キャリアパス考察:開発者と動くQAテスターからチーム支援するスクラムマスターへ

 キャリアパス考察:開発者と動くQAテスターからチーム支援するスクラムマスターへ

CI&Tではスクラムマスター(以下SM)のキャリアパスは通常テスター役から始まります。

テスターは開発者達と日々タスクを実施するので、開発の流れ、プロダクトの使い方、技術などについて良く知ることができます。

しかし、SMはプロジェクトマネージャーやプロジェクトオーナーと仕事をすることが多いのでどちらかというと「マネージメント」グループに含まれており、ビジネス要件にしか深く関わることができません。多数の案件を管理するようになると、チームが実際何に困っているか簡単に気づいてあげられない時もあります。

お客様と開発チームとの関係性をより良くするためにはどうすればいいのか。
どちらにも偏らないように、どうすればバランスを保つことができるか。
テスターとして積み上げた知識はSMになった私にどう役立ってるのか。

現在勤めてるプロジェクトの経験も通して、テスターからSMになって感じた変化についてお話したいと思います。

On CI&T, people who are willing to become Scrum Master (SM) usually starts the career path as a Tester.
The tester works daily with the developers so they are able to follow the development process closely, they are able to know a lot about the product itself and all the technologies involved.

However the SM works closer to the Project Manager and the Project Owner, which makes the role to be considered a "management" type. Also, the SM is only able to have deep knowledge about business requirements, since they need to manage several kinds of subjects at the same time. The multi-tasking makes it hard for the SM to realize what are the real needs of the team sometimes.

As a SM, what can I do to improve the relationship between the team and the client?
How the SM should keep the balance between negotiate team advices and PO requests?
How my experiences as Tester can help me as SM?

I'd like to share my experiences on this transition from Tester to SM, and my project.

0d1d0e547f7722fe9d76fcfc4bb07be4?s=128

Arissa Nakamura

January 09, 2020
Tweet

Transcript

  1. 3.

    自己紹介 1992年 ブラジル生まれ 1997年〜2000年 日本暮らし - 日本語を学んだ 2019年 スクラムマスター昇進 2016年9月

    日本来日 - QAテスターとしてCI&T入社 ・・・ (ずっとブラジル) Thaís Arissa Nakamura
  2. 4.

    自己紹介 1992年 ブラジル生まれ 1997年〜2000年 日本暮らし - 日本語を学んだ 2019年 スクラムマスター昇進 2016年9月

    日本来日 - QAテスターとしてCI&T入社 ・・・ (ずっとブラジル) 自己紹介 2018年 Scrum Fest Osaka(スピーカー) Thaís Arissa Nakamura