Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

チームで月例会をやってみた~リモート下における新規事業チームの課題を乗り越えるために~

BEENOS
November 10, 2021

 チームで月例会をやってみた~リモート下における新規事業チームの課題を乗り越えるために~

「プロジェクトマネジメント Tips LT会」にて登壇した内容を公開いたします。

LTテーマ:プロジェクトマネジメント
イベント:2021/11/9(火) 19:00-22:00
イベントページ:https://rakus.connpass.com/event/225193/

BEENOS

November 10, 2021
Tweet

More Decks by BEENOS

Other Decks in Technology

Transcript

  1. チームで月例会をやってみた
    BEENOS株式会社 テクノロジー推進室 Linkus開発チーム PM 釜坂 聖
    ~ リモート下における新規事業チームの課題を乗り越えるために ~

    View full-size slide

  2. ABOUT
    釜坂 聖 (Kamasaka Hijiri)
    › 所属
    › BEENOS株式会社
    › Linkus開発チーム 新米PM
    › 技術
    › PHP(Laravel), JavaScript/TypeScript(Vue, Node), Firebase,
    WebRTC, LINE Messaging API
    › 趣味
    › 海外旅行(最近行けてません...)

    View full-size slide

  3. AGENDA
    › 自己紹介
    › 会社/サービス説明
    › 抱えていた課題
    › やったこと
    › まとめ

    View full-size slide

  4. › 実は東証一部上場
    › 中核となる事業は越境EC
    › 新規事業を興したり、スタートアップに出資するなどもしてます

    View full-size slide

  5. 発表したいこと(結論)

    View full-size slide

  6. ● 新米PMがチームが抱える様々な課題を解決するために月例会というのを企
    画した。
    ● そしたら、なかなかいい感じだったので、共有します!
    共有したいこと(結論)

    View full-size slide

  7. ● エンジニアサイド:11人
    ○ 社員、業務委託(日本、フランス)、オフショア(ベトナム)
    ● ビジネスサイド:6人
    ○ BO、営業、UI/UXデザイナー
    合計17人
    チーム構成(前提条件)

    View full-size slide

  8. 抱えている課題

    View full-size slide

  9. ● 事業として今注力したいことを共有する機会がない
    ● 日々変化するビジネス環境について共有する機会がない
    ● サービスの現在地について共有する機会がない
    ● Slack上でしかコミュニケーションしたことないチームメンバーが多い
    ○ 細かな認識合わせや温度感の調整に難あり
    チームの抱えている課題

    View full-size slide

  10. ● コミュニケーションの機会不足
    ● 各立場、チーム間での情報格差
    課題をまとめると
    ➔ リモートワークの影響が大きい
    (リモート前はこのような課題を感じたことがなかった)
    ➔ PMという立場になると関係者全員と話す機会が増えるので、
    上記の課題を認知できなくなってきてしまうのも課題...

    View full-size slide

  11. ● 日々変化する優先順位 => ビジネス環境の変化(入国制限の状況など)
    ● 日々変化する機能要件 => ふんわり要件から作り始める機能も多い
    ● 日々変化する現在地 => 顧客数、競合の動き
    新規事業の特徴
    ➔ 新規事業開発においては日々すごい勢いで状況が変化していく
    ので、適切な情報共有が超重要

    View full-size slide

  12. ● 優先順位を間違えて、本来一番早く届けたかった価値の提供が遅れる
    ● 認識の齟齬で実装に手戻りが発生してしまう
    ● ちょっとヤバイなと思った時に共有するタイミングが遅れる
    ● 現在地や目指しているものが分からずモチベーションが上がらない
    ● 他のメンバー(ビジネスサイド)がどんな動きをしているか全く分からない
    課題がもたらした結果

    View full-size slide

  13. 月例会を開催してみよう!

    View full-size slide

  14. ● BEENOSでは既存事業の大規模サービスを開発している部署では月例
    会が大々的に開催されている。
    ● 今後の戦略なども各部門のトップから共有される
    ● その月の数値共有だけでなく、MVP表彰制度などもある
    なぜ月例会?
    なんか楽しそうじゃん?
    チーム単位で小さくやってみてもいいかも!

    View full-size slide

  15. ● エンジニアサイド発表 🎉
    ○ 今月頑張ってリリースした大きめ機能を開発者が発表!
    ○ みんなで拍手👏
    ● ビジネスサイドの発表🎉
    ○ 営業の進捗や会員数の推移、お客さんからの声を発表!
    ○ みんなで拍手👏
    ● BOからの総括󰭉
    ○ ビジネス環境の変化、今後の戦略などについて共有
    コンテンツ

    View full-size slide

  16. ● ビジネスサイドって普段何やってるの?
    ○ 営業順調なの? こないだリリースした機能のお客さんの反応は?
    ● 最近のビジネス環境はどうなの?
    ○ コロナの影響は? 最近、この業界のネガティブなニュース多いけど?
    ● ぶっちゃけ今の状況どうなの?
    ○ 会員数の伸びは? クローズされない? 
    ぶっちゃけた質問も結構

    View full-size slide

  17. ● 普段は一人で開発をしている事が多いが、改めてこんなにも関係者がい
    るんだと思って、気合が入った!
    ● 普段なかなか顔を合わせないメンバーが揃うことでサービスへの気持ち
    が高まる気がする!
    ● 直近でどんな機能が実装されたかわかっていないので、定期的に知るこ
    とができるのは嬉しい。
    ● 業界や営業の状況に纏わるちょっとした数字を知ることが出来て良かっ
    た。
    メンバーの反応(アンケート結果)

    View full-size slide

  18. 課題は解決できたの?

    View full-size slide

  19. ● 事業として今注力したいことを共有する機会がない
    ● 日々変化するビジネス環境について共有する機会がない
    ● サービスの現在地について共有する機会がない
    ● Slack上でしかコミュニケーションしたことないチームメンバーが多い
    ○ 細かな認識合わせや温度感の調整に難あり
    課題は解決できたの?
    ➔ 全ての課題が解決できた訳ではないが、確実にいい方向に進ん
    でいるはず!(まだ3ヶ月目なので...💦 )

    View full-size slide

  20. ● もし、チーム内のコミュニケーション不足や情報格差など似たような課題を
    抱えているチームがあれば、
    ● ぜひ月例会などコミュニケーションの機会を作ってみてはいかがでしょう
    か?
    ● 意外と盛り上がって、モチベーションも上がって、今のところいい感じで
    す!
    まとめ

    View full-size slide