Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

DEMO Apps recently implemented

Drumato
August 08, 2021

DEMO Apps recently implemented

あるcommunityで発表した雑LT.

Drumato

August 08, 2021
Tweet

More Decks by Drumato

Other Decks in Programming

Transcript

  1. 最近作ったもの紹介 Drumato

  2. 雑談 最近やっていること

  3. Scrapboxになんでもない技術メモ

  4. scrapboxは脳のL1 cacheに良さそう

  5. Controller-runtime Code reading & understanding

  6. 本題

  7. 最近趣味codingしてない

  8. なまっているか心配

  9. LTのためになんか作る

  10. 即席で作ったもの2つ紹介

  11. おもちゃ1

  12. tinetdみたいなのを作る 所要時間: 2~3時間ぐらい

  13. tinet,使わせてもらっています • よくわかっていなくても使える ◦ 適当にREADME読んだら使えました(便利! ◦ Examplesに要件を満たすものが落ちてれば新たに設定書くこともない • Scrap and

    Buildがサクサクできる -> 検証に最適! ◦ いちいちVM image落としてきて, confして, FRR installして...とやるのは大変 ◦ Localで動いてすぐ消せる
  14. 以下のようなものを作ってみたくなった • なんとなく以下ができたら"楽しそう" ◦ 実行するとup - confを実行 ◦ Signal投げたら勝手にdownする ◦

    設定追加したら自動で反映してくれる...? ▪ fileを監視するcodeを書いたことがないので,やってみたい ◦ testが断続的に動いてくれる • 結果的に本家tinetのほうが全然便利,だけど楽しかったのでよし
  15. 実装イメージ

  16. Original behavior

  17. tinetd behavior

  18. 作る

  19. 作り方 • tinet資源は利用せず,1から作る ◦ 理由1: コードが小さくわかりやすかったので十分理解できた ◦ 理由2: 一方でtinetの多機能に全部追従するのは大変そう ◦

    結論: コードを読んで最低限の機能を移植すれば良さそう • fsnotifyとかsignalの使い方は勉強 • あとは頑張って作る
  20. 結果 • Goで400行くらいで出来た ◦ fsnotify/signal/tickerは使い方はかんたん • 設定とstateの差分でcommand execは意外と大変 ◦ 同じnode

    nameはあるが中身は異なるかも -> reflect.DeepEqual() ◦ Nodeが減ってるかも -> map - mapにして差分はdownを実行すればできそう ▪ とりあえず無視
  21. DEMO

  22. None
  23. tinetdから学んだこと • fsnotifyの仕組みはちゃんと知りたいな ◦ まずはinotifyとかから勉強することになるのかな • fsnotifyの用途はなんだろう ◦ "時々fileを開いて読む"で十分なことも多そうなイメージ ◦

    Controller-runtimeはtls certificateの監視に使っている • tinetは便利 • それよりnetworkの勉強自体をしなきゃ
  24. おもちゃ2

  25. eBPF disassembler

  26. ありがとうございました