Save 37% off PRO during our Black Friday Sale! »

送信側から見たDMARC

 送信側から見たDMARC

SPF, DKIM, DMARCの設定を説明します。
使用していないドメインでの設定方法も説明します。
DMARCレポートについても少し説明します。

D9f3b326469e5fbcc2c7139fb9cf6bd1?s=128

HIRANO Yoshitaka

November 08, 2018
Tweet

Transcript

  1. Copyright© QUALITIA CO., LTD. All Rights Reserved. 送信サイドからみた DMARC 使ってないドメインから設定してもいいんじゃない?

    株式会社クオリティア 平野善隆 <hirano@qualitia.co.jp>
  2. Copyright© QUALITIA CO., LTD. All Rights Reserved. 自己紹介 名前 平野

    善隆 所属 株式会社クオリティア メール好きの方募集中!! 主な活動 M3AAWG JPAAWG IA Japan 迷惑メール対策委員会 迷惑メール対策推進協議会 MRI Audax Randonneurs Nihonbashi
  3. Copyright© QUALITIA CO., LTD. All Rights Reserved. DMARCを設定するメリット 1. 自社のドメインをなりすました

    メールが到達しないようにできる 2. SPFやDKIMが正しくないメール を追跡できる
  4. Copyright© QUALITIA CO., LTD. All Rights Reserved. なりすまし対策 example.jpからのメールは全部 DKIMかSPFがPASSするはずなので、

    そうではない場合は拒否してくださいね 自社のドメインをなりすましたメールを到達させない _dmarc.example.jp TXT "v=DMARC1; p=reject" ※ DMARC登場以前はスパムフィルタ業者にお願いするしかなかった
  5. Copyright© QUALITIA CO., LTD. All Rights Reserved. レポーティング SPF範囲外からの送信や DKIM署名が正しくないメールを追跡できる

    example.jpからのメールは全部 DKIMかSPFがPASSするはずなので、 そうではない場合は教えてくださいね _dmarc.example.jp TXT "v=DMARC1; rua=mailto:rua@example.jp"
  6. Copyright© QUALITIA CO., LTD. All Rights Reserved. 設定方法

  7. Copyright© QUALITIA CO., LTD. All Rights Reserved. 設定方法 • 利用中のドメイン

    • 利用していないドメイン • 新規のドメイン
  8. Copyright© QUALITIA CO., LTD. All Rights Reserved. 利用中のドメイン

  9. Copyright© QUALITIA CO., LTD. All Rights Reserved. DMARCの設定 _dmarc.example.jp TXT

    "v=DMARC1; p=none; rua=mailto:rua@example.jp; ruf=mailto:ruf@example.jp" レポートを受け取って様子を見る SPFやDKIMが正しく設定されてい なければレポートが来る 本物のなりすましのレポートも混ざります
  10. Copyright© QUALITIA CO., LTD. All Rights Reserved. SPFの設定 example.jp TXT

    "v=spf1 ip4:192.0.2.1 -all" example.jp TXT "v=spf1 ip4:192.0.2.1 ip4:10.0.1.0/24 -all" example.jp TXT "v=spf1 ip4:192.0.2.1 include:_spf.example.com -all"
  11. Copyright© QUALITIA CO., LTD. All Rights Reserved. 最近のDKIM事情 •RFC8301: Cryptographic

    Algorithm and Key Usage Update to DomainKeys Identified Mail (DKIM) (2018/1月) ・署名も検証もrsa-sha256を使いましょう(MUST) ・rsa-sha1はやめましょう(MUST) ・署名は1024bit以上(MUST)、2048bit以上(SHOULD) ・検証は1024bit~4096bit(MUST) ※ しかし、2048bitはDNSに書けるサイズ255バイトを超えてしまう
  12. Copyright© QUALITIA CO., LTD. All Rights Reserved. 最近のDKIM事情 •RFC8463: A

    New Cryptographic Signature Method for DomainKeys Identified Mail (DKIM) (2018/9月) ・署名側は実装しましょう(SHOULD) ・検証側は実装必須(MUST) ・後方互換性のために署名はEd25519-SHA256と RSA-SHA256(1024bit以上)を2つ記述する Ed25519-SHA256を使いましょう BASE64後のサイズが44バイトしかないのでDNSの問題もない
  13. Copyright© QUALITIA CO., LTD. All Rights Reserved. DKIMの設定 rsa-20181108._domainkey.example.jp TXT

