Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

多様な_エンジニア_のキャリアと_その中で共通するもの/Women Developers Summit_20231107.pdf

WHIsaiyo
November 20, 2023
1.2k

多様な_エンジニア_のキャリアと_その中で共通するもの/Women Developers Summit_20231107.pdf

WHIsaiyo

November 20, 2023
Tweet

More Decks by WHIsaiyo

Transcript

  1. Women Developers Summit 2023 丸山 三香子 2011年新卒入社 複数のプロダクトを渡り歩きつつも、一貫してエンジニア職   →

    → → プレイヤー 産育休① プレイヤー → → → マネージャー 産育休② プレイヤー マネージャー 子育てしながらのマネジメント業務に奮闘中 2男児の母(7歳、3歳)
  2. Women Developers Summit 2023 伊藤 優 2011年新卒入社 入社から今までほぼ同じプロダクトのエンジニアとして働く → →

    → → → プレイヤー 産休 プレイヤー マネージャー 産休 プレ イヤー 2児の母(5歳、1歳)
  3. Women Developers Summit 2023 Women Developers Summit 2022 Agenda •

    エンジニアのやりがい・苦労 • キャリアの転換点 • ライフイベントによる働き方の変化との向き合い方 ★ エンジニアとして共通しているもの
  4. Women Developers Summit 2023 自由と権利 を持ちながら チームで働く こと 裁量労働制・ 働き方の自由度

    若手のうちから 発言権がある 失敗を許容する 挑戦を 応援してくれる チームでの 機能開発 多様性 (色んな人がいる) オンラインでの働き方
  5. Women Developers Summit 2023 自由と権利 を持ちながら チームで働く こと 自由が認められている文化を 大事にしたい

    人を縛るようなことはしたくない 同じ目標をもって 積極的に前向きに改善 最低限のルールもしくは 空気感・関係性の作り方 試行錯誤しつつ やり遂げたときの達成感は一人でやるよりも何倍も嬉しい!!
  6. Women Developers Summit 2023 時間を使って解決からの転換 • 時短勤務で、仕事で使える時間が減った • 勤務後も勉強の時間があまりとれず 時間をかけるべきところ

    にかけて効率UP! • ツール・ライブラリ等利用できるものは使う • 時間のかかるものは、前倒しで始める • メンバー知識不足によるものであれば、勉強会を開き自分も勉強する • メンバーとの相談はしっかり時間をつかう マネージャーの時には、ここにも工夫
  7. Women Developers Summit 2023 時短勤務を経験した上での時短解除 時短勤務 経験前 時短勤務中 時短解除後 ※子どもが巣立つまで

    比較的、残業時間 も取りやすい どうしても仕事量は減るため、マイナス にならない工夫 生活時間が固定され、時短勤務前のよ うな、残業時間が取れる前提ではない。 • 成果は求めすぎない • 自分のところで仕事が止 まらないよう意識 • MBO(目標)を上司と相談し達 成基準を明確に • スケジュールを入れやすいように固 定できるところは固定
  8. Women Developers Summit 2023 新たな領域へのチャレンジ 産育休中 改めてキャリアについて 立ち返ってみる機会 新たな領域へ 挑戦するチャンス

    復帰後 以前より興味のあったUI/UX へ挑戦! ❖知らないことへの前向きな気持ち ❖勤怠面で休みやすい時期の事前の共有 ➢ WHIでは男女関係なく育児参加している環 境があり、当たり前に理解してもらえる! 挑戦を可能にした背景