Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

成長し続けるチームづくりのためにやっていること

 成長し続けるチームづくりのためにやっていること

* Developer eXperience Day 2021
https://dxd2021.cto-a.org/​​

* VOYAGE GROUPで成長し続けるチームづくりのためにやっていること
https://dxd2021.cto-a.org/program/time-table/d-2

* 動画
https://www.youtube.com/watch?v=zthxs-F1xOI&t=4495s

Db56c5975c67fcabeb1a395b835fa250?s=128

Masao Maeda

April 10, 2021
Tweet

Transcript

  1. Engineers in VOYAGE
 VOYAGE GROUPで 成長し続けるチームづくりのために やっていること 2021年4月10日(土) 14:00- 株式会社

    VOYAGE GROUP
  2. Engineers in VOYAGE
 気になったこと 素朴な感想 質問 リアクション Youtube, twitterにお気軽に書き込んでみてください #dxd2021

    #streamD
  3. Engineers in VOYAGE
 自己紹介 前田 雅央 (@brtriver) 株式会社 TELECY エンジニア

    BtoBの管理画面開発を得意とするソフトウェアエンジニア。インター ネット広告配信システムの管理画面の開発を支えてきたが、現在は 運用型テレビマーケティングを実現する TELECY という新規プロダク トの開発中。音響映像関係に精通し社内の配信の裏方もこなす。
  4. アジェンダ • 会社概要、サービス紹介 • 私自身のVOYAGE GROUPでの経歴 • VOYAGE GROUPに入ってわかったVOYAGE GROUPの特徴

    • 成長するチームづくりのために何をやっているか 自分自身がVOYAGE GROUPで開発者として体験したこと・やってい ることを通してVOYAGE GROUPを深堀りしてみる
  5. Engineers in VOYAGE
 会社概要、サービス紹介

  6. 会社概要

  7. 1999年の創業から20年間、様々な事業に挑戦し続けることで成長してきました。 過去10年間でも、20以上の子会社を立ち上げ、 100以上の事業やサービスに挑戦してきました。 VOYAGE GROUPについて (売上推移)


  8. 事業概要
 インターネット広告領域を中心に大きく分けて3つの事業を展開

  9. アドプラットフォーム事業


  10. アドプラットフォーム事業


  11. ITエンジニア本大賞 2021 大賞受賞
 https://www.lambdanote.com/products/engineers-in-voyage

  12. https://speakerdeck.com/twada/engineers-in-voyage テスト駆動開発でもおなじみの 和田(@t_wada)さん が、VOYAGE GROUPに在籍する 主要なソフトウェアエンジニアにインタビューし、その内容をラムダノートさんの協力の元、 まとめていただきました。

  13. Engineers in VOYAGE
 私自身のVOYAGE GROUPでのDX

  14. VOYAGEGROUPでの自分自身のこれまでの経歴
 2011.07 ~ 2013.10 ~ 2019.10 ~ リリースされて間もない状況の管理画面での新規開 発と保守運用。単体テストがほぼ無い状態からテスト ができるようにしたり、アドテクについて理解を深めて

    いく。VOYAGE GROUPの文化に馴染む 新しくアドネットワークのサービス開発にアサイン。 fluctでの経験を活かし、運用しやすい気付ける管理 画面を意識しゼロイチで開発 新しいサービスとして何を作っていくか考える段階か ら参加。アドテクで身につけた知識を活かしつつ 強い チームをどうやったら作れるかを模索中 VGにジョイン どういう文化? 運用しやすいとは?
  15. VOYAGE GROUPらしいなと思ったエピソード 1
 2011.07... VOYAGE GROUPにジョインし一通り仕事を始めたころの AJITINGでの会話 https://voyagegroup.com/culture/synergy/ajito/ AJITO

  16. VOYAGE GROUPらしいなと思ったエピソード 1
 2011.08... VOYAGE GROUPにジョインし一通り仕事を始めたころの AJITOでの会話 1ヶ月経ったけど気になったこと ありました? 管理画面のコードに単体テストがないんで