    “v=DKIM1; k=rsa; p=11qYAYKCrfVS/7…” ed25519-20181108._domainkey.example.jp TXT "v=DKIM1; k=ed25519; p=MIGfMA0GCSqGSIb… “ ※ RSA-SHA256とEd25519-SHA256の 両方の署名を登録する
  14. Copyright© QUALITIA CO., LTD. All Rights Reserved. DKIMヘッダ DKIM-Signature: v=1;

    a=ed25519-sha256; c=relaxed/relaxed; d=example.jp; s=ed25519-20181108; t=1528637909; h=from : to : subject : date : message-id : from : subject : date; bh=2jUSOH9NhtVGCQWNr9BrIAPreKQjO6Sn7XIkfJVOzv8=; b=/gCrinpcQOoIfuHNQIbq4pgh9kyIK3AQUdt9OdqQehSwhEIug4D... DKIM-Signature: v=1; a=rsa-sha256; c=relaxed/relaxed; d=example.jp; s=rsa-20181108; t=1528637909; h=from : to : subject : date : message-id : from : subject : date; bh=2jUSOH9NhtVGCQWNr9BrIAPreKQjO6Sn7XIkfJVOzv8=; b=F45dVWDfMbQDGHJFlXUNB2HKfbCeLRyhDXgFpEL8Gw... From: Alice <alice@example.jp> ※ ed25519とrsaの両方の署名をヘッダに付ける ※ Fromのドメインとd=は同じにする
  15. Copyright© QUALITIA CO., LTD. All Rights Reserved. DMARCの設定 (再び) _dmarc.example.jp

    TXT "v=DMARC1; p=reject; rua=mailto:rua@example.jp; ruf=mailto:ruf@example.jp" ここまで来ると必要なメールのレポートは 来なくなっているはず p=rejectに変更!
  16. Copyright© QUALITIA CO., LTD. All Rights Reserved. 利用中していないドメイン

  17. Copyright© QUALITIA CO., LTD. All Rights Reserved. パークドメイン • 他社に取得されないように保持しているだけのドメイン

    • 終了したサービスやキャンペーンで使い終わったドメイン • 社名変更前のドメイン • メール受信はするけど、送信しないドメイン • Webサーバでのみ使用しているドメイン • 意識したこともない、サブドメイン メールの送信に利用していないドメイン 今日はこの意味で使います!
  18. Copyright© QUALITIA CO., LTD. All Rights Reserved. パークドメインのDMARC設定のススメ 送信に使っていないなら 躊躇なくp=rejectできるはず!

  19. Copyright© QUALITIA CO., LTD. All Rights Reserved. 分類 • メール送信なし/受信あり

    → 受信専用ドメイン • メール送信なし/受信なし/Aレコードあり → メール以外の用途で使用されるドメイン • メール送信なし/受信なし/Aレコードなし → 使用されていないドメイン • メール送信あり/受信なし → スパマー用ドメイン これは取り扱いません
  20. Copyright© QUALITIA CO., LTD. All Rights Reserved. SPFの設定 送信がある場合 example.jp

    TXT "v=spf1 ip4:192.0.2.1 -all" 送信がない場合 example.jp TXT "v=spf1 -all" 送信がない場合(サブドメイン) *.example.jp TXT "v=spf1 -all"
  21. Copyright© QUALITIA CO., LTD. All Rights Reserved. DKIMの設定 送信がある場合 selector1._domainkey.example.jp

    TXT "v=DKIM1; p=1234567890ABCD…" 送信がない場合 *._domainkey.example.jp TXT "v=DKIM1; p=" =で止めます
  22. Copyright© QUALITIA CO., LTD. All Rights Reserved. DKIMの設定 (サブドメイン) サブドメインからの送信がない場合

    *._domainkey.*.example.jp TXT "v=DKIM1; p=" とは書けない! *.example.jp TXT "v=DKIM1; p="
  23. Copyright© QUALITIA CO., LTD. All Rights Reserved. DMARCの設定 (受信がある場合) _dmarc.example.jp

    TXT "v=DMARC1; p=reject; rua=mailto:rua@example.jp; ruf=mailto:ruf@example.jp" ※ 同じ 組織ドメインの場合サブドメインも含む a.b.c.d.example.jpの場合 _dmarc.a.b.c.d.example.jpを参照し、なければ、 _dmarc.example.jpを参照する
  24. Copyright© QUALITIA CO., LTD. All Rights Reserved. DMARCの設定 (受信がない場合) _dmarc.example.jp

