$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

Backlogが好きな話。/i_like_backlog

kirimaru
March 14, 2022
63

 Backlogが好きな話。/i_like_backlog

社内LT用資料。
Slideshareからのお引越し。

https://www.slideshare.net/ssuser3afed8/clipboards/my-clips

kirimaru

March 14, 2022
Tweet

More Decks by kirimaru

Transcript

  1. Backlogのご紹介 SI-2 水上 皓登

  2. はじめに おことわり

  3. 他のプロジェクト管理ツールと の比較はありません

  4. JIRAとか… Redmineとか… kintoneとか… Asanaとか… 比較先が多過ぎる

  5. なので、 もっといい ツールがあれば 教えてください

  6. また、 個人利用している 無料版 を中心に紹介します

  7. Backlogとは

  8. チームではたらく、すべての人に Backlogはウェブ制作、ソフトウェア開発、大手広 告代理店、全国版新聞社など様々な業種で使 われているプロジェクト管理ツールです。 (公式サイトより) 登録したらすぐに使用できる点はポイント。

  9. 料金プラン ※スタンダードプランは4月から新規登録不可になりました https://backlog.com/ja/

  10. Backlogの機能について

  11. プロジェクト管理 ・ガントチャート、バーンダウンチャートを使用できる 各課題の進捗、課題の予定・実績を管理できます。(※有料プランのみ) https://backlog.com/ja/

  12. チームのタスクを管理 ・親子課題が作成できる(※有料プランのみ) ・課題一つ一つにコメントがつけられる。  進捗状況、レビュー等々。  また、課題自体の差分も取れる。 ※redmineと異なり、進捗の%は選択できません。

  13. チームのタスクを管理 課題 https://backlog.com/ja/

  14. チームのタスクを管理 課題のコメント部分(修正差分) https://backlog.com/ja/

  15. https://backlog.com/ja/ チーム(自分)のタスクを管理

  16. 通知機能

  17. 通知機能

  18. 通知機能

  19. バージョン管理 ・SVN、Gitを使用することが出来る。 ・ファイル共有もできる。 ※ただし、ファイル容量上限はあるので、  GitHub等をメインとし、  Backlogをサブとして使うのがよいかと。

  20. Wiki ・URL、議事録等をまとめることができる。 スケジュール、課題管理表、設計書等のURLが 載っていれば新規参入者に優しい。 https://backlog.com/ja/

  21. ツール移行 ・Jira・Redmineからのマイグレーションツールが公式で用意さ れている。 ※GitHubに公開されているので、興味があれば自己学習もできる。

  22. その他 ・Markdown記法で記載できる。 慣れると、簡単にテーブルレイアウト等を組めるので、情報がとても見やすくなる。 ・モバイルアプリケーションもある。 ただし、使用しやすいわけではない。あくまで、課題更新の監視がメイン。

  23. その他 ・Star(いいね)をつけることができる。 必須ではないが、モチベーションを上げられる仕組みが好き。 ・課題一覧をcsvやxlsxに出力できる。 ほぼ形式は変わらないので、一度QlikSense等のBIツールでテンプレートを作成すれ ば全プロジェクトでも使いまわせて、分析も楽かも。

  24. その他 ・メールで課題を登録できる。 ログインしなくても、課題登録できるので、便利。 ※使用したことが無いので、利便性はよくわかりません。

  25. その他 ・定期的にハンズオンセミナーを開催。 直感的に扱えるツールとはいえ、セミナーがちゃんとあるのは いい点。 ※直近では開催されそうに ないです…(6/26時点)

  26. その他 ・Webhookが使える。 個人的には何よりも推したいポイント。 通知をメールだけではなく、SlackやChatWork、ChatLuckのプッシュ通知機能、ス マートスピーカー等にpostすることでより早急な課題の察知ができる。 メンションがあるチャットシステムなら、全体に周知させつつ、特定の人に対して特に 通知させたいとかもできる。 (ルームにいる部長に特に周知したいとか)

  27. Webhookを利用した例 (個人開発中) ①課題をBacklogに登録する。

  28. ②GoogleAppsScript(GAS)でwebhookを受け取る。 Webhookを利用した例 (個人開発中)

  29. ③Slackのルームに通知する。 Webhookを利用した例 (個人開発中)

  30. 発表を通じた 最終的な目標

  31. ・会社でプレミアムプランに入って欲しい プロジェクト数の上限は無いので、自由に使えるようにしてほし い。 ①会社全体のプロジェクト ②各自のプロジェクト (③個人のプロジェクト) ※よく落ちるExcelは使いたくない…

  32. ・知識を蓄積したい ヒヤリハット案件、使える豆知識等を会社全体で共有できるシ ステムが現状としてはない。 ▪各自のプロジェクトでの知見を集める。 ⇒会社全体のプロジェクトで公開する。 ⇒公開した知識の数、質を元に  考課や報酬を勘案する。

  33. 参考リンク ・Backlog公式 https://backlog.com/ja/ ・【家庭にプロジェクト管理ツールを導入して1ヶ月】実感した5つの変化 ※backlogを使用しなくても、一度は見てほしい記事。 https://www.mana-cat.com/entry/2015/09/07/030839

  34. ご清聴ありがとうございました