Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Lenet の開発環境の紹介

53a1f7ddea931dddc7256095ec74f69e?s=47 atsu.kg
December 12, 2020
300

Lenet の開発環境の紹介

53a1f7ddea931dddc7256095ec74f69e?s=128

atsu.kg

December 12, 2020
Tweet

Transcript

  1. Lenet の開発環境の紹介


  2. 自己紹介
 • 古賀 敦士
 • 株式会社ホワイトプラス所属
 • アプリケーション開発を担当
 • 時々、PHP基盤を改善
 •

    最近は社内のランニング部で良い記録が出せ るよう調整中

  3. 
 自宅にいたまま出せる!
 ネット完結型クリーニング
 今日は Lenet の開発環境について紹介


  4. 開発環境の構成
 Kubernetesを本番運用しており、類似構成で開発するためにKubernetesを使用


  5. 開発環境のコンテナ化によるメリット
   ・起動、停止が高速
   ・アプリケーション実行環境の差異を低減
  等々


  6. Kubernetesやコンテナを使った開発環境って扱うの難しそう...


  7. Kubernetesやコンテナを使った開発環境って扱うの難しそう...
 
 それらを意識せずに使えるように整備されている


  8. 例えば、開発環境の構築


  9. 開発環境の構築
 my up    作成/起動
 my halt    停止
 my destroy  破棄
 ・独自コマンド(my)を使ってコマンド一発で構築


    ・環境を壊しても、my destroy -> my up で簡単に再構築
 ・デザイナーチームなどにも同じ環境を展開

  10. 他には、コマンド実行


  11. コマンド実行(一般的な流れ)
 1. Pod名確認
   kubectl get pod
 2. コンテナアクセス
 kubectl

    exec -it ${POD} -c ${CONTAINER} -- /bin/sh
 3. コマンド実行
   ex) php artisan migrate
 これらの手順を毎回やるのは面倒...

  12. Proxyコマンドを設定
 コマンド作成
 パスを通す
 artisan migrate と打つだけ。1ステップでコンテナ上で実行できる!


  13. PHPUnit や バッチ実行などもProxyコマンド経由にすることで、
 開発者はコンテナアクセスを意識しなくて済む
 
 こんな感じで、Lenet ではエンジニアが開発に集中できるように開発環境の改善を 進めています