Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

発表資料@1on1

816c0d4415c93649db6c29198bf8c1a4?s=47 Kanta Demizu
December 15, 2018

 発表資料@1on1

816c0d4415c93649db6c29198bf8c1a4?s=128

Kanta Demizu

December 15, 2018
Tweet

Transcript

  1. 舞鶴工業高等専門学校 電気情報工学科 4年 出水 幹大 (a.k.a. Sw_Saturn) @2018 SATURDAY, DEC.15

    SUPPORTERZ ENGINEER 1ON1 EVENT
  2. Contents 1.ABOUT ME 2.WORKS 3.FUTURE

  3. ABOUT ME⁄

  4. About me… 出水 幹大 (KANTA DEMIZU) • 舞鶴工業高等専門学校 電気情報工学科4年 •

    プログラマーズコミュニティー部長 • 旅行・カメラが好きです (日本は意外と広い…!)
  5. About me… 夢は世界を動かすKEY-PERSON • 目立たなくてもいい,誰も見たことの ないものを作ろう • 新しいことにどんどん挑戦する

  6. WORKS

  7. 2012 (小学6年) BASH Script 自宅PCでLinuxを 触っていました Swift2.x 高専に入った当初から アプリケーションを作 りたかったので,個人

    でSwiftを学習 Python Linuxで,常時動く システムを制作する ために学習し始める LAMP 高専プロコンの制作 で,LAMP(Linux・ Apache・MySQL・ PHP)環境を構築 Git 学校でGit-itを使用 した講習会があっ たことからGitを使 用し始める Android+ Firebase 高専プロコンの制作 で使用.クラウドの 手軽さを実感した Works 2015 (ߴઐ1年) 2016 (ߴઐ2年) 2017 (ߴઐ3年) HTML+CSS +HUGO アプリケーションのUI 設計が楽しかったこと から,Webのフロント エンドを学習し始める 2017 (ߴઐ3年) 2017 (ߴઐ3年) 2018 (ߴઐ4年) DataBase Backend Application VCS Backend App+Cloud Frontend
  8. 高専カンファ in 舞鶴2 実行委員 Jul 2017 これまでは,イベントの主催側に 回ることがなかったのですが,高 専カンファレンスを期に自ら積極 的に参画していくようになりまし

    た 第28回高専プロコン 大島大会 Oct 2017 高専プロコンには,26回長野大会 に応援学生として参加していまし たが,初めてチームリーダとして 自ら製作したプロダクトをプレゼ ンし,評価して頂きました. 第29回高専プロコン 阿南大会 Oct 2018 前年度の反省を踏まえ,実際に舞 鶴市役所と連携して,プロダクト を実際にユーザーに使用して頂き ました.そのフィードバックを元 に改良を加えていき,さらに一歩 進んだ開発ができました.
  9. Works 今までに作ったもの • ウォーキング支援システム • セルフAI • 聴覚障害者会話支援システム • 電卓アプリケーション

  10. Works ウォーキング支援システム @procon29 • ICカードを用いて歩行を記録,見える化す るシステム. • チェックポイントをあらかじめ決められた コース上に複数設置し,チェックポイント にICカードをかざすことで記録する.

    • 舞鶴市のような人通りが少ない街に設置. • あらかじめコースを決め,人を一箇所に集 めることで防犯の役割も果たす
  11. Works セルフAI • 自身のTwitter上の発言を取得し, SQLiteデータベースに格納. • 格納したデータを形態素解析して, 単語ベースに分割してサーバー上の データベースに保存. •

    分割した単語データをマルコフ連鎖 によって自分らしい文章を生成. • 15分間隔でTwitterに文章を投稿.
  12. Works 聴覚障害者会話支援システム @procon28 • 聴覚障害者と健聴者の会話をよりスムーズ にするべく開発したシステム. • 聴覚障害者にAndroidスマートフォンを 持ってもらい,健聴者と音声認識+音声合 成でチャット形式で会話する.

    • 指向性スピーカーを搭載したケースで,プ ライバシー性が保たれた会話が可能.
  13. Works 電卓アプリケーション • Swiftの学習のために製作したシンプルな 電卓アプリケーション • 計算式の表示・結果の利用が可能 • StoryBoardによるUI設計は直感的で面白 かった

    • 学校のOCで展示した
  14. FUTURE

  15. Future — ෦׆ಈ • プログラマーズコミュニティーをよりオープンな部活動に ‎஌ݟΛڞ༗͠ɼࢹ໺Λ޿͛ͯ΄͍͠ • 積極的に行動を起こせる環境づくり ‎ࣗΒಈ͔ͳ͍͜ͱʹ͸࢝·Βͳ͍

  16. Future サーバーサイドを志望 • インターネットサービスを運営する上で,サーバーは必要 不可欠 • 様々なコンテンツを支え,世界の柱になりたい • 現在,セキュリティを学習中

  17. 本日はよろしく お願い致します.