Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

freeeのCRE誕生から現在までの歩みとセルフサービスへの挑戦について

yasuo424
February 24, 2022

 freeeのCRE誕生から現在までの歩みとセルフサービスへの挑戦について

freeeのCREとしての役割や歩み、セルフサービスへの挑戦についてお話します。

yasuo424

February 24, 2022
Tweet

More Decks by yasuo424

Other Decks in Technology

Transcript

  1.  
    freeeのCRE誕生から現在までの歩みと
    セルフサービスへの挑戦について💪
    2022.02.24

    View full-size slide

  2.  
    2
    製薬企業で10年ほど経理をしていたが、経理シス
    テムの面倒をいろいろ見ている内に(Oracleだっ
    た)プログラミングとかやってみたくなってエンジニ
    アにジョブチェンジ。
    数社のIT系企業やweb制作会社を経て2017年に
    freeeに2人目のCREメンバーとしてjoin。
    最近運動不足のため、高円寺阿波おどりの連に
    入って、横笛(篠笛)の音が出せるように目下練習
    中。
    中田 泰雄
    CRE Engineer
    ystk
    プロフィール画像の
    トリミング方法

    View full-size slide

  3. 3
    01 freeeについて
    02 freee CREの役割と歩み
    03 セルフサービス開発
    04 CREのこれから
    目次

    View full-size slide

  4. 4
    01 freeeについて
    02 freee CREの役割と歩み
    03 セルフサービス開発
    04 CREのこれから
    目次

    View full-size slide

  5. スモールビジネスを、世界の主役に。
    Mission

    View full-size slide

  6. 6
     
    だれもが自由に経営できる
    統合型経営プラットフォーム。
    だれもが自由に自然体で経営できる環境をつくるために、「統合型経営プラットフォーム」を開発・提供します。
    バックオフィス業務を統合することで、自動化と業務全体の効率化。さらに経営全体を可視化することで、
    これまでにないスマートかつ最適なアクションまで実行できるプラットフォームへと進化させていきます。
    また外部サービスとも連携したオープンプラットフォームとして、多様なビジネスニーズに対応。
    ユーザーネットワークの中における相互取引の活性化も強化していきます。
    プラットフォームの提供のみならず、スモールビジネスに携わる人の環境そのものを
    より良くしていく取り組みを行うことで、世の中の変化を促します。
    Vision

    View full-size slide

  7. 7
    スモールビジネス向けに統合型クラウド(1)ERPを提供
    統合型クラウド会計ソフト 統合型クラウド人事労務ソフト
    請求書 | 経費精算 | 決算書 | 予実管理
    ワークフロー | 内部統制
    2013年3月~
    日本のクラウド市場
    シェアNo.1 (2)
    勤怠管理 | 入退社管理 | 給与計算 | 年末調整
    マイナンバー管理
    2014年10月~
    日本のクラウド市場
    シェアNo.1 (3)
    その他サービス
    会社設立 開業 税務申告 受発注 クレジットカード
    プロジェクト管理 電子契約
    注:
    1. クラウドサービス:ソフトウェアやハードウェアを所有することなく、ユーザーがインターネットを経由してITシステムにアクセスを行えるサービス
    2. シミラーウェブ、株式会社ローカルフォリオ「クラウド会計主要3社のユーザ数推計」(2019年10月実施)
    3. クラウド給与計算ソフトの市場シェア:株式会社MM総研「日本におけるクラウド給与計算ソフトの利用状況調査に関するWeb調査(2016年3月実施)」(N=4,168)
    勤怠管理
    (中堅企業向け)
    経費精算

    View full-size slide

  8. 8
    自動化・可視化を実現する
    これまでにない統合型クラウド会計ソフト

    View full-size slide

  9. 9
    統合型人事労務システムを実現する勤怠管理

    View full-size slide

  10.  
    10
    freee会計
    freee開業
    freee福利厚生
    freeeアプリストア
    freee人事労務
    freee会社設立
    freeeスマート受発注
    freeeプロジェクト管理
    freee資金調達 freee申告 freeeカード
    プロダクトラインアップ

