Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

このタイミングで知っておきたい 開発生産性の高いエンジニア組織の特徴とは / dev-sumi-20220721-productivity-features

6f425ca5b796b421dca359b95046184f?s=47 Findy
July 21, 2022

このタイミングで知っておきたい 開発生産性の高いエンジニア組織の特徴とは / dev-sumi-20220721-productivity-features

Findyは2021年より「エンジニア組織支援クラウドFindy Teams」の提供を開始し、数多くの経営層やマネージャー陣とエンジニア組織に関するディスカッションを重ねてきました。その中で多くの企業が開発生産性に課題感を持っており、さまざまな角度から取り組みを行っております。そこで本セッションでは、多くの組織を顧問として支えてきた広木氏をお招きし、開発生産性の高い企業の特徴を事例ベースで紐解いていきます。

Findy Teams
https://findy-teams.com

Developers Summit
https://event.shoeisha.jp/devsumi/20220721

6f425ca5b796b421dca359b95046184f?s=128

Findy

July 21, 2022
Tweet

More Decks by Findy

Other Decks in Programming

Transcript

  1. © 2022 Findy Inc. このタイミングで知っておきたい 開発生産性の高いエンジニア組織の特徴とは Developers Summit 2022 Summer

    B-8 16:55~17:25
  2. © 2022 Findy Inc. 登壇者

  3. © 2022 Findy Inc. 【略歴】 グリーにてフルスタックエンジニアとして勤務後、 2016年6月にファインディを立上げし、取締役CTO就任。 趣味は筋トレ。 大学院では、稲葉真理研究室に所属。 過去論文間の類似度を、自然言語処理やデータマイニング

    により定量的・定性的に算出する論文を執筆。 東京大学 情報理工学系研究科 創造情報学専攻 @ma3tk / 筋肉CTO 佐藤 将高 ファインディ株式会社
  4. © 2022 Findy Inc. 【略歴】 2008年に株式会社ミクシィに入社。同社メディア開発部 長、開発部部長、サービス本部長執行役員を務めた後、 2015年退社。株式会社レクターを創業。技術経営アドバイ ザリー。著書『エンジニアリング組織論への招待』がブク ログ・ビジネス書大賞、翔泳社技術書大賞受賞。一般社団

    法人日本CTO協会理事。 広木大地 株式会社レクター @hiroki_daichi
  5. © 2022 Findy Inc. • 開発生産性が高い企業の特徴 • はてなブックマークWebの開発チームの事例 • グロービス社の事例

    • まとめ 本日のアジェンダ
  6. © 2022 Findy Inc. ユーザーへの価値提供や事業を伸ばすための 「1つの手段」として開発生産性を向上させる 前提 開発生産性を向上させることがゴールではない

  7. © 2022 Findy Inc. • ユーザーへの価値提供や事業を伸ばす全体の話 • 企画、デザイン、営業などとの協力について 本日は開発のボトルネックを解消し開発生産性を 高めるための話にフォーカスします

    本日話さないこと
  8. © 2022 Findy Inc. • 収益性 • 市場占有率 • 生産性

    デリバリーのパフォーマンスが組織全体のパフォーマンス に影響を及ぼす。『LeanとDevOpsの科学』より 今日お伝えしたいこと • リードタイム • デプロイ頻度 • 平均修復時間 • 変更失敗率
  9. © 2022 Findy Inc. 開発に関連する行動結果を定量化してみませんか!? ◦ デプロイ頻度 ◦ リードタイム ◦

    PR作成数 ◦ デプロイ回数など... 今日お伝えしたいこと
  10. © 2022 Findy Inc. 開発生産性が高い企業の3つの特徴

  11. © 2022 Findy Inc. ①数値化のマインドがある 開発生産性が高い企業の特徴 ②PDCAで改善している ③組織全体でプロセス改善に取り組んでいる 全員が数値への意識を持っている 数値化

    → 数値をベースに議論 → 改善 → 効果測定 企画・デザイン、開発等全員がプロセス改善している状態
  12. © 2022 Findy Inc. • 全員が数値への意識を持っている ◦ 現状を定量的に把握することが大切 ◦ サーバーのメトリクスも可視化していますよね

