Pro Yearly is on sale from $80 to $50! »

Blue Ocean について

9f48a2eacb4570cb2dc99ac9eb880788?s=47 Hidari0415
August 10, 2017

Blue Ocean について

2017年8月10日(金)に開催された第10回大阪Jenkins勉強会での発表資料です。
Jenkinsの新しいUIである「Blue Ocean」を紹介しています。

9f48a2eacb4570cb2dc99ac9eb880788?s=128

Hidari0415

August 10, 2017
Tweet

Transcript

  1. Blue Oceanについて 2017/8/10(Fri) 第10回 大阪Jenkins勉強会 @株式会社ロックオン @Hidari0415

  2. 自己紹介

  3. 自己紹介 • 1986年生まれ • 京都出身/茨城-東京経由/大阪在住 • ソフトウェアエンジニア • 自動化 (CI/CD)、C#

    • Twitter: @Hidari0415
  4. Blue Oceanとは

  5. Blue Oceanとは • JenkinsのUIを再考 ◦ Jenkins Pipelineのために新たに設計 ◦ これまでのフリースタイルのジョブと互換性がある

  6. Blue Oceanとは • JenkinsのUIを再考 ◦ Jenkins Pipelineのために新たに設計 ◦ これまでのフリースタイルのジョブと互換性がある •

    CD(Continuous Delivery)はもはや専門家のものではない、そうあるべきではな い ◦ 上司の上司でさえ理解できるような全く新しい Jenkinsの利用の方法 ◦ 複雑さを減らしCDをチームの手の届くものにする
  7. Blue Oceanとは • JenkinsのUIを再考 ◦ Jenkins Pipelineのために新たに設計 ◦ これまでのフリースタイルのジョブと互換性がある •

    CD(Continuous Delivery)はもはや専門家のものではない、そうあるべきではな い ◦ 上司の上司でさえ理解できるような全く新しい Jenkinsの利用の方法 ◦ 複雑さを減らしCDをチームの手の届くものにする • すべてのチームのためのCD • Continuous Delivery shouldn’t be hard
  8. Blue Oceanのこれまで

  9. Blue Oceanのこれまで • 2016/5: Blue Oceanがアナウンスされ、同日オープンソース化 ◦ 「Introducing Blue Ocean:

    a new user experience for Jenkins」 ◦ http://www.publickey1.jp/blog/16/blue_ocean_jenkins_design_language.html
  10. Blue Oceanのこれまで • 2016/5: Blue Oceanがアナウンスされ、同日オープンソース化 ◦ 「Introducing Blue Ocean:

    a new user experience for Jenkins」 ◦ http://www.publickey1.jp/blog/16/blue_ocean_jenkins_design_language.html • 2016/9: Jenkins World 2016にてβ版公開
  11. Blue Oceanのこれまで • 2016/5: Blue Oceanがアナウンスされ、同日オープンソース化 ◦ 「Introducing Blue Ocean:

    a new user experience for Jenkins」 ◦ http://www.publickey1.jp/blog/16/blue_ocean_jenkins_design_language.html • 2016/9: Jenkins World 2016にてβ版公開 • 2017/4: Blue Ocean 1.0正式リリース ◦ 「Say hello to Blue Ocean 1.0」 ◦ http://www.publickey1.jp/blog/17/jenkinsuxblue_ocean10gui.html ◦ https://www.infoq.com/jp/news/2017/05/jenkins-blue-ocean
  12. Blue Oceanのこれまで • 2016/5: Blue Oceanがアナウンスされ、同日オープンソース化 ◦ 「Introducing Blue Ocean:

    a new user experience for Jenkins」 ◦ http://www.publickey1.jp/blog/16/blue_ocean_jenkins_design_language.html • 2016/9: Jenkins World 2016にてβ版公開 • 2017/4: Blue Ocean 1.0正式リリース ◦ 「Say hello to Blue Ocean 1.0」 ◦ http://www.publickey1.jp/blog/17/jenkinsuxblue_ocean10gui.html ◦ https://www.infoq.com/jp/news/2017/05/jenkins-blue-ocean • 2017/6: Blue Ocean 1.1リリース ◦ 「Blue Ocean 1.1 - fast search for pipelines and much more」
  13. Blue Oceanを使うには

