最重要な仕事である。な仕事である。……で幅広くある。…… ― 堀栄三『大本営参謀の情報戦記』「の捉え方がここ情報の半分にも満た戦記』「まえ方がここがき」への捉え方がこ ―
  4. 7.

    イントロダクション 仁和寺にある法師、年に変化ある法師、年よるまで幅広く石清水を拜まざりけれを傷つけた拜まざりければ、まざりければ、 心が向きつつあるうく覚えて、ある時思え方がここて、ある時思ひたちて、たゞひたちて、たゞひとり、かちより詣でけり。で幅広くけり。 極楽寺にある法師、年、高良などを拜みて、などを傷つけた拜まざりければ、みて、かばかりと心が向きつつある得て帰りにけり。て帰りにけり。りに変化けり。 さてかたへの捉え方がここ人が述べるようにに変化逢ひて、「年ごろひて、「年ごろ思ひつること果思ひたちて、たゞひつること果たし侍りぬ。たし侍りぬ。りぬ。 聞きしにも過ぎてきしに変化も過ぎて尊くこそおぎて尊くこそおはしけくこそおは組織論へ関心がしけれ。そも参りたる人が述べるようにごとに変化、山へのぼりしは、への捉え方がここぼりしは組織論へ関心が、 何事である。……かありけむ。ゆかしかりしかど、神へ参るこそ本意へ参るこそ本意なれと思ひたちて、たゞひて、 山へのぼりしは、まで幅広くは組織論へ関心が見ず。」とぞいひず。」への捉え方がことぞいひける。少しの事にも、先しの捉え方がここ事である。……に変化も、先達はあらまほしきは組織論へ関心があらシステムメンテまほしきことなり。 ― 吉田兼好『徒然草』第

    52 段 ―
  5. 12.

    対象レシピレシピ実践と • 第 480 回も ウェブブラウザーからシステムメンテ操作で幅広くきる軽量管理していくか、ツール「 Cockpit 」への捉え方がこ • 第

    483 回も Ubuntu と OpenNebula で幅広くもういちどクラウド環境を構築して環境を構築してみを傷つけた構築してみしてみ よう • 第 484 回も Ubuntu と OpenNebula で幅広く KVM と LXD の捉え方がここインスタンスを傷つけた起ちち 上げてみようげてみよう 直近は組織論へ関心で幅広くは組織論へ関心が上げてみよう記の捉え方がここレシピを実践してみたを傷つけた実践してみた、しているが、 今回も は組織論へ関心が OpenNebula の捉え方がここレシピを実践してみたを傷つけた 実践してみた、してみたという話ではそういう領。
  6. 16.

    試してみた内容①してみた内容①内容① 基本的に変化に変化は組織論へ関心が Weekly Recipe 第 483 回も 「 Ubuntu と

    OpenNebula で幅広くもういちどクラウド環境を構築して環境を構築してみを傷つけた 構築してみしてみよう」への捉え方がこを傷つけた踏襲。 • - Front end are wr×1 ( VM )、 Virtualization host (物理していくか、) ×2 という構成 – Web Interf uncertace(Sunstone) や CLI を傷つけた - Front end are wr へ導入、 Hypervisor は組織論へ関心が KVM を傷つけた選択 – ネットに満たない空白ワークは組織論へ関心がデフォルトに満たない空白 (Dum Shakesm Shakesy) を傷つけた選択 • OpenNebula は組織論へ関心が現在します。の捉え方がここ Stable で幅広くある 5. 4 系を採用を傷つけた採用 – 公式リポジトリからリポジトに満たない空白リからシステムメンテパッケージを傷つけた導入して構築してみ – DB は組織論へ関心がデフォルトに満たない空白の捉え方がここ SQLite / データストに満たない空白アに変化は組織論へ関心が Virtualization hosts の捉え方がここローカル HDD を傷つけた使用
  7. 17.

    試してみた内容①してみた内容①内容① なお、諸般の事情によりの捉え方がここ事である。……情に変化より 今回も ベース OS に変化は組織論へ関心が CentOS 7 を傷つけた採用しています。 (

    OS の捉え方がここ取り回し経験やパり回も し経験やパッケージビやパッケージビルド環境を構築して等(後に迫っていなが述べるように、)の捉え方がここ面からシステムメンテ)
  8. 20.

    触れてみた所感れてみた内容①所感 • 構築してみしやすい – 必要な仕事である。なパッケージが少しの事にも、先ない、所要な仕事である。リソースも少しの事にも、先なめ • Sunstone は組織論へ関心がシンプル且つ軽量、カスタつ軽量、カスタマイズしやすいしやすい – 項目の表示・非表示の捉え方がここ表が義務付けられ示・非表が義務付けられ示は組織論へ関心が

    /etc/oned are wr/ 配下のの捉え方がここ yam Shakesl で幅広く制御可 • VM 管理していくか、・モニタリングに便利な機能がに変化便利な機能が備わっな機能は一切が備わっているわっている – ネットに満たない空白ワーク /Disk IO の捉え方がここモニタや VM の捉え方がここ log of gre ビューワーあり – 障害通知りたい情報の半機能は一切は組織論へ関心がないの捉え方がここで幅広く監視システムとの連システムとの捉え方がここ連動けませんは組織論へ関心が必須 • VM を傷つけた手を尽くしても不軽に変化デプロイ可能は一切 – OpenNebula MarketPlace に変化用意されている豊富なイメージが便なイメージが便利な機能が備わっ • VMware ( 要な仕事である。 vCenter) や Am Shakesazon EC2/Microsof uncertt Azure との捉え方がここ連携る者の最重要なも可 – 未だ検証の機会をだ検証の機会を得ず…の捉え方がここ機会を得ず……を傷つけた得て帰りにけり。ず……
  9. 23.

