Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

競技プログラミングをはじめて、 採用担当として成長できた話 / Pepabo Tech Friday 202006

競技プログラミングをはじめて、 採用担当として成長できた話 / Pepabo Tech Friday 202006

ペパボでは毎月第二金曜日をペパボテックフライデーとし、さまざまな事業部のエンジニアがLTを行う勉強会を開催しています。
2020年6月12日に行われたペパボテックフライデーに参加して、お話させていただきました!

0b666fd93192da360be3afb839f09da5?s=128

Asami Fukuba

June 12, 2020
Tweet

Transcript

  1. 1 競技プログラミングをはじめて、 採用担当として成長できた話 福場 麻美 / GMO Pepabo, Inc. 2020.06.12

    ペパボテックフライデー
  2. 2 福場 麻美 @achamixx 採用担当 趣味:キャラクターをつくること 自己紹介 \ だおん /

  3. 3 june24 6月24日生まれ、今年で30歳になります 自己紹介

  4. 4 競技プログラミングをはじめて、 採用担当として成長できた話 福場 麻美 / GMO Pepabo, Inc. 2020.06.12

    ペパボテックフライデー
  5. 5 競技プログラミングとAtCoder • 競技プログラミングとは、与えられた課題を参加者がプログラミ ングで解決する競技のこと ◦ 引用:競技プログラミングとは?エンジニアだけでなく初心者にもおすすめ! • AtCoderは競技プログラミングサイトで、リアルタイムのオンラ インコンテストなどを開催しています

    • 普段私は、コンテストの過去問などを解いています • ペパボの競プロ部の活動ついてはテックブログを見てください
  6. 6 腕前のご披露

  7. 7 腕前のご披露 • 昨年のRubyWorld Conferenceの発表の内容のコードが書け るようになった! Rubyでの計算、条件分岐、繰り返し処理は書ける その中で、プログラミングは指示を することだとわかる 例:Aの場合、◦◦の動きをする。Bの

    場合は△△の動きをする  if a == 0  puts "◦◦"  else  puts "△△"  end
  8. 8 腕前のご披露 4ヶ月弱で解いた問題は128問!灰色コーダーです。

  9. 9 腕前のご披露 読んだ本はこちら

  10. 10 競プロを始めたきっかけ

  11. 11 競プロをはじめたきっかけ • 昨年の12月に参加した逆求人イベントで「競プロやっています」 という学生がすごく多かった • 競プロ、すごく流行ってるのに何も行動していない自分、めちゃ くちゃダサい!!!! • イベント中にペパボの

    Slack の #kyopro に参加 エンジニア学生と競プロの話できるようになりたい!
  12. 12 競プロをはじめたきっかけ • 競プロランチに参加して質問するだけのつもりが、AtCoderの アカウントを作ることになる • 何度かランチに参加する中で、エンジニアのみなさんが解き方 を教えてくれて問題が解けた! ◦ 「エンジニアじゃないから問題解けない」って決めつけないで

    くれて、ありがとうございます! 競プロの概要を知るだけのつもりが、問題を解くことに
  13. 13 「エンジニアリングを理解することはできる」と思っていたけど、逆に 言えば「理解することしかできない」と 自分の可能性をきめつけていた \ わかったこと:やってみる /

  14. 14 競プロをやって気づいたこと

  15. 15 競プロをやって気づいたこと • 問題を解いていて、出力 を ”YES” (大文字)としな きゃいけないものを “Yes” にしたら、不正解になった

    プログラミングは思っていたよりも不器用… https://atcoder.jp/contests/abc094/submissions/10946571
  16. 16 競プロをやって気づいたこと • 素敵なアプリケーションを作ってしまうエンジニアたちは現代の 魔法使いだと思っていた • こんな「いい感じによろしく!」が通じない世界にいたのかと驚 いた プログラミングは思っていたよりも不器用…

  17. 17 競プロをやって気づいたこと • ある日突然コードレビュー されることになり、内心め ちゃくちゃ焦る わかりやすくコードを書く大切さを改めて知る

  18. 18 競プロをやって気づいたこと わかりやすくコードを書く大切さを改めて知る • されてみると「怖い」ものではなく、誰 でもわかりやすいコードを書く大切さ が身にしみてわかる ◦ インターン生のみんなから、コー ドレビューの大切さの話は聞いた

    ことがあった
  19. 19 競プロをやって気づいたこと 変数名だけでなく英語も大事

  20. 20 競プロをやって気づいたこと さらに一段階深く、技術について知る機会になった • 競プロをはじめる前は言語とフレームワークの違いがあまりわ かってなかった ◦ Ruby・Rails・Sinatra みんなRubyファミリーとしてほぼ同じ と覚えていた

    • また競プロができれば、Webアプリケーション開発ができるとい うのも少し違うというのもよくわかった
  21. 21 いままで、学生エンジニアの方のエピソードを聞いて 「それうちのエンジニアも言ってる」という返事だったのが 「わかる!!」に変わった \ さまざまな実績を解除 /

  22. 22 競プロの好きなところ

  23. 23 競プロの好きなところ • 等級・部署・技術領域さまざまなエンジニアが #kyopro にはい るのがとてもよい • 優秀なエンジニアのみなさんに、解き方を教えてもらったおかげ ですぐにコツをつかめた

    ◦ 「業務では~」みたいなお得情報も聞けて便利 • 優秀なエンジニアと働ける環境の素晴らしさを実感した いろんなレイヤーのエンジニアがいるコミュニティ
  24. 24 競プロの好きなところ • 何と言ってもコンテストがすごく好き • 「せーの」で同じ問題を解くので、私が絶対最後になるわけでも ない。同じスタートラインにたって挑戦できる ◦ 同じ悩みを共有できるのも楽しい ◦

    みんなのコードみるのも楽しい ◦ とにかく、楽しい!!!! 採用担当の私でも、エンジニアに挑戦できる楽しさ
  25. 25 ペパボのエンジニアのみなさんの素晴らしさや 組織としての強さ、そして競プロの楽しさを実感して、 さらに自信をもっておすすめできるようになった \ 好き・楽しいで、おすすめできる! /

  26. 26 まとめ • 競プロを始めたことで、実体験を伴う「わかる」と「おすすめ」が 言えるようになった • 「AtCoderのこの問題!」とトピックを絞れば、エンジニアと同じ 目線で技術的な議論ができることも増えた • そしてなにより、楽しいから私も自信をもって話せる!

    できること・わかることが増えると、自信がもてる
  27. 27 みなさんペパボの Slack の #kyopro で会いましょう!!! https://recruit.pepabo.com/ \ これからもエンジニア採用がんばる! /