Save 37% off PRO during our Black Friday Sale! »

Cloud Next'18とKnativeの話

4365312f9f662ab058e50d1459165e5f?s=47 y-ohgi
August 16, 2018
380

Cloud Next'18とKnativeの話

4365312f9f662ab058e50d1459165e5f?s=128

y-ohgi

August 16, 2018
Tweet

Transcript

  1. ことはじめ

  2. • 大木 裕介 ◦ おおぎ ゆうすけ • プラットフォーム開発部 基盤開発チーム ◦

    まえのお仕事は で など ◦ いまのお仕事は で など ◦ コンテナが好き • アニメ だれ
  3. はなすこと • 個人に熱いと思った アップデート • ってなんぞや ◦ のおさらい ◦ について

    • まとめ
  4. 個人に熱いと思った アップデート つ

  5. • サポート ◦ やっっとバックアップ リストアができるように! • ◦ サポート( ) ▪

    いままで 文しかできなかった ◦ ローカルエミュレータ ▪ やっっっっっっと開発環境でクラウドに接続しなくてよくなった! ◦ ▪ スロウクエリを発見できるように!
  6. • サポート ◦ やっっっとバックアップ リストアができるように! • ◦ クエリ( ) ◦

    ◦ ローカルエミュレータ
  7. • の導入 ◦ • 既存の は自動的に へアップデートされる ◦ の死(?) •

    からも へアクセス可能に!
  8. • ついに ! • 追加機能が諸々 ◦ 環境変数が設定可能に ◦ 内に参加可能に ◦

    イメージを使用可能に • 特に熱いのが「 」 ◦ の が苦手としている「 の操作」がお手軽にできるのでは!!
  9. はなすこと • 個人に熱いと思った アップデート • ってなんぞや ◦ のおさらい ◦ について

    • まとめ
  10. ってなんぞや

  11. • で発表された ◦ がコントリビューション ◦ 現在 • 上で動く フレームワーク ◦

    特定のクラウドにロックインされない ◦ と が協調して動作する
  12. • で発表された ◦ がコントリビューション ◦ 現在 • 上で動く フレームワーク ◦

    特定のクラウドにロックインされない ◦ と が協調して動作する
  13. を知ってる人 ✋

  14. を知ってる人 ✋ を知ってる人 ✋

  15. • のコンテナオーケストレーションツール ◦ 社のコンテナオーケストレーションが前身 ◦ ほとんどのクラウドが をサポート • 豊富なエコシステム ◦

    を中心としたクラウドのエコシステム ◦ • コンテナオーケストレーションツールの デファクトスタンダード
  16. • のコンテナオーケストレーションツール ◦ 社のコンテナオーケストレーションが前身 ◦ ほとんどのクラウドが をサポート • 豊富なエコシステム ◦

    を中心としたクラウドのエコシステム ◦ • コンテナオーケストレーションツールの デファクトスタンダード
  17. コンテナオーケストレーションとは • コンテナ単体だとポータビリティのみ担保 • それ以外のサービスに必要な機能の提供 をしてくれるツール ◦ ロードバランシングやセルフヒーリングなどのもろもろ • 以外にも複数のオーケストレーションツールが存在

  18. Cluster VM VM VM • 主に つの要素から構成される • ◦ コンテナを管理するコンポーネント

    ◦ ユーザーは へリクエストを送りコンテナ オーケストレーションツールを操作する • ◦ コンテナを配置するクラスタ ◦ 複数の物理 仮想マシンを、 つの巨大なリソースプール として扱う ▪ マシン単体では意識しない ▪ でログインしない ▪ 不調なマシンは作り直す VM Control Plane Engineer コンテナオーケストレーションとは
  19. Cluster VM VM VM VM Control Plane Engineer デプロイ! ユーザーに代わり

    コンテナの配置を行う • 主に つの要素から構成される • ◦ コンテナを管理するコンポーネント ◦ ユーザーは へリクエストを送りコンテナ オーケストレーションツールを操作する • ◦ コンテナを配置するクラスタ ◦ 複数の物理 仮想マシンを、 つの巨大なリソースプール として扱う ▪ マシン単体では意識しない ▪ でログインしない ▪ 不調なマシンは作り直す コンテナオーケストレーションとは
  20. Cluster VM VM VM VM Control Plane Engineer スケールアウト! ユーザーに代わり

    コンテナを増やす • 主に つの要素から構成される • ◦ コンテナを管理するコンポーネント ◦ ユーザーは へリクエストを送りコンテナ オーケストレーションツールを操作する • ◦ コンテナを配置するクラスタ ◦ 複数の物理 仮想マシンを、 つの巨大なリソースプール として扱う ▪ マシン単体では意識しない ▪ でログインしない ▪ 不調なマシンは作り直す コンテナオーケストレーションとは
  21. Cluster VM VM VM • 主に つの要素から構成される • ◦ コンテナを管理するコンポーネント