  14. Blue Oceanを使うには • Jenkinsにログイン

  15. Blue Oceanを使うには • Jenkinsにログイン • [Jenkinsの管理]から[プラグインの管理]に進む

  16. Blue Oceanを使うには • Jenkinsにログイン • [Jenkinsの管理]から[プラグインの管理]に進む • [利用可能]のタブで「Blue Ocean」を検索

  17. Blue Oceanを使うには • Jenkinsにログイン • [Jenkinsの管理]から[プラグインの管理]に進む • [利用可能]のタブで「Blue Ocean」を検索 •

    「Blue Ocean」のチェックボックスをオンにする
  18. Blue Oceanを使うには • Jenkinsにログイン • [Jenkinsの管理]から[プラグインの管理]に進む • [利用可能]のタブで「Blue Ocean」を検索 •

    「Blue Ocean」のチェックボックスをオンにする • [再起動せずにインストール] or [ダウンロードして再起動後にインストール]をク リック
  19. Blue Oceanを使うには • Jenkinsにログイン • [Jenkinsの管理]から[プラグインの管理]に進む • [利用可能]のタブで「Blue Ocean」を検索 •

    「Blue Ocean」のチェックボックスをオンにする • [再起動せずにインストール] or [ダウンロードして再起動後にインストール]をク リック インストール後、Jenkinsトップページのナビゲーションバーにある[Blue Ocean]をク リックするか、URLの末尾に `/blue` を付けて直接遷移することで利用可能
  20. 5分で始めるBlue Ocean

  21. Blue Oceanの特徴

  22. Blue Oceanの特徴 • Sophisticated visualizations(Pipeline visualization) ◦ 洗練されたPipelineの可視化 ◦ 素早く、直感的にPipelineの状態を理解することを可能にする

  23. Blue Oceanの特徴 • Sophisticated visualizations(Pipeline visualization) ◦ 洗練されたPipelineの可視化 ◦ 素早く、直感的にPipelineの状態を理解することを可能にする

    • Visual Pipeline Editor ◦ Pipelineエディタ ◦ 直感的かつ視覚に訴えるプロセスでユーザを導くことで Pipelineの作成を身近なものにする ◦ GUIでPipelineが作成可能 ◦ 作成したPipelineはJenkinsfileとしてリポジトリに保存される
  24. Blue Oceanの特徴 • Personalization ◦ カスタマイズ ◦ チームメンバーそれぞれの役割に適したカスタマイズ性

  25. Blue Oceanの特徴 • Personalization ◦ カスタマイズ ◦ チームメンバーそれぞれの役割に適したカスタマイズ性 • Pinpoint

    precision(Diagnosis) ◦ 素早い問題の発見 ◦ Pipelineのどこに注目すべきかを示し、例外のハンドリングを容易にし生産性を上げます
  26. Blue Oceanの特徴 • Personalization ◦ カスタマイズ ◦ チームメンバーそれぞれの役割に適したカスタマイズ性 • Pinpoint

    precision(Diagnosis) ◦ 素早い問題の発見 ◦ Pipelineのどこに注目すべきかを示し、例外のハンドリングを容易にし生産性を上げます • Native integration for branch and pull requests(Github & Git) ◦ Github & Git連携 ◦ GitHubやBitbucketで他の開発者と仕事をしているとき、開発者の生産性を最大化します
  27. Blue Oceanのロードマップ

  28. Blue Oceanのロードマップ • https://jenkins.io/projects/blueocean/roadmap/

  29. Blue Oceanのロードマップ • https://jenkins.io/projects/blueocean/roadmap/ • これから実装予定の機能のステータス

  30. Blue Oceanのロードマップ • https://jenkins.io/projects/blueocean/roadmap/ • これから実装予定の機能のステータス • 現在のところ実装しない予定の機能

  31. ご清聴ありがとうございました。