    すよね。メンバーに聞いたら使っているフ レームワークに依存している部分があって 書けないと ソース読むとたしかにそうなんだけど、依 存している部分を切り出すことは可能だと 思うからできると思うんですよねぇ じゃあ、やっちゃってください!
  17. VOYAGE GROUPらしいなと思ったエピソード 1
 • 意思決定がはやかった (もともとは雑談) • 自分自身が感じた課題がそのまま次の仕事になった • 自分だからチャレンジできると思ったことにチャレンジできた

    • この仕事は絶対にやりきってやろうと思った • 無事単体テストを用意できる環境を作ることができ、メンバーが単体テスト を書けるようになった • ただし、すぐ落ちて欲しいときに落ちないのに、落ちなくていいときに落ちる 単体テストが次々と... という新しい課題にチャレンジ... じゃあ、やっちゃってください!
  18. VOYAGE GROUP の Developer eXperience 手を挙げれば、裁量を持ってチャレンジできる

  19. Zucks時代 営業・運用を支える "気付ける" 管理画面
 https://www.slideshare.net/brtriver/ss-53483240 Zucksアドネットワーク開発で声がかかり手伝うことに 前の部署の経験を どういかした?

  20. Zucks時代 営業・運用を支える "気付ける" 管理画面
 https://www.slideshare.net/brtriver/ss-53483240 やってきたこと コミュニケーションの工夫

  21. Zucks時代 成長しつづけるためのチームづくり
 属人化していないかを意識 • 自分だけができることを無くす ◦ 自分しか把握していない領域は誰かを巻き込んで作業する • 営業側がどのエンジニアに聞いてもとりあえず話しを聞けるように ◦

    全員の詳細な仕事内容まで把握していなくてもOK ◦ 最初のコミュニケーションが取れるだけでも違う やってきたこと
  22. Zucks時代 成長しつづけるためのチームづくり
 レビュアーは「それ大丈夫?」を意識 • できるだけ小さくリリース ◦ データが戻せないような修正は小さくてもレビュアーが止める • どうしてもビッグバンリリースの場合は、revertが安全にできるのならGO ◦

    問題があったことに気づけるモニタリングが大事 やってきたこと
  23. Zucks時代 成長しつづけるためのチームづくり
 「それって今しなくちゃならないんだっけ?」 • 基本優先順位が高いものをひたすら倒せられるのが理想 • 優先順位が低く手間が掛からないもの(文言変更等)は気分転換でやる or 新メンバー用初日タスク •

    なかなか優先順位が上がらないけど重要なタスクは合宿などで短期集中で対応 • 優先順位を決めるために要望シートを活用 やってきたこと
  24. Zucks時代 優先度はみんなで考える
 要望シート では優先度を直接書かずにどれだけ困っているかを書く • 優先順位が高いかどうかを意識させないためのシートが要望シート • 要望シートとは? ◦ スプレッドシートに、困ったことや欲しい機能などを本人が記入

    ◦ 週に1度みんなで整理する会を開催 • 本人が要望するのだからそもそも優先度はみんな高い問題 ◦ もし低い優先度だとそもそも着手されないし書き込まれない • どれだけ困っているかを書いてもらい、それをみんなで判断 ◦ 解決するとどれだけ売上が上がるのか? ◦ 解決するとどれだけ手間が削減し他の作業ができるのか? ◦ いつまでにできないとそもそも意味がないのか? ◦ 他の解決策が既にあるのではないか? やってきたこと
  25. VOYAGE GROUPらしいなと思ったエピソード 3
 VOYAGE GROUPを通して文化が同じなので、前部署の経験が新 しい部署でも活用しやすい • 営業側の現場の人とのコミュニケーションを密にとりやすい ◦ 本当に必要な機能を何に困っているかやりたいかを理解できる

    • エンジニアから営業側へのコミュニケーション ◦ アプリケーションエラーはslackに通知し、エンジニアから声掛け Zucksでの開発していた内容を技術力評価会で他チームのエンジニアからも フィードバックをもらい、自分だけでは気づけていない点を認識でき改善を行った
  26. VOYAGE GROUPらしいなと思ったエピソード 2
 • 「評価会」という名前から硬いイメージがあるが、実際はとてもアットホームな会 • 仕事でやったアプローチや考え方を他部署のエンジニアと壁打ちできるのが楽しい • 評価者側もどういう評価をしたかを見られているという緊張感はある https://speakerdeck.com/makoga/understanding-voyagegroups-technology-assessment-in-5-minites