    ◦ ユーザーは へリクエストを送りコンテナ オーケストレーションツールを操作する • ◦ コンテナを実際に配置するコンポーネント ◦ 複数の物理 仮想マシンを、 つの巨大なリソースプール として扱う ▪ マシン単体では意識しない ▪ でログインしない ▪ 不調なマシンは作り直す VM Control Plane Engineer 障害時は同一コンテナが 再作成される コンテナに障害発生! コンテナオーケストレーションとは
  22. Cluster VM VM VM • 主に つの要素から構成される • ◦ コンテナを管理するコンポーネント

    ◦ ユーザーは へリクエストを送りコンテナ オーケストレーションツールを操作する • ◦ コンテナを実際に配置するコンポーネント ◦ 複数の物理 仮想マシンを、 つの巨大なリソースプール として扱う ▪ マシン単体では意識しない ▪ でログインしない ▪ 不調なマシンは作り直す VM Control Plane Engineer 同一のサービスだけでなく、 複数のサービス を協調して動かすことも可能 コンテナオーケストレーションとは
  23. Cluster VM VM VM • 主に つの要素から構成される • ◦ コンテナを管理するコンポーネント

    ◦ ユーザーは へリクエストを送りコンテナ オーケストレーションツールを操作する • ◦ コンテナを実際に配置するコンポーネント ◦ 複数の物理 仮想マシンを、 つの巨大なリソースプール として扱う ▪ マシン単体では意識しない ▪ でログインしない ▪ 不調なマシンは作り直す VM Load Balancer Cluster内のコンテナと LoadBalancerを 紐づけて公開することも可能 コンテナオーケストレーションとは
  24. Cluster VM VM VM • 主に つの要素から構成される • ◦ コンテナを管理するコンポーネント

    ◦ ユーザーは へリクエストを送りコンテナ オーケストレーションツールを操作する • ◦ コンテナを実際に配置するコンポーネント ◦ 複数の物理 仮想マシンを、 つの巨大なリソースプール として扱う ▪ マシン単体では意識しない ▪ でログインしない ▪ 不調なマシンは作り直す VM Load Balancer Cluster内のPod間の通信も可能 コンテナオーケストレーションとは
  25. Service B Service A • の ◦ によって開発 • とは

    ◦ 各サービスの前段にプロキシが配置され、 そのプロキシがネットワークの制御を行う Internet
  26. Service B Service A • の ◦ によって開発 • とは

    ◦ 各サービスの前段にプロキシが配置され、 そのプロキシがネットワークの制御を行う Internet
  27. • の ◦ によって開発 • とは ◦ 各サービスの前段にプロキシが配置され、 そのプロキシがネットワークの制御を行う •

    の機能 ◦ サービスディスカバリ ◦ トラフィックコントロール ◦ メトリクスの収集 ◦ ◦
  28. • のコンテナオーケストレーションツール • コンテナを自動で運用 構築してくれる • コンテナオーケストレーションツールの  デファクトスタンダード Kubernetes •

    の • サービス間の通信の制御を行う Istio
  29. • のコンテナオーケストレーションツール • コンテナを自動で運用 構築してくれる • コンテナオーケストレーションツールの  デファクトスタンダード Kubernetes •

    の • サービス間の通信の制御を行う Istio   ってなんぞや
  30. • で発表された ◦ がコントリビューション ◦ 現在 • 上で動く フレームワーク ◦

    特定のクラウドにロックインされない ◦ と が協調して動作する
  31. • 上で動く フレームワーク ◦ 特定のクラウドにロックインされない ◦ と が協調して動作する • ◦

    コードをデプロイするだけで動作する ◦ イベントドリブン ◦ オートスケール • コンテナベースで な振る舞いを実現する
  32. を構成する つのコンポーネント

  33. • コードをコンテナへビルドするコンポーネント • 複数のビルドツールをサポート ◦ • のコードを でビルドして に することも可能

    Build
  34. • リクエストドリブンでコンテナの起動を行うコンポーネント • リクエスト数に応じたスケールアウトイン ◦ リクエストがないときコンテナは 台になる • を用いて新バージョンのカナリアリリースなども可能 Serving

    Internet
  35. • イベントの管理・発行を行うコンポーネント • イベントドリブンで にリクエストの発行を行う ◦ 例えば の をもとにプログラムを走らせるなど •

    サービスからのイベントは ◦ イベントの標準化規格 ◦ Eventing Serving
  36. None
  37. を叩いてみる 負荷をかけてスケールするかみる

  38. まとめ

  39. まとめ • と が協調してサーバーレスを提供するのが • サーバーレスもベンダーにロックインされない時代が来るのでは! • がプラットフォームの立ち位置を確立し始めている(?) • マネージド

    「 」
  40. ありがとうございました