Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

SRE NEXT 2022に学ぶこれからのSREキャリア

SRE NEXT 2022に学ぶこれからのSREキャリア

2022/07/19 Infra Career Lounge #3で発表
https://forkwell.connpass.com/event/252173/
---
今年2022年5月14日,15日に行われたSRE NEXT 2022ではテーマ「SRE DIVERSITY」に即した様々な素晴らしいセッションを聴くことができました。 そんなSRE NEXT 2022をSREの民主化と周辺領域との掛け算をキーワードにRE:CAPし、私自身のSIerでのPM、Webベンチャーでの開発、現職エウレカでのSREからMLOps Engineerへのロールチェンジなどの経験なども交えながら、どんどんと多様化が進むSREのキャリアのこれからについて、皆さんと一緒に考えていけるようなセッションにしたいと思っています。

71929a476c581dd754e4e1f355ac07d0?s=128

fukubaka0825

July 19, 2022
Tweet

More Decks by fukubaka0825

Other Decks in Programming

Transcript

  1. SRE NEXT 2022 に学ぶこれからのSREキャリア 2022/07/19 Infra Career Lounge #3 「SREのキャリア」

  2. CONFIDENTIAL INFORMATION: Not for Public Distribution - Do Not Copy

    All Hands Meeting Who is me wapper/nari • SRE/MLOps Engineer at AI Team, @eureka_inc SRE NEXT 2022 Co-Chair • Favorite: VR/Mahjong/Hip Hop/Skate Board/Sauna • Twitter ◦ Real: @fukubaka0825 ◦ VR: @wapper0825 ◦ Mahjong: @hiriji0825
  3. SRE NEXTとは

  4. CONFIDENTIAL INFORMATION: Not for Public Distribution - Do Not Copy

    All Hands Meeting SRE NEXT とは • SRE のためのコミュニティベースのカンファレンス • 同じくコミュニティベースの勉強会「SRE Lounge」の 運営メンバーを中心に企画・運営 • SRE の知見を交換する場 • 2020年に第一回開催、2022が第二回 • 公式サイト ◦ https://sre-next.dev/
  5. CONFIDENTIAL INFORMATION: Not for Public Distribution - Do Not Copy

    All Hands Meeting SRE NEXT 2022 開催概要 • 開催日時 2022/05/14 (土) 〜 15 (日) • 開催場所 オンライン • テーマ: 「SRE DIVERSITY」 ◦ スタートアップから大企業まで、幅広い業種・領域・フェーズでの SRE Practiceの実践を集約し、より多様なSREの実践が普及していくきっかけを 提供 • 来場者数 690人 • 動画アーカイブ(YouTube 再生リスト) ◦ https://www.youtube.com/watch?v=Kw9KEyHZ-rY&li st=PLVr1RFUUr5vdGk_LYwL0mgHmfTn24_Zas
  6. CONFIDENTIAL INFORMATION: Not for Public Distribution - Do Not Copy

    All Hands Meeting 備考: SRE NEXT 2022 開催宣言ブログ • https://blog.sre-next.dev/entry/2022/02/06/190047
  7. 当日の様子

  8. 早 スブス スポンサーブース すだちくん

  9. SRE NEXT 2022 RE:CAP

  10. CONFIDENTIAL INFORMATION: Not for Public Distribution - Do Not Copy

    All Hands Meeting SRE NEXT 2022 RE:CAPのキーワード • SREプラクティスの深化 • SREプラクティスの民主化 • SREプラクティスの周辺領域との掛け算
  11. CONFIDENTIAL INFORMATION: Not for Public Distribution - Do Not Copy

    All Hands Meeting SREプラクティスの深化 • SRE NEXT 2020開催時と比べ、実践されているプラクティスがより成熟した印象 ◦ e.g. Core Web Vitalを用いたSLI/SLO、kubectlコマンドの成功率から KubenertesプラットフォームのSLI/SLOの制定、プレモーテムやポストモーテ ムの品質改善話
  12. CONFIDENTIAL INFORMATION: Not for Public Distribution - Do Not Copy