    ◦ 他社の開発生産性の事例に学び、自社組織に活かす ことができると◎ ◦ 全員に数値への意識を持ってもらう 特徴①数値化のマインドがある
  13. © 2022 Findy Inc. • 数値化 → 数値をベースに議論 → 改善

    → 効果測定 ◦ 定量的な議論は具体的な改善施策に繋がりやすい ◦ 効果が可視化されるメリット ▪ チームのモチベーションUP ▪ 施策と結果を他チームへの横展開をすることで組 織全体で良い開発組織に進化できる 特徴②PDCAで改善している
  14. © 2022 Findy Inc. • 企画・デザイン、開発等全員がプロセス改善している状態 • 改善のはじめの一歩は開発から ◦ 企画などはコントロールしにくい

    ◦ まずはコーディングプロセスから改善 • 開発がボトルネックにならない状態にすることができた ら、開発組織外の改善を進めていく 特徴③組織全体でプロセス改善に取り組んでいる
  15. © 2022 Findy Inc. ①数値化のマインドがある 開発生産性が高い企業の特徴 ②PDCAで改善している ③組織全体でプロセス改善に取り組んでいる 全員が数値への意識を持っている 数値化

    → 数値をベースに議論 → 改善 → 効果測定 企画・デザイン、開発等全員がプロセス改善している状態
  16. © 2022 Findy Inc. 具体的な企業の事例をご紹介

  17. © 2022 Findy Inc. はてなブックマークWebの開発チームの事例 (はてな社)

  18. © 2022 Findy Inc. • リアルタイム通知やランダムレビュー導入により、レ ビューまでのスピードが2倍に • 計画作業に力を入れ、チームでの認識を揃えたことでPR 作成数が約2倍になった話

    はてなブックマークWebの開発チームの事例
  19. © 2022 Findy Inc. 取り組み始めたきっかけ • サービス成長を実現するために、デプロイ頻度の向上が大事という認識 を持ったこと • デプロイ頻度の先行指標であるPR作成数を倍増することから取り組み

    • PR作成数を増加させるために、PR毎のリードタイムの低減に取り組み はてなブックマークWebの開発チームの事例(Before)
  20. © 2022 Findy Inc. 具体的な取り組み • ランダムアサインとリアルタイムな通知設定 ◦ レビューまでの時間を短縮し、レビューの偏りを解消 •

    スクラム実施により各メンバーのタスク状況を把握 ◦ ゴール達成のための透明化・検査・適応 • 計画に力を入れた結果、プルリクエストの粒度が小さくなり、タス ク完了時間が最小化 はてなブックマークWebの開発チームの事例(Before)
  21. © 2022 Findy Inc. • 現在の状態 ◦ レビューまでのスピードとPR作成数が約2倍に • エンジニア組織における変化

    ◦ タスクの最小化を進めることで、フロー効率が向上 ◦ レビューの偏りが解消され、レビューまでのスピードが2倍に (具体的な数字は次のページに) はてなブックマークWebの開発チームの事例(After)
  22. © 2022 Findy Inc. はてなブックマークWebの開発チームの事例(After)

  23. © 2022 Findy Inc. はてなブックマークWebの開発チームの事例(After) 2月 6月

  24. © 2022 Findy Inc. はてなブックマークWebの開発チームの事例(After) 2月 6月

  25. © 2022 Findy Inc. グロービス社の事例

  26. © 2022 Findy Inc. • 胃が痛いビッグバンリリースをやめるために、文化とフ ローを変えることで日常的なデプロイを実現した話 グロービス社の事例

  27. © 2022 Findy Inc. • 取り組み始めたきっかけ ◦ エンジニアの数は5倍になったがデプロイは週1回なので、1デ プロイで300行以上の変更が入ることもあった ▪

    長期休み明けは常にビッグバンリリースが横行してしまっ ていて、ビッグバンリリースによる精神的負荷が高かった グロービス社の事例(Before)
  28. © 2022 Findy Inc. • 取り組み始めたきっかけ ◦ 自分が開発している製品なのに、好きなときにデプロイできな いことでコントロール感がなくなっていく感覚があった ▪