    View full-size slide

  11. 11
    ※(1)2021年12月末時点の有料課金ユーザー数。有料課金ユーザー企業数には個人事業主を含む。またfreeeグループ全体で集計。
    2019年
    6月期
    2020年
    6月期
    2017年
    6月期
    2018年
    6月期
    2021年
    12月末
    有料課金ユーザー
    企業数(件)
    ユーザー基盤拡大に向けた取り組み
    有料課金ユーザー企業数(1)は
    33万に 313,206
    8.5万
    11.6万
    16万
    22.4万
    32.7万

    View full-size slide

  12. 12
    01 freeeについて
    02 freee CREの役割と歩み
    03 セルフサービス開発
    04 CREのこれから
    目次

    View full-size slide

  13. 13
    お問い合わせ対応フロー
    CRE
    CS
    or
    sales
    各機能の
    Eng, PMなど
    chatやフォームか
    ら問い合わせ
    ユーザー様
    Public APIを使っ
    たアプリ
    開発者様
    サポートで回答できない場
    合は専用フォームからJRIA
    チケットを起票
    CREで解決できない場合
    担当のチームやPMにアサイン
    技術的な質問が多いため、
    直接CREから回答

    View full-size slide

  14. 14
    2012 2013 2014 2015 2016 2017
    200
    100
    150
    50
    2020
    エンジニア数(人)
    プロダクトとチーム進化の軌跡
    2019
    2018
    プロダクト
    リリース
    会計freee 人事労務
    freee
    会社設立
    freee
    マイナンバー
    開業
    申告freee
    freeeカード
    アプリストア公

    プロジェクト管
    理freee
    freee finance
    lab株式会社
    設立
    CREの前身となるテク
    サポチーム誕生
    業務委託メンバーが
    増え、セルフサービス
    開発を開始
    今まで会計だけだった問い
    合わせ対応領域を人事労
    務やPublic APIにも徐々に
    拡充

    View full-size slide

  15.  
    15
    freee CRE チーム構成
    問い合わせ対応 セルフサービス開発
    サポートでは回答できない仕様の確認や、
    バグと思われる事象の調査。
    ユーザーの問い合わせから回答までのリードタ
    イムを短くするためのフロー構築や関係チーム
    との調整
    対象プロダクトは
    freee会計、freee人事労務、Public API、freee公
    式アプリ
    ユーザーがプロダクトの使い方で迷った時に、
    freeeに問い合わせることなく、自己解決できる
    仕組みをTech Touchで進める
    (chatbotやヘルプページの機能改善など)
    またユーザーがfreeeに問い合わせを行う時に
    できるだけ要件が確定できるような問い合わせ
    がおこなるフォームなども作っています。

    View full-size slide

  16.  
    16
    freee CRE チーム構成
    ● 問い合わせ対応は各プロダクトごとにさらにユニットに分かれている。
    ○ プロダクトごとにドメイン知識がまったく異なるため、各プロダクトごとに担当者を決
    めている。
    ○ freee会計、freee人事労務、freee Public API & freee公式アプリという構成ごとにナ
    レッジの共有などを進めている。
    ● 各プロダクトごとにフェーズがことなるため、対応ユニットごとにOKRを設定して、達成
    をめざす。
    ■ CREでのユーザー様回答までのSLOを持っているユニットもあれば、一次回答
    までのリードタイムを目標にしたり、CRE対応率を見たりユニットによって様々。

    View full-size slide

  17.  
    17
    freee CRE チームの歩み
    ● CREの将来像をチーム内で目線合
    わせて語れるように。
    ● 組織としても大きく成長させていく
    ぞ、そのためには何が必要か?を
    徐々に考えられるように
    ● サポートチームと一緒に次なにやっ
    ていくか?を考えながら走られる体
    制を構築中。
    統一期 これから
    混乱期 2019〜2022
    形成期 2017〜2019
    ● QAチームの1チームとしてテクサポ誕

    ● テクサポとして何をしていくか?を決め
    る。
    ● とにかくフローを整えることに専念
    ○ eng依頼用の専用フォームを作りか
    らJIRAチケットを起票するフローを
    整える
    ○ 対応優先度がユーザー様の温度感
    という謎仕様から優先度の基準を策