    All Hands Meeting SREプラクティスの民主化 • SREをSREだけのものではなく、組織全体で実践しようという流れが加速 ◦ SREの探求 22章 「成功の文化としてのSRE」で紹介されている4つのSRE 実施フェーズ(フェーズ1: 消化活動/事後対応、フェーズ2: 門番、フェーズ3: 支持者/パートナー、フェーズ4: 触媒)でいうフェーズ2:門番 ⇨フェーズ3,4: 支 持者/パートナー/触媒のシフト
  13. CONFIDENTIAL INFORMATION: Not for Public Distribution - Do Not Copy

    All Hands Meeting SREプラクティスの周辺領域との掛け算 • 運用をソフトウェアエンジニアリングするという観点で、SREがセキュリティやコー ポレート、プライバシー周りの運用まで最適化する話も多かった • また、上記だけでなくSRE in Mobile/IoTやAIを運用に活用するAIOpsなど領域や 手段に関しても幅が広がり続けている
  14. CONFIDENTIAL INFORMATION: Not for Public Distribution - Do Not Copy

    All Hands Meeting SRE NEXT 2022 RE:CAPのキーワード • SREプラクティスの深化 • SREプラクティスの民主化☜ • SREプラクティスの周辺領域との掛け算☜
  15. CONFIDENTIAL INFORMATION: Not for Public Distribution - Do Not Copy

    All Hands Meeting SREプラクティスの民主化 -Platform Engineering- • 開発者の生産性を最大化するための信頼性の高いKubernetes Platform構築のノウハ ウ ◦ SREを実践しやすくするようなPlatform作りはCloudベンダーに近い
  16. CONFIDENTIAL INFORMATION: Not for Public Distribution - Do Not Copy

    All Hands Meeting SREプラクティスの民主化 -Embbeded SRE/Enabling SRE- • 障害対応における脱ヒロイズムのためのアプローチ • チーム全体でSREを実践するためのファーストステップ
  17. CONFIDENTIAL INFORMATION: Not for Public Distribution - Do Not Copy

    All Hands Meeting 周辺領域との掛け算 -Security/Corporate/Privacy- • クラウドインフラだけでないコーポレート側も含めた包括的なセキュリティ対応の最適化 • 機密情報を扱いながら、生産性も落とさないプロセス設計やエンジニアリング手法
  18. CONFIDENTIAL INFORMATION: Not for Public Distribution - Do Not Copy

    All Hands Meeting 周辺領域との掛け算 -Mobile/IoT- • SRE for Mobileというロールで、よりユーザーに近い部分でデータを取得しモバイル固 有の指標についても計測/分析する事例 • 従来のWebやアプリに特化したSREをIoT用にチューニングし実践する事例
  19. CONFIDENTIAL INFORMATION: Not for Public Distribution - Do Not Copy

    All Hands Meeting 周辺領域との掛け算 -AIOps- • AIを運用タスクに適応し、認知負荷を下げ生産性をあげるAIOpsのプラクティスの うち、障害原因診断でのプラクティスの今を紹介している
  20. CONFIDENTIAL INFORMATION: Not for Public Distribution - Do Not Copy

    All Hands Meeting 周辺領域との掛け算 -番外編: MLOps- • システムアーキテクチャやSREの知見を横展開し、MLの世界での信頼性と生産 性を追求するキャリア選択 Hidden Technical Debt in Machine Learning Systems より引用 「MLOps: 機械学習における継続的デリバリーと自動化のパイプラ イン」より引用
  21. CONFIDENTIAL INFORMATION: Not for Public Distribution - Do Not Copy

    All Hands Meeting まとめ • 昨今のSREプラクティスとキャリアの多様化の正体はSREプラクティスの深化/民 主化/周辺領域との掛け算をキーワードで分析できる • 自身のキャリアを振り返る時、上記のそれぞれの切り口で、今回の具体例などの 参考にしながら伸ばしていく方向性を探ると掴めるものがあるかもしれない
  22. ご静聴ありがとうございました