    デプロイ頻度は上げた方が開発リスクの軽減に繋がる グロービス社の事例(Before)
  29. © 2022 Findy Inc. • 具体的な取り組み ◦ 設計方針からモブプロをすること・レビュー最優先にすること により、フロー効率が改善された ◦

    RSpecを整備しフェーズゲートQAなしで、 PRがマージされた らデプロイされる環境を整えた グロービス社の事例(Before)
  30. © 2022 Findy Inc. • 具体的な取り組み ◦ デプロイ頻度 (d/d/d) を計測し、基準値の2割になっていること

    を確認 ◦ まずは自チームにてデプロイ頻度を上げるメリットを共有し、 文化を変える ▪ 開発における手戻りがチームの課題になっていたため、 リードタイムを短く・PRは小さく・頻繁にデプロイすること でFBループを短くしていく重要性を様々な角度から伝えた グロービス社の事例(Before)
  31. © 2022 Findy Inc. • エンジニア組織における変化 ◦ デプロイ頻度が健全な数値で推移しているため、追加で変更の リードタイムも観測し、より早い開発組織にするための取り組 みを進めている

    ◦ 1チームから変化を起こすことで、他チームにも変化が伝播しつ つある状態に グロービス社の事例(After)
  32. © 2022 Findy Inc. グロービス社の事例(After) 22/1/1~3/30 22/4/1~6/30

  33. © 2022 Findy Inc. グロービス社の事例(After) 22年 1/1~3/30 4/1~6/30

  34. © 2022 Findy Inc. グロービス社の事例(After) • メインブランチへのマージ回数が右肩上がりに

  35. © 2022 Findy Inc. グロービス社の事例(After) • デプロイ頻度 (d/d/d)も健全な値で安定して推移

  36. © 2022 Findy Inc. ①数値化のマインドがある (再掲)開発生産性が高い企業の特徴 ②PDCAで改善している ③組織全体でプロセス改善に取り組んでいる 全員が数値への意識を持っている 数値化

    → 数値をベースに議論 → 改善 → 効果測定 企画・デザイン、開発等全員がプロセス改善している状態
  37. © 2022 Findy Inc. ユーザーへの価値提供や事業を伸ばすための 「1つの手段」として開発生産性を向上させる (再掲)前提 開発生産性を向上させることがゴールではない

  38. © 2022 Findy Inc. Findy Teamsについて 38 開発組織の課題を見える化 GitHubやJiraなどを解析し、エンジニア組織のパフォーマンス向上を目指す サービスです

    • 開発チーム・メンバー毎の活動状況を自動計測 • 開発組織内のボトルネック/課題を可視化 Point ①生産性の向上、組織検討・ マネジメントサポート ②エンジニアが成長できる環境づくり、 学習する組織・自己組織化へのサポート インプット情報 ・コミット ・プルリクエスト ・レビュー ・イシュー 等 <提供中> <将来、開発予定>
  39. © 2022 Findy Inc. Findy Teamsについて 現在無料で2週間のトライアルを提供中ですので、ぜひお問い合わせください! PR作成数、レビューまでの時間、リードタイムなどを可視化してみませんか? サービスサイトはこちら

  40. © 2022 Findy Inc. Findy Teamsについて 開発組織での取り組みとFindy Teamsの指標等をテックブログなどに取り上げて いただいております!

  41. © 2022 Findy Inc. Appendix

  42. © 2022 Findy Inc. • D/D/D ◦ deploys / a

    day / a developer の略で1日あたりのデプロイ回 数を開発者数で割ったもの。大体0.1 以上なら健全と言える • メインブランチへのマージ回数 ◦ 期間内にメインブランチへマージされたプルリクの数 ◦ メインブランチの判定: base_refの名前が’main’か’master’ (小文字のみ) 用語説明
  43. © 2022 Findy Inc. • プルリク作成からレビューまでの平均時間 ◦ 期間内に作成したレビュー済みのプルリクの「プルリク作成 か ら

    最初のレビュー」までの平均時間 • 変更リードタイム ◦ 期間内にメインブランチへマージされたプルリクにひもづく commitからマージまでの所要時間 用語説明