Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

AWS CloudShell で開発したかった話 / i-cant-develop-in-cloudshell

4365312f9f662ab058e50d1459165e5f?s=47 y-ohgi
December 29, 2020

AWS CloudShell で開発したかった話 / i-cant-develop-in-cloudshell

AWS CloudShell おもしろ選手権
https://connpass.com/event/199259/

4365312f9f662ab058e50d1459165e5f?s=128

y-ohgi

December 29, 2020
Tweet

Transcript

  1. でも開発 したかった おもしろ選手権

  2. • 大木 裕介 (25) ◦ フリーランス • Twitter ◦ @_y_ohgi

    • すき ◦ アニメ・Container だれ
  3. でも開発したい! サーバー編 ストレージ編 まとめ おしながき

  4. でも開発したい! サーバー編 ストレージ編 まとめ おしながき

  5. サイコー! でも開発したい!

  6. ここがサイコー! • ログイン中の ユーザーのポリシーがつかえる! • アカウント毎に環境が立ち上げられる! • 最終ログインから 日データを保管! •

    ! • 無料! でも開発したい!
  7. ここがサイコー! • ログイン中の ユーザーのポリシーがつかえる! • アカウント毎に環境が立ち上げられる! • 最終ログインから 日データを保管! •

    ! • 無料! でも開発したい!
  8. アカウント・ユーザー毎に環境が持てるなら • 各エンジニアのローカル環境に依存しない開発が可能 • 他のアカウントへの誤操作を回避 • 勉強会のハンズオンに使いやすい でも開発したい!

  9. でも開発したい! やってみる! で な環境を立ててみる想定でやってみます

  10. でも開発したい! サーバー編 ストレージ編 まとめ おしながき

  11. で どうやって動かそう? サーバー編

  12. のスペック • ◦ 論理プロセッサー数 • ◦ • ◦ 永続ストレージ サーバー編

  13. のスペック • ◦ 論理プロセッサー数 • ◦ • ◦ 永続ストレージ サーバー編

    開発するには心もとない
  14. の外で動かそう サーバー編

  15. をつかう • を動かすインフラを提供してくれるサービス ◦ ローカルのファイルと同期 ◦ 指定したポートの公開 ◦ 起動中のコンテナへ任意のコマンドを実行可能 •

    開発環境特価の 的なイメージ • でどのエディタを? サーバー編
  16. でも開発したい! サーバー編 ストレージ編 まとめ おしながき

  17. 永続ストレージが ストレージ編 迂闊にライブラリを落としたりできない

  18. を使う • のマネージド サービス ◦ とても安い。 ◦ 単純にマウントして 打つと単位が •

    と 用 立てて から接続 ◦ へ接続するために同一 内に所属する必要があったりはする ◦ 踏み台立ててポートフォワーディングして へ接続 ストレージ編
  19. ここで突然我に返るぼく 「僕は一体なにをしたかったんだ ゚д゚ ポカーン」

  20. でも開発したい! サーバー編 ストレージ編 まとめ おしながき

  21. 以上、青い方の みたいなノリでつかえるかなとおもったひとの でした。 コンソール上で開発したいなら を使おう! アクセスキー払い出さずに カジュアルに使えるの最高! まとめ