BEELT AWSのリソースをコード管理した話

86b1827c7599aa38b5eb8491f65f0a01?s=47 BEENOS
June 10, 2019
94

BEELT AWSのリソースをコード管理した話

86b1827c7599aa38b5eb8491f65f0a01?s=128

BEENOS

June 10, 2019
Tweet

Transcript

  1. BEELT BEENOS LT会 #1 サービス基盤

  2. 本日の発表 AWSのリソースをコード管理した話

  3. 資料の内容 EC Tech Group #1 で発表した内容です

  4. 発表者 氏名:加治 博章 所属:技術推進開発部(通称:MAD) (Modern Architecture Development Devision) SNS:@Anorlondo448

  5. 弊社のサービス 日本の通販サイトの商品を世界の皆様にお届けします。

  6. 利用しているAWSサービス

  7. 本日の発表 AWSのリソースをコード管理した話

  8. ECサイトに求められること (インフラエンジニア視 - サイトの安定性 - 新規機能のリリーススピード

  9. コード管理しない場合 - 構築スピードは早いかもしれない - 手順をどう管理するか?

  10. コード管理しない場合 - 手順書やメモを正しくupdateし続けられるか? 構築手順書_20xx.xlsx 構築手順書(1).xlsx 構築手順書_最新.xlsx

  11. コード管理しない場合 - アップデートの早いクラウドで - 同じ構成のものを全く同じように作れるか?

  12. - 手順書でなく、共通の言語(コード)で管理 - Githubで変更管理できる - 誰でも何度でも同じものが作れる コード管理(IaC)のメリット

  13. コード管理のメリット - 構成管理ツール(Git)でインフラの変更管理 - 冪等性/再現性による環境の維持 - 再利用性による新規環境の構築スピード

  14. - Infrastructure as Code - コンピュータリソースをコードで管理する コード管理(IaC)とは

  15. https://www.terraform.io/ コード管理ツール

  16. 選んだ理由 - 学習コストの低さ - plan/apply の2つで大抵できる - dry-runが簡単だった

  17. 宣言的記述 - 「構築手順」でなく、 - 「こうなって欲しい」という状態を書く

  18. 宣言的記述(例) resource "aws_vpc" "main" { cidr_block = "10.20.0.0/16" tags =

    { Name = "sample-vpc" } }
  19. - 環境ごとの差異を無くせる - 切り戻しが簡単 メリット(安定性)

  20. メリット(スピード) - コードが蓄積される

  21. 静的サイト(HTTPS)の コンテンツを配置する環境は 1時間未満で構築可能 メリット(スピード)

  22. - サーバレスやコンテナ関連 - Lambda/API Gateway - ECS/EKS 課題①

  23. - CloudFormation - Apex - AWS SAM (Serverless Application Model)

    terraform以外のツール
  24. - 複数人で開発する際のCI/CD 課題②

  25. - 構成管理ツール(Git)でインフラの変更管理 - 冪等性/再現性による環境の維持 - 再利用性による新規環境の構築スピード コード管理で得られた効果

  26. 皆さん、 どのようにリソース管理してますか? 終わりに

  27. 次回 - terraformで管理者権限をふっとばした話 - 謎の「SLRManagement」にRDSのSGを消された話 - etc...

  28. ご清聴有難うございました!

  29. #beelt