コミュニケーション_について.pdf

 コミュニケーション_について.pdf

D8ee54ae44c95e36bb340c6774565db6?s=128

HAYATO FUKUSHIMA

January 28, 2020
Tweet

Transcript

  1. コミュニケーション について ふくしま はやと @MasuraoProg

  2. 今日の参加者の確認 エンジニアのかた? →フリーランス? →会社員? それ以外のかた? @MasuraoProg

  3. 自己紹介 ふくしまはやと WEBエンジニア PHP @MasuraoProg

  4. 自己紹介 58? @MasuraoProg

  5. 自己紹介 58日 @MasuraoProg

  6. 自己紹介 m3carrer 医師のエージェント @MasuraoProg

  7. 今日の話題 コミュニケーションについて。 @MasuraoProg

  8. 今日の話題 ・ゴールデン・サークル ・SPIN @MasuraoProg

  9. ? 今日の話題 - なぜ話すか? ・知らない人がいるなら、1人でも多く知ってほしい。 ・この話を聞いて、なにかあなたの人生に潤いが加わってほしい。 ・もしコミュニケーションに苦手意識を感じている人がいるなら 少しでも改善してほしい。 @MasuraoProg

  10. 今日の話題 ・ゴールデン・サークル←←← ・SPIN @MasuraoProg

  11. ゴールデン・サークル 知ってる人? @MasuraoProg

  12. ゴールデン・サークル ゴールデンサークル理論 マーケティングコンサルタントで:サイモン・シネック(Simon Sinek)氏が、2009年に 『TED Talks』でプレゼンした 『優れたリーダーはどうやって行動を促すのか』 の中でお話したこと。 @MasuraoProg

  13. ゴールデン・サークル ゴールデンサークル理論 『優れたリーダーはどうやって行動を促すのか』 →どうやって「人にやってもらうか?」 @MasuraoProg

  14. ゴールデン・サークル ゴールデンサークル理論 『優れたリーダーはどうやって行動を促すのか』 →どうやって「人にやってもらうか?」 →人を動かすことほど難しいことはない。 @MasuraoProg

  15. ゴールデン・サークル ゴールデンサークル理論 Why から話しましょう。 @MasuraoProg

  16. ゴールデン・サークル @MasuraoProg

  17. ゴールデン・サークル 行動や理念には以下の3つの段階がある ・「What(何を)」 ・「How(どのようにして)」 ・「Why(なぜ)」 @MasuraoProg

  18. ゴールデン・サークル 行動や理念には以下の3つの段階がある いちばん大事なものは ‘Why’. ・「What(何を)」 ・「How(どのようにして)」 ・「Why(なぜ)」 @MasuraoProg

  19. ゴールデン・サークル 普通の会社 「我々のコンピューターは素晴らしい性能です(What)」 「美しいデザインでシンプル、ユーザーフレンドリーです(How)」 「どうです、 おひとついかがですか??」 @MasuraoProg

  20. ゴールデン・サークル 普通の会社 「我々のコンピューターは素晴らしい性能です(What)」 「美しいデザインでシンプル、ユーザーフレンドリーです(How)」 「どうです、 おひとついかがですか??」 「Why(なぜ)」が抜けている。 @MasuraoProg

  21. ゴールデン・サークル @MasuraoProg

  22. ゴールデン・サークル 「我々の仕事は全て、世界を変えるものだと信じています(Why)」
 「違う考え方に価値があると信じています(Why)」
 
 「世界を変える手段は美しいデザインでシンプル、ユーザーフレンドリーである ことです(How)」
 
 「こうして素晴らしいコンピューターができました(What)」
 「おひとついかがですか? 」

    @MasuraoProg
  23. ゴールデン・サークル ちなみに。
 
 スタートアップの※資本政策でもwhy(me)が重要と言われている。
 
 
 
 資本政策:企業がどのように資金を調達するかの作戦のようなもの。 
 


    @MasuraoProg
  24. ゴールデン・サークル 相手になにか伝えたいとき。
 相手に動いてほしいとき。
 
 まずWhyを明確にしましょう。
 @MasuraoProg

  25. SPIN 営業におけるSPIN知ってる方?
 @MasuraoProg

  26. SPIN Situation Questions=状況質問(顧客の現状を把握する)
 
 Problem Questions=問題質問(顧客に問題に気づかせる)
 
 Implication Questions=示唆質問(問題の重要性を認識させる)
 


    Need-Payoff Questions=解決質問(理想のあるべき状態をイメージさせる)
 
 @MasuraoProg
  27. SPIN Situation Questions=状況質問(顧客の現状を把握する)
 
 Problem Questions=問題質問(顧客に問題に気づかせる)
 
 Implication Questions=示唆質問(問題の重要性を認識させる)
 


    Need-Payoff Questions=解決質問(理想のあるべき状態をイメージさせる)
 
 @MasuraoProg
  28. SPIN 営業の基本 = 伝えること。
 
 営業の基本 = 聞くこと。
 @MasuraoProg

  29. SPIN 営業の基本 = 伝えること。
 
 営業の基本 = 聞くこと。
 コミュニケーションの基本 = 聞くこと。
 @MasuraoProg

  30. SPIN 面接も、
 
 営業も、
 
 すべて聞くこと。
 @MasuraoProg

  31. SPIN 聞く 
  →その人に喋らせる。
   →問題点が出てくる。
 
  →改善点が浮かび上がる。
 @MasuraoProg

  32. SPIN Situation
 サーバーの台数はどのくらいですか?
 専任の管理者はいらっしゃいますか?
 
 → 現状を把握
 
 
 
 [MAG

    BOXIL]https://boxil.jp/mag/a5595/#5595-8 
 @MasuraoProg
  33. SPIN Situation
 ※このときの質問は仮説思考。
 事前の準備から、想定される質問を
 確認しておく。
 
 
 @MasuraoProg

  34. SPIN Problem
 サーバーは◯台お使いとのことですが、容量はいかがですか?
 ネットワーク専任の管理者がいないとのことですが、どのように対応されていますか?
 
 →顧客が抱えるニーズを引き出し、顧客自身に認識してもらう
 
 
 [MAG BOXIL]https://boxil.jp/mag/a5595/#5595-8

    
 @MasuraoProg
  35. SPIN Implication
 Need-payoff
 →割愛。
 
 
 [MAG BOXIL]https://boxil.jp/mag/a5595/#5595-8 
 @MasuraoProg

  36. SPIN そもそもS/Pができていないことが多い。
 
 →まずは聞く。
 @MasuraoProg

  37. まとめ コミュニケーションの基本は、
  ・聞くこと。
 
 伝えるときは、
  ・Whyを添える。
 @MasuraoProg

  38. おしまい ふくしま はやと @MasuraoProg