    ● 名称がCREに変更
    ● 次々来るチケットの対応だけであっ
    ぷあっぷ。CREが対応しないとすぐ
    にチケットが溜まってしまう状態。
    ● 自立的なOKRの設定に悩む。
    ● サポートから来るセルフサービスの
    要望に対しても主体的に動けておら
    ず、言われたものを実装する状態
    ◯ 現状まだココだけど、この境界の向こう
    がやっと見えてきた感じ

    View full-size slide

  18.  
    18
    参考: ユーザー問い合わせとeng問い合わせの推移
    (freee会計)
    ユーザー数やサポートに来る問い合わせ数自体は伸びているが、eng対応依頼の
    数はプロダクトの成熟と共に減少トレンドとなっている。
    一方freee人事労務などは年々増加している状況。
    ※具体的な数字はマスクしております。

    View full-size slide

  19.  
    19
    参考: freee会計のコード規模感
    テーブル数 800くらい
    Ruby ファイル数 12000くらい
    JavaScript ファイル数 7000くらい
    エンドポイント数 4000くらい
    1ヶ月のコミット数 2000くらい
    1ヶ月のプルリクエスト数 1000くらい

    View full-size slide

  20. 20
    01 freeeについて
    02 freee CREの役割と歩み
    03 セルフサービス開発
    04 CREのこれから
    目次

    View full-size slide

  21.  
    21
    今までこんな開発やってきました
    取引入力ナビのリリース
    本来freeeが回答すべきでない会計知識に
    関する質問(勘定科目何にしたらよい?)な
    どの質問に特化したサイトをリリース
    お知らせ機能
    プロダクト内に表示されるお知らせの機能
    をアップデートし、よりピンポイントに対象の
    ユーザーに情報を伝えられるように
    UI・UXの改善
    エラー文 言や表 示のわかりにくさ、ヘルプ
    導線の設置など
    chatbotの進化
    chatbotをより賢く、頼りがいのあるものにす
    るためにマルチターンの導入やABテストを
    回して回答の精度を高めていく
    お問い合わせフォーム統合
    各プロダクトに独自で実装されていた問い
    合わせ用のフォームを一つに統合。要件確
    定がしやすく、問い合わせに応じてヘルプ
    をサジェスト
    ヘルプページの刷新
    長年Zendeskのテンプレートをそのまま使っ
    てきたものを大幅にリニューアルし、React +
    TypeScriptをメインに書き換え。デザインや
    情報設計の見直し、検索エンジンの置き換
    えも実施。

    View full-size slide

  22. 22
    01 freeeについて
    02 freee CREの役割と歩み
    03 セルフサービス開発
    04 CREのこれから
    目次

    View full-size slide

  23. 23
    プロダクト体験をよりよくしていくために
    CRE
    CS
    各機能の
    Eng, PMなど
    ユーザー対応領域
    解決時間を短く
    プロダクト対応領域
    問い合わせを減らす

    View full-size slide

  24.  
    24
    具体的には..
    ● ユーザー対応領域についてはセールスエンジニア的な動きを模索中
    ○ 例えば、セールスやサポートのユーザー対応にエンジニアスキルのあるメンバーが
    同席して、必要な情報をヒアリングしてソリューションを提示できれば開発チームの
    お問い合わせ対応時間も減らせる
    ● プロダクト対応領域としてはセルフサービス施策やプロダクトのわかりづらさを改善す
    ることで問い合わせの要因となる元を断つ。
    ○ 暗黙知を形式知に変えていく
    ○ 機能別に問い合わせの多い箇所のボトルネックを解消していく
    ● どちらも最終的には「ユーザー体験」を良くしていく点で共通している

    View full-size slide

  25.  
    25
    最後に
    freeeではCREエンジニアを絶賛募集中です!!🔥
    ぜひ私たちと一緒にfreeeのプロダクトをより魅力的で
    使いやすいものに変えていきませんか?
    CREに興味がある、ユーザー対応に想いのあるエンジニアは
    こちら

    View full-size slide

  26.  
    26
    󰢛ご静聴ありがとうございました󰢛

    View full-size slide