    TXT "v=DMARC1; p=reject; rua=mailto:rua@example.com; ruf=mailto:ruf@example.com" example.jp._report._dmarc.example.com TXT "v=DMARC1"
  25. Copyright© QUALITIA CO., LTD. All Rights Reserved. メール受信がなく AやAAAAレコードがある ドメインの場合

  26. Copyright© QUALITIA CO., LTD. All Rights Reserved. MXレコード RFC5321 5.1

    The lookup first attempts to locate an MX record associated with the name. .... If an empty list of MXs is returned, the address is treated as if it was associated with an implicit MX RR, with a preference of 0, pointing to that host. 拙訳) まず、(メールアドレスのドメイン)名に対応したMXレコードを参照する。 ... MXが空だった場合、そのアドレスは暗黙的にそのホストを指すpreference値0の MXレコードとして扱われる MXレコードがない場合のメール配送の動きについて
  27. Copyright© QUALITIA CO., LTD. All Rights Reserved. MXレコード つまり、MXレコードがない場合 Aレコードを参照して配送する

    webサーバ等にメールが来る MXレコードがない場合のメール配送の動きについて
  28. Copyright© QUALITIA CO., LTD. All Rights Reserved. Null MX example.jp

    MX 0 . RFC 7505 A "Null MX" No Service Resource Record for Domains That Accept No Mail (2015/6月) サブドメインでの受信がない場合 *.example.jp MX 0 .
  29. Copyright© QUALITIA CO., LTD. All Rights Reserved. SOAレコード example.jp SOA

    ns.example.jp hostmaster.example.com 2018110801 900 600 86400 3600 SOAにもメールアドレスがあるので、届くアドレスを書きましょう
  30. Copyright© QUALITIA CO., LTD. All Rights Reserved. 参考文献 M3AAWG Protecting

    Parked Domains Best Common Practices (Updated December 2015) https://www.m3aawg.org/sites/default/files/m3aawg_parked_domains_bp-2015-12.pdf
  31. Copyright© QUALITIA CO., LTD. All Rights Reserved. 新規のドメイン

  32. Copyright© QUALITIA CO., LTD. All Rights Reserved. DNSの設定 example.jp TXT

    "v=spf1 -all" *.example.jp TXT "v=spf1 -all" *.example.jp TXT "v=DKIM1; p=“ _dmarc.example.jp TXT "v=DMARC1; p=reject; rua=mailto:rua@example.com; ruf=mailto:ruf@example.com" example.jp._report._dmarc.example.com TXT "v=DMARC1" example.jp. MX 0 . *.example.jp. MX 0 . パークドメインと同様に設定。TTLは短めにして必要に応じて変更。
  33. Copyright© QUALITIA CO., LTD. All Rights Reserved. 設定のまとめ できるとこだけでも、 p=rejectにしましょう。

  34. Copyright© QUALITIA CO., LTD. All Rights Reserved. レポート編

  35. Copyright© QUALITIA CO., LTD. All Rights Reserved. やってみた 今は使われていない transware.co.jpドメインで

    DMARCを設定してみました
  36. Copyright© QUALITIA CO., LTD. All Rights Reserved. 予想 送信には使われていないし、 スパムは毎日のように届いているので

    transware.co.jpをなりすましたメールが あちこちで拒否されている様子が DMARCレポートでわかるだろう。
  37. Copyright© QUALITIA CO., LTD. All Rights Reserved. 結果 レポートから判明した送信元 •

    社内から • 誤送信防止サービスのデモ環境から • 監視システムから えっ! 送信には使用されていないはずなのに・・・
  38. Copyright© QUALITIA CO., LTD. All Rights Reserved. 調査 <feedback> <record>

    <row> <source_ip>202.241.206.5</source_ip> <count>54</count> <policy_evaluated> <disposition>none</disposition> <dkim>fail</dkim> <spf>fail</spf> </policy_evaluated> </row> <identifiers> <header_from>support.transware.co.jp</header_from> </identifiers> <auth_results> <spf> <domain>delivery.qualitia.co.jp</domain> <result>none</result> </spf> </auth_results> </record> </feedback> 送信元IPアドレス = 社内から送信する全メールが 経由するメールサーバ ヘッダのFROMドメイン
  39. Copyright© QUALITIA CO., LTD. All Rights Reserved. わかったこと ヘッダFROMのドメインが support.transware.co.jp

    のメールを 社内からgoogleに 送信または転送しているらしい ※ メールアドレスがわかるわけではない rufレポートがあればわかる