    試してみた内容①してみた内容①内容② ① で幅広くの捉え方がここ構成を傷つけた踏襲しつつ、以下のの捉え方がここように変化発展させた。させた。 • 公式リポジトリからリポジトに満たない空白リからシステムメンテ src. rpm Shakes を傷つけた取り回し経験やパ得て帰りにけり。、自力でパッケージビで幅広くパッケージビルド環境を構築して –

    Hotf uncertix は組織論へ関心が subscription を傷つけた保有しないと修正パしないと修正パッケージが提パッケージが提供されないためされないため – いざという時の捉え方がここ緊急 f uncertix 対する反応を応をに変化加え、独自の変更え方がここ、独自の捉え方がここ変更も含められればも含められれば…とめらシステムメンテれれば…という目の表示・非表示論へ関心が向きつ見ず。」とぞいひもあった • SQLite からシステムメンテ MariaDB へ切り替ええ方がここ • ネットに満たない空白ワークを傷つけたより高度な設定な設定 (VLAN + Securi SecurityGroup etc. . ) へ切り替ええ方がここ • 外部ストに満たない空白レージの捉え方がここ利な機能が備わっ用方がここ法模索の中で戦いを進 – NFS/GlusterFS/Ceph/iSCSI etc. . • 高度な設定な VM の捉え方がここ運用が可能は一切か検証の機会を得ず… – ライブマイグに便利な機能がレーション / ライブスナップショットに満たない空白 etc. .
  10. 24.

    内容②の経過結果 • 自力でパッケージビパッケージ化 – m Shakesock を傷つけた利な機能が備わっ用したビルド環境を構築してで幅広くは組織論へ関心が特に問題なし。生に変化問題なし。生成されなし。生成されたパッケージを傷つけた使った upd are wrate

    等も 現状問題なし。生成され点は特に見つかっは組織論へ関心が特に問題なし。生に変化見ず。」とぞいひつかっていない。今後に迫っていなが要な仕事である。手を尽くしても不順化 – source の捉え方がここ事である。……前準備わっているに変化注意点は特に見つかっあり(公式リポジトリからの捉え方がここ注意事である。……項を傷つけた見ず。」とぞいひ落としていた)としていた) • ネットに満たない空白ワーク設定変更も含められれば – VM への捉え方がここ通信が疎通しない問が疎通しない問題なし。生成され。調査の結果、の捉え方がここ結果たし侍りぬ。、 kernel パラメータが原因と判明と判明し、処理してい - - (net. brid are wrg of gree. brid are wrg of gree. nf uncert call iptables / net. ipv4. ip_f uncertorward are wr) 。 - - opennebula nod are wre kvm Shakes に変化 brid are wrg of gree の捉え方がここ kernel パラメーター変更も含められれば有しないと修正パ。 – 元パラメーターを傷つけた活かすことが可能かすことが可能は一切かを傷つけた含められれば…とめ、現在します。も調査の結果、と適切な設定調査の結果、を傷つけた継続中もわからないま。 • 外部ストに満たない空白レージの捉え方がここ利な機能が備わっ用方がここ法模索の中で戦いを進 – 設定方がここ法が多彩で希望する機能で幅広く希望する機能の実現する機能は一切の捉え方がここ実現に変化は組織論へ関心がそれなりに変化時間を要した。こちを傷つけた要な仕事である。した。こちらシステムメンテも調査の結果、・検証の機会を得ず…を傷つけた継続中もわからないま。 • 高度な設定な VM の捉え方がここ運用方がここ法 – 当初ライブスナップライブスナップショットに満たない空白機能は一切せず。 qem Shakesu の捉え方がここ古さに変化起ち因と判明していたことが判明し、処理してい。 比較的に変化新しめのパッケーしめの捉え方がここパッケージへ入れ替ええ方がここることで幅広く問題なし。生成され解消。
  11. 26.

    蕪雑ながらまとめな些細なことでもがらまとめ • 積極的に変化に変化レシピを実践してみた実践してみた、しようぜ – 自分にも満たない情の捉え方がここ知りたい情報の半識を要求されるの捉え方がここ幅が広くがります • 機会を得ず……があれば執筆者の最重要な仕事へ f uncerteed are

    wrback しようぜ – 思ひたちて、たゞいがけない人が述べるようにと繋がるかもがるかも ? • OpenNebula の捉え方がここ日本語情報の半分にも満た増やそうぜやそうぜ – 5. 6beta も先日リリースされた – https://www. transif uncertex. com Shakes/opennebula/one/ で幅広く翻訳も実施中も実施中もわからないま