  27. VOYAGE GROUP の Developer eXperience チームを超えてフィードバックし合い、 みんなで成長する

  28. ZucksからTELECYへ


  29. TELECYのチームについて
 • 出来て間もないサービス ◦ 2020.05 にサービスリリース ◦ 最初は最低限のエンジニア2名で開発。現在7名 ◦ アプリケーションエンジニアとデータサイエンティストの

    2軸 ◦ インフラなど知識が不足している部分は他チームからのサポート • COVID-19の影響 ◦ エンジニアはフルリモートで開発 ◦ スタンドアップミーティングの代わりに夕方に aroundで夕会を実施
  30. 新しい小さなチームで意識していること
 • やりたいことはきちんと洗い出す • すべてのやりたいことを実現するだけのエンジニアがいない • 判断、実装を遅らせることができる限り遅らせる • 作りすぎない。やりすぎない。シンプルな作り込みを繰り返す •

    捨てられることを常に意識する 「その機能は今本当に必要なのか?」 やっていること
  31. 新しい小さなチームで意識していること
 • 失敗を恐れない。責めない ◦ むしろ失敗して気付けることが多い • ゼロイチの開発ではバグは発生しやすい ◦ バグを見つけることができてよかった ◦

    バグに気づけていない場合は監視設定が適切ではない可能性 • 失敗してもやり直しやすように、作り込みすぎない ◦ 最初から抽象化をがんばらない。最初はファットコントローラーでも良 い ◦ レビューで作り込みすぎていないかをレビュアーが確認 失敗 = 成功するための発見 と考える やっていること
  32. 新しい小さなチームで意識していること
 • スタンドアップミーティングの代わりに夕方に aroundで夕会を実施 ◦ 今日なにをやったかをGoogleドキュメントに箇条書きで各自記載 ◦ 自分が司会進行役 ▪ カメラはON。相槌は大げさに

    ▪ やったことを書いている間に雑談 (雑談大事) ◦ 情報の共有 ▪ 自分たちが作っているサービスの情報 (案件内容、課題)を共有 ▪ 直接やっていないタスクの状況を知ることができる。意見も言える オンラインでのスタンドアップミーティング やっていること
  33. 新しい小さなチームで意識していること
 • meetも使っているが、夕会においては meetよりもしっくり来た • UXが対面で話している感じにとても近い ◦ ビデオ画面が邪魔ではない ◦ 顔認識で常に顔が中心に

    ◦ フィルタを有効にすれば顔出ししやすい • slack連携が自然 • 辛いところもある ◦ アプリが不安定 ◦ 今後メンバーが増えたときにUX低下しそう なぜ around を使っているか
  34. VOYAGE GROUP の Developer eXperience さまざまな事業フェーズを体験することで、スキ ルや経験の幅が拡がる

  35. VOYAGE GROUP の Developer eXperience • 手を挙げれば、裁量を持ってチャレンジできる • チームを超えてフィードバックし合い、みんなで成長する •

    さまざまな事業フェーズを体験することで、スキルや経験の幅が拡がる 全員でこれからのVOYAGE GROUPの文化を作っている 工夫しながらやってきて体験としてよかったことが定着
  36. 一緒に戦う仲間を募集中です
 テレシー • シニアアプリケーションエンジニア • シニアデータサイエンスエンジニア fluct • シニアソフトウェアエンジニア •

    iOSエンジニア • ソフトウェアエンジニア(フロントエンド) • CRE(CustomerReliabilityEngineer) Zucks • シニアWebアプリケーションエンジニア • Webアプリケーションエンジニア VOYAGE MARKETING • アプリケーションエンジニア VOYAGE Lighthouse Studio • アプリケーションエンジニア システム本部 • セキュリティエンジニア
  37. Ask the Engineers
 in VOYAGE
 気軽に質問や情報交換などができるオンラインカ ジュアル面談を調整します。 
 すぐに選考を希望する方でなくとも問題ありません し、情報交換からという方も歓迎です。

    
 ask the VOYAGE 検索 https://hrmos.co/pages/voyagegroup/jobs/0-casual-e001
  38. Engineers in VOYAGE
 VOYAGE GROUPで 成長し続けるチームづくりのために やっていること もし時間が残っていれば コメントに答えていきます