プロダクトファーストに価値を創造するエンジニアとしての生き方 / Product first Engineering

Bfdc891851e466251d4e7bca34dc4057?s=47 dmnlk
November 30, 2019

プロダクトファーストに価値を創造するエンジニアとしての生き方 / Product first Engineering

Bfdc891851e466251d4e7bca34dc4057?s=128

dmnlk

November 30, 2019
Tweet

Transcript

  1. 2.

    © - BASE, Inc. ⾃⼰紹介 : @dmnlk 川⼝ 将貴 (

    Kawaguchi Masaki ) BASE , Inc. 1991年⽣まれ 28歳 2社⽬ 執⾏役員 CTO
  2. 3.

    © - BASE, Inc. MISSION Payment to the People, Power

    to the People. ひとりひとりに眠る、想いが、感性が、才能が。 世界中の、必要な⼈に届くように。 そこから⽣まれる、作品に、アイデアに、活動に。 正当な対価を、受け取れるように。 ペイメントを、世界中の⼈へ解放する。 世界のすべての⼈に、 ⾃分の⼒を⾃由に価値へと変えて ⽣きていけるチャンスを。 あたらしい決済で、あなたらしい経済を。
  3. 13.

    © - BASE, Inc. 学⽣時代 • ネットワーク情報学部 • いわゆる情報系 •

    プログラミングとか学ぶ • コンピューターサイエンスではない • なんとなく⼤学⾏ってなんとなく卒業 • 深夜までネトゲ • プログラミングして適当なウェブサービス作ったり • コンピューターウイルスとか興味あって触ってた • 卒論がなかったので代表作無
  4. 14.

    © - BASE, Inc. 新卒時代 とりあえず就職するぞ!!!! • インターネットが好き • 周りはSI的な場所へ⾏きたがる→安定性?

    • ⾃分はmixi、 ch、Twitterとかやってた • インターネットが⾃分の⼈⽣に強い影響 • スーツ着たくない • 世はソシャゲブーム • とりあえず内定が出た渋⾕の緑の会社のゲーム系⼦会社へ
  5. 17.

    © - BASE, Inc. 新卒時代 • 書いたコードに責任が⽣まれる • 学ばなければいけない事が⼭程ある •

    ⼈が読めるコード、メンテナビリティ • パフォーマンスが悪いコードはサービスに直影響 • 8年モノのサービス • 全てが古い • SVNで管理されたコード,⾔語ver,EOLなFW,デプロイフロー • モチベが下がりがち
  6. 19.

    © - BASE, Inc. やっていったこと • CIͷಋೖ • ख࡞ۀͰ΍͍ͬͯͨ͜ͱΛࣗಈԽ •

    SVN͔ΒGit΁ • ݱ୅త։ൃϑϩʔ΁ • ݴޠVerͷΞοϓσʔτ • ίʔυͷදݱྗΞοϓ • ύϑΥʔϚϯεʹ௚݁͢Δ • Πϯϑϥ஌ࣝͷڧԽ →ࣗ෼Ͱ؀ڥΛม͍͑ͯ͘͜ͱͰࣗ৴͕ੜ·ΕΔ
  7. 23.

    © - BASE, Inc. 転職 • 1社⽬が悪かったとかではない • 取り巻く情勢が変わってきた •

    上司が辞めたりもした • そろそろゲーム事業以外もやってみたい • インターネットっぽいことがしたい • ⼥性向けゲームは難しい • 惰性で仕事ができるようになってきてしまっていた • ⾃分が弱い場所に⾏きたい リファラルとかではない転職へ
  8. 24.

    © - BASE, Inc. BASE⼊社 • Wantedly経由でいくつか選考 • インターネットっぽさのある企業 •

    えふしんの存在 • 最終⾯接で代表の鶴岡 • インターネットで世界を変えていけそう • PHPやったことがないからこそ、最弱になれそう
  9. 25.

    © - BASE, Inc. 転職してみて • サービスに対する知識はゼロ • 決済?お⾦払うだけでは? •

    多様な決済、ステークホルダーの多さ • お⾦を払い物が届き売上がオーナーの⼝座に⼊る • サービスが⽌まるとオーナーの⽣活も⽌まる • ゲームとは別の種類の緊張感 • 多様なユーザー層 • ⼤規模ショップからインターネット始めたてまで • わかりやすい→誰にとって?
  10. 26.

    © - BASE, Inc. 技術⾯の不安 • PHPなんもわからん • Java育ちからすると不安しかない型宣⾔のなさ •

    テストの重要性を認識 • CIの速さ、安定性が開発に直結する • 負荷対策の⾒通しが⽴てづらい • いつどのショップが売れるか分からない • プッシュ通知で負荷増加、サービス不安定
  11. 29.

    Confidential Confidential © - BASE, Inc. 「BASE Apps」機能紹介 動画配信機能「BASEライブ」 ⽇経トレンディ「2018

    ヒット予測100」第2位 「熱狂ライブコマース」 が選出!「BASEライブ」 も掲載されました ʮBASEʯग़ళγϣοϓ͕ࣗΒϥΠϒ഑৴Λ௨ͯ͡γϣοϓ΍঎඼ͷ঺հ͕Ͱ͖Δಈը഑৴ػೳͰ͢ɻ • ⽂章や画像だけでは伝えきれなかったショップと商品の魅⼒ をライブならではの距離感で表現。 • γϣοϓͱϑΝϯ͕ϦΞϧλΠϜͰ૒ํ޲ͷίϛϡχέʔγ ϣϯΛͱΔ͜ͱ͕Ͱ͖·͢ɻ • ライブはショッピングアプリ「BASE」から視聴できます。 ライブをみながら商品の閲覧‧購⼊が可能です。
  12. 30.

    © - BASE, Inc. サービス知識の⾝につけ⽅ • ユーザーからの問い合わせ • サービス知識の宝庫 •

    とりあえず⼿を上げて調査 • ⾃分が開発してない機能も⾒ることになる • ⼤抵コードが古く⾟い • 不具合を直すついでに改善 • CSチームや営業チームとのリレーションも⽣まれる 初速を上げるのに便利
  13. 31.

    © - BASE, Inc. • ⼊社半年くらいでリードエンジニアに • バックエンドエンジニアとして⼊社したがインフラも積極的に関与していた • 所属チームだけでなく守備範囲を広げた結果

    • 技術導⼊にも積極的に • 知識を陳腐化させない、アップデートしていく • サービスに対する知識の増加 • 在籍年数の少なさを濃度でカバーする • 知らなくても調べればなんとかなる
  14. 32.

    © - BASE, Inc. リードエンジニアに求められること • 技術でプロダクトを成⻑させるのがエンジニア • リードエンジニアはその上位概念 •

    後進の育成、採⽤に責任、失敗を成功に変えられる • 技術への先⾏投資もしていく • プロダクトを⾮連続的に成⻑させるため
  15. 33.

    © - BASE, Inc. 今使っている技術だけに注⼒しない • 半年〜1年だけを⾒ない • 3年後、5年後、10倍のユーザー規模になってもプロダクト の質は落ちないか?

    • 10倍の開発メンバーになっても開発速度落ちてないか? • 次世代の優秀なエンジニアが⼊社したい環境か?
  16. 37.

    © - BASE, Inc. ⼈それぞれ • 「技術は⼿段」 • そう⾔いたい気持ちもわかる •

    技術に⾃信がない⼈間の逃げにも聞こえる • そういう思いも少なからずある • ⾃分の市場価値をプロダクトファーストにした
  17. 38.

    © - BASE, Inc. ⾃分の性質を⾒極める • 技術的な楽しさだけで⽣きていける? • ⾃分はそうではなかった •

    ⽬の前にあるプロダクトがいい感じであってほしい • インターネットをより良くしていきたい • ⾃分にできるのは技術を使ってプロダクトを伸ばす • 技術は投資
  18. 46.

    © - BASE, Inc. CTOの役割定義 • 前CTOが辞めるわけではない • 全ての責務を継承する必要がない •

    社内システム、内部統制などは前CTO(EVPoD) • CTOとしては技術戦略の全ての責任を持つ • 引いてはプロダクトの技術責任を負う • これならやる意義がある
  19. 47.

    © - BASE, Inc. CTOになってみて • 最初の3ヶ⽉は動き⽅をあまり変えなかった • 元々持ってたタスクもあった •

    ⾒える情報の広さや深さは変わった • それだけではうまくいかない • 次の技術戦略を考え実⾏に移していく必要がある • 開発速度の上げ⽅ • EOLが近づくFWのリプレイス etc エンジニアとして次の成⻑が求められることを実感
  20. 49.

    © - BASE, Inc. ⾃分が想像するキャリアを超えていく • ⾃分もなんとなく技術をやっていく⼈になると     思っていた • 結果的には上場企業のCTOになっている

    • ⼈⽣何が起きるかわからないが対応出来るように    素振りをしておこう • ⾃分にとって何が重要かを持っておこう
  21. 50.

    © - BASE, Inc. プロダクトファーストな⽣存戦略 • 技術に極振りできない⼈たちへ • ⾃分が携わって楽しいプロダクトがある会社へ⾏く •

    楽しくないなら次に⾏くのも⼿、⼈⽣は有限 • プロダクトが成⻑することで⾃分の成⻑実感を持てるよ うにすると楽しいし次の成⻑モチベに • ⾃責を持ってプロダクトに向き合っていく • 技術を使ってプロダクトを成⻑させよう • プロダクトを成⻑させて⾃分も成⻑しよう