Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Serverlessで行ってみよ~

Yasunari Tanaka
September 22, 2018
950

 Serverlessで行ってみよ~

2018.09.22 Cloud Native Hiroshima #01 のLTスライドです

Yasunari Tanaka

September 22, 2018
Tweet

Transcript

  1. 0 Serverlessで行ってみよ~ September 22, 2018 (Saturday) Cloud Native Hiroshima #01

    Yasunari Tanaka(@7richi)
  2. 1 About Me name Yasunari Tanaka attribute Software Engineer Certified

    ScrumMaster @7richi
  3. 2 Cloud Native Landscape

  4. 3 Cloud Native Technology (プロジェクトや製品)を 分類したマップ

  5. 4

  6. 5 ブチある!

  7. 6 CNCFにホストされている プロジェクト

  8. 7

  9. 8 26プロジェクト

  10. 9 つらい!

  11. 10 そもそも 何したかったっけ?

  12. 11 動くソフトウェアを 素早く届ける

  13. 12 ソースコードを 動作する環境へ

  14. 13 shipping

  15. 14 あとはいい感じに

  16. 15 コードを書くに 集中したい

  17. 16 とは言え そんな甘くない

  18. 17 その一つの解決案が serverless

  19. 18 2018年3月6日に Cloud Native Landscape v2.0 で追加された

  20. 19 11のOpen Source Serverless プロジェクト

  21. 20 Fn Project http://fnproject.io

  22. 21 Why Fn Project

  23. 22 赤だから

  24. 23 • 「JavaOne 2017」の基調講演で、 Oracleが発表したJava対応のオープンソースサーバレスプラットフォーム • 特徴 • マルチ言語サポート Java,

    Go, Ruby, Python, PHP, Node.js • コンテナネーティブ コンテナ(Dokcer)上で動く • 簡単(多分) 複雑なfunctionを実装するためのCLIを提供 • 構成 • Function Server(Docker)上にFunction(Docker)が乗っかる (Docker on Docker) • 実行されるとFunction Serverのコンテナ上に Functionのコンテナが立ち上がり一定時間後に消える
  25. 24 Fn Server Router/API Gateway DB API Metadate Docker Registry

    Function Container Function Container Function Container Object Storage 1)Request 2)Look Up 3)Find a slot 6)Execute & Return 7)Store log,metrics etc 5)Pull Image 4)Pull Container 8)Result Hot & Cold Function Containers Cold:リクエスト毎にContainerを生成 Hot:Containerをプールし再利用 (設定により一定時間Containerを残す事が出来る)
  26. 25 Demo

  27. 26 Kubernetesにも対応 https://github.com/fnproj ect/fn-helm

  28. 27 Cloud Native Landscape 沢山のソリューション が有る

  29. 28 目的に合った ソリューションを選ぼう