Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

BtoBtoX事業における理想のデザイン組織

 BtoBtoX事業における理想のデザイン組織

2021年3月18日にオンライン開催されたイベント、「デザイン組織の理想と現実」にてお話しした内容です。
https://www.notion.so/717189a82ac4474f84aa5e5c9c3b25de

佐々木俊弥

March 18, 2021
Tweet

Other Decks in Design

Transcript

  1. 佐々木俊弥
    2021.03.18 | デザイン組織の理想と現実
    BtoBtoX事業における
    理想のデザイン組織

    View Slide

  2. 株式会社マネーフォワード
    マネーフォワードエックスカンパニー  UXデザイン部
    デザイン戦略室兼務
    佐々木 俊弥
    @toshiyassk

    View Slide

  3. 01. Money Forward Xとは
    02. Xのデザイン組織の現状
    03. Xのデザイン組織の歴史
    04. Xの理想のデザイン組織

    View Slide

  4. MISSION
    お金を前へ。人生をもっと前へ。
    VISION
    すべての人の「お金のプラットフォーム」になる。
    VALUE
    User Focus, Technology Driven, Fairness
    CULTURE
    Speed, Pride, Teamwork, Respect, Fun

    View Slide

  5. ドメインごとのデザイン部 + 組織横断のデザ
    イン戦略室
    事業やユーザーに対する高い解像度を持ってデザインを行うため、デザイ
    ン部はドメインごとに分かれています。
    ビジネスカンパニー デザイン部
    マネーフォワード クラウドを中心とした
    BtoBプロダクトのデザイン
    ホームカンパニー デザイン部
    マネーフォワード MEを中心としたBtoCプロダクトのデザイン
    エックスカンパニー UXデザイン部
    金融機関との共創によるサービスデザイン
    デザイン戦略室
    デザイン組織体制の強化や、全社ブランディングなど

    View Slide

  6. Money Forward Xは、クライアントの様々な課題と向き合い、
    Money Forwardが培ってきたテクノロジー
    &デザインの力を掛け合わせることで
    新たな便利や快適を叶えるサービスを、ともにつくりあげる集団です。
    オープンで公正なお金のプラットフォーム構築を目指して。
    自由にカタチを変えながら、あらゆる課題解決をサポートします。
    パートナーと共に、
    新たな金融サービスを創出する。

    View Slide

  7. Xが大事にしていること

    View Slide

  8. プロダクト開発
    Xの主なサービス
    UXデザイン
    コンサルティング

    View Slide

  9. プロダクト開発
    Xの主なサービス
    UXデザイン
    コンサルティング

    View Slide

  10. UXデザインコンサルティングの事例
    ※プレスリリース「野村證券の資産管理アプリ『 OneStock(ワンストック)』を共同開発」 2020-06-29より抜粋
    野村證券の資産管理アプリ『OneStock』を共同開発。

    View Slide

  11. プロダクト開発
    Xの主なサービス
    UXデザイン
    コンサルティング

    View Slide

  12. プロダクト開発の事例
    ※2020年11月期通期決算説明資料より抜 粋

    View Slide

  13. Money Forward Xの
    デザイン組織の現状

    View Slide

  14. UIデザイナー
    のグループ
    UXデザイナー
    のグループ
    UXデザイン部
    サービスによって活躍するデザイナーの強みや役割が違う。

    View Slide

  15. UIデザイナー
    のグループ
    UXデザイナー
    のグループ
    UXデザイン部
    明確に領域を分けているわけでもない。

    View Slide

  16. Money Forward Xの
    デザイン組織の歴史

    View Slide

  17. 2017年
    デザイナー2名で
    『マネーフォワード for 〇〇』のデザイン。

    View Slide

  18. 「Money Forward Xの標準的なサービスづくりのアプ
    ローチを開発し、アプローチ自体を強みにする。今後
    パートナーとの共創の際にも導入し、アプローチを理
    解したメンバーの育成も行う。」
    2018年5月頃:当時の上長の言葉

    View Slide

  19. MFSD(Money Forward Service Design)
    メソッドをまとめてコンサルティングサービスを始める。

    View Slide

  20. MFSDを立ち上げられたポイント
    UXデザインへの関心が高い人と小さく始めていった
    クライアント、Xのメンバーに対して簡易的なワークショップから始めて、少し
    ずつアウトプットや成果を出して合宿などで共有していった。
    自分たちのメソッドをまとめて名前をつけた
    メソッドにMFSDという名前をつけたことで、言葉が徐々に広まっていき、グ
    ループ名にもなった。

    View Slide

  21. 組織に知見を循環させるための活動
    ナレッジ共有会
    プロジェクトごとのナレッジ共有、
    KPTによる振り返りをすることで、共創プロ
    ジェクトを成功させるためのポイントを整理した。
    MFSDトレーニングプログラム
    デザイナーに限らず、メンバーの
    UXデザインスキルを向上させるためのレ
    クチャー、ワークショップを開催している。組織の課題や実際の共創プロジェ
    クトのテーマをもとに、ユーザー調査、分析、アイデア展開などを実践してい
    る。

    View Slide

  22. Money Forward Xの
    理想のデザイン組織

    View Slide

  23. パートナー企業と
    の共創
    Xの今後の事業の方向性
    データ活用による
    付加価値拡大

    View Slide

  24. データ活用
    ユーザーの価値
    理想のデザイン組織
    蓄積されたデータの活用と、多様な金融体験のリサーチでわかってきたユーザー
    の価値をつなげることで、新たなサービスをつくっていける組織。

    View Slide

  25. 多様な
    スキル/専門性
    学び続ける
    理想のデザイン組織
    学び続けることで、新たに身につけるスキルや専門性を掛け合わせ、ユー
    ザーや社会、組織のメンバーのためにデザインを活用できること。

    View Slide

  26. Money Forward Xでは、一緒に新たな金融サービス、
    理想のデザイン組織をつくる仲間を募集しています!
    興味を持っていただいた方は、お気軽にご連絡ください。

    View Slide

  27. 佐々木俊弥
    2021.03.18 | デザイン組織の理想と現実
    Thank you!